« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月30日 (水)

新潟へ

少し前になります、7月15日、新潟の阿賀野田中市長を訪ねました。

Dscf4080

隣町、新発田市の商工会議所会頭の佐藤氏もやってきて

斎藤先生や、阿賀野市山口議長も加わって、食事会

田中市長とは大学の同級生

佐藤会頭とは、もう20年ぐらいの付き合いになります。

懐かしい話で盛り上がって、あっという間の3時間でした。

その夜泊まった旅館が、ラジウムのいい湯で、

静かなところで、ゆっくりお湯を楽しむには最高のところだと思えました。

しかし、翌朝は、相変わらずのスケジュール、朝一で、東京へ

| | コメント (0)

2014年7月29日 (火)

朝礼

久しぶりに朝礼に参加しました。

朝礼参加というと、なにか選挙がま近のような感覚になりますが、                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 

Dscf4217

まだ、そんなに際ではない時に、お邪魔するのもいい感じです。

Dscf4218

まずは、みなさんに前回の選挙のお礼を申し上げ、

今の自分の活動を紹介して、

皆さんと、握手をさせていただき、その場を失礼しました。

小声で、声をかけてくれる人、

久しぶりに会えた同級生、

朝の刹那な、出会いの瞬間ですが、楽しみがありますね!!

| | コメント (0)

2014年7月28日 (月)

福祉大会

毎年お邪魔している身がい者センターでの、福祉大会

今年は、これまで以上に、多くの皆さんが、作品を出展 されていました。

Dscf4151

そして、日頃から障がい者のみなさんと、活動しているみんなも参加

Dscf4155

実は、お目当ては、

流しそうめん、

最後尾で、みなさんが取り損じたそうめんを、ねこそぎいただく作戦

Dscf4160

丁度、くすのき園のみんなと一緒に

しかし、私の作戦は見事に、はずれ、

なかなか、そうめんにはありつけませんでした。

Dscf4162

暑いなか、

ボランティアのみんなも、参加しているみなさんも、

笑顔の耐えない一日だったと思います。











| | コメント (0)

2014年7月27日 (日)

マリン村

7月13日商工会議所青年部が主催するマリン村のオープニング

毎年、参加させていただいておりますが、この数年、イベント開催中に雨が降ったことのないぐらい、良い日にあたってます。

Dscf4045

私の役目は、風船を空にむけて放つ、カウントダウン

Dscf4050

どこまで、届くのか、どこで、誰の目にふれるのか、

風船は、なんとなく心を和ませますね

Dscf4058

今年は、去年より

早朝からの参加者が多かったように感じました。



| | コメント (0)

だいすき多喜浜夏祭り

7月12日、だいすき多喜浜夏祭りに、

毎年、お邪魔させていただいてますが、

いつも途中で失礼をしていましたので、今年は最後まで居ようと、

Dscf4041

多喜浜のみなさん、いつも温かく迎えていただきます。

Dscf4008

到着するとすぐ、挨拶を

Dscf4014

最後まで居てよかったと思える

花火が!!結構豪華でした。

Dscf4031

今年、初めての試みだそうで、

地域の皆さんは、この花火にうっとり

Dscf4036

公民館長と並んで

花火に見入っていました。









| | コメント (0)

2014年7月25日 (金)

井原たくみ参議院議員国政報告会

7月20日井原参議院議員の国政報告会が盛会に開催されました。

昨年の参議院選挙から、ちょうど一年

Dscf4168

国対や総務委員会、そして決算委員会で活躍してきた議員の活動の報告がされました。

Dscf4172

すごい大勢の支援者の皆さんが、出席し、熱心に聞かれていました。

Dscf4179

誰にも、気さくに話す井原議員の、人柄の表れた報告会となりました。

Dscf4189

とりあえず、一年ご苦労様でした。





| | コメント (0)

2014年7月24日 (木)

鉄道文化館南館オープン

7月20日四国鉄道文化館南館のオープンセレモニーに参加しました。

暑い中、大勢の人の参加

Dscf4116

熱烈な鉄道マニアの方はいますね。

Dscf4127

テープカットは、掛け声ではうまく合わなかったみたいでした。

Dscf4128

十河信二さんのお孫さんに会えたのが嬉しかったですね、

数年前、新居浜に入山映先生(当時は立教大学教授、もうお亡くなりになっています)にボランティアの関係で講演においでいただいたときに、

奥様も同伴で来られ、

翌日、一日かけて、十河信二先生のゆかりの地を案内させていただきました。

その奥様が、実は、十河信二先生のお孫さんで、

その日お会いした方の、妹さんだということでした。

人の縁、絆 、を感じることのできた瞬間は、

何とも言えない喜びが込み上げてきます。





| | コメント (0)

2014年7月22日 (火)

ゴジラ

イオンに登場!!

