« 大根炊き出し | トップページ | 厄払い »

2016年2月21日 (日)

東予郵便局長会総会

2月6日愛媛県東予地区郵便局長会総会に出席しました。

まずは、マイナンバーの配達にご苦労いただいたお礼を申し上げ、

また、年始の年賀状の配達の労をねぎらいました。

郵政事業は、昨年の上場により、新たな一歩をふんに出したと言えます。

特に、郵便局ネットワークの維持及びユニバーサルサービスの堅持が将来的にも楽観視できない状況にあることには、変わりありません。

法律で明記されている2万4千局の郵便局ネットワークの維持

さらには、やはり法律で義務付けられている金融を含めてユニバーサルサービス

これも、そのことを担保するためには、最低でも20000局は必要といわれています。

逆に、そのネットワークを活かした事業も進めれています。

「郵便局みまもりサービス」や「アフラックのがん保険の取り扱い」などがそうです

昨年4月に、新たな経営環境に応じた新たな戦略を進めようとするみなさんに

「金融2社の限度額引き上げも、納得できるものではありませんが、次の引き上げができるように努力したい」旨を伝え

「郵便局は公共性や地域性を発揮する、地域の大切な生活インフラ」であることを申し上げ結びといたしました。

|

« 大根炊き出し | トップページ | 厄払い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大根炊き出し | トップページ | 厄払い »