この写真は、ジオラマ制作中の写真

Dscf3993

ゴジラかっこいいですね。

Dscf3995

しかし、今週は、もっとデッカイゴジラが新居浜に来襲します。

Dscf3999





| | コメント (0)

2014年7月21日 (月)

陽光さくら、映画化

陽光さくらの開発者、高岡正明さんは愛媛県東温市の方です。また「伯方の塩」を世に出したのも高岡さんです。

Dscf3973

その高岡さんの「陽光桜」の物語を映画化するお手伝いをしています。

高岡さんは、すでに他界されており、ご子息の高岡照海さんのところへ

照海さんもすばらしい人です。

Dscf3981

御父さん、正明さんの意思を継いで、いまだに、陽光桜を海外へ送り続けているのです。

Dscf3985

脚本を読んでも涙してしまう、感動の物語、

今年の秋には、先行して本が出版される予定です。

愛媛の偉人「高岡正明」さんの物語、ご期待ください。



| | コメント (0)

2014年7月20日 (日)

第一回実行委員会

先週、10月に行われる、大物産産業展についての第一回実行委員会が開催されました。

Dscf3956

最初に、物産協会会長の私が挨拶

そしてJCの理事長が挨拶しました。

Dscf3960

JCとのジョイントは初めてです。

しかも、今回は物産と産業の祭典として、多くの人に来ていただきたい。

また、いままで何回か開催してきた、物産展とは、一味違ったイベントになれば!!と思いJCと一緒にすることを誓いました。

さて、どんなイベントが完成できるやら!?

| | コメント (0)

御霊祭り

7月13日~16日まで、靖国神社で御霊祭りが行われています。

今年は、最終日

16日に総理官邸での晩さん会に出席させていただいた後、靖国へ行ってきました。

すごい、人、人 、人です。とにかく若い人が多かったですね。

Dscf4083_2

私の提灯を見つけて、その前で、

Dscf4087

昨夜は、ライトの逆光で、うまく映ってなかったので、朝の靖国参拝の時に、

Dscf4098_2

翌朝、恒例の靖国参拝へ息子と、

提灯の前で、朝のスタイルで

Dscf4107

この日は、息子と一緒に

Dscf4109

御霊祭りの翌朝の靖国

Dscf4111

一の鳥居から二の鳥居の間は、すさまじいごみの量でした。

すこし残念ですね。










| | コメント (0)

2014年7月18日 (金)

オスマン総裁

7月7日いよいよSAGIA(サウジ総合投資院)オスマン総裁との面談です。

最初は、少し緊張しましたが、徐々に、慣れてきて

Dscf3837

今回の、9月に行うミッションについて、協力をお願いし、また、その準備を含めて実施までSAGIA側で担当してくれる人の選任もお願いしました。Dscf3842

マシャリさんが日本担当ということで、今回の我々のミッションのお世話もしていただけることになりました。

それと、メインテーマである、ビザの取得についてですが、

ビザが取れにくい現状を説明すると、ずいぶん困惑していたようですが、実情を知っていただいて、

なおかつ、今回は女性の渡航も快諾いただきました。

ラマダンをやって、頑張ってきたかいがあったというものですね!!

その後も、気さくにさまざまな話をさせていただき、

Dscf3849

通常、15分程度といわれていたのに、1時間以上話が弾みました。

Dscf3845

最後に、私からは富士山の絵の入った扇子をプレゼント

Dscf3859

総裁からは、デイツをいただきました。
Dscf3860

なにわともあれ、当初の使命を果たすことができてよかったです。

その夜、一路日本へ、

サウジでお世話になったみなさんありがとうございました。


| | コメント (0)

2014年7月17日 (木)

着たきりすずめ

7月6日、ジェッダからの移動でバッグがとどかなっかた為、今日は昨日と、そのままの服装、

部屋にりっぱなアイロンがあったので、せめて背広のアイロンだけでも、きちっと、しとこと思ってやってみる。

しかし、慣れないことは、、、。

しっかり、ズボンが二重線に、、、、

情けないですね。

Dscf3813

仕事の方は、ナショナルクラスターのエンジニアからプレゼンを受けてから、意見交換

Dscf3817

彼は、しきりに「いすゞ」の下請け業者の誘致にこだわっていました。

Dscf3818

次回の、ミッションの時にも、日本企業にプレゼンをしてもらうよう依頼をし、快く受けていただきました

Dscf3823

次はMODON、いわゆる企業立地勧誘を進めている部署です。

Dscf3825

彼らのプレゼンも非常に、力が入っていました。

Dscf3826

リアドから、30分ほどで、工場のレンタル地やユニチャームの見学も出来そうなので、プランが立てやすいですね。








| | コメント (0)

2014年7月13日 (日)

リアド二ついて

7月6日前日の夜の便でリアドの到着、

ただ、ジェッダからバシャ経由でリアドに入ったため、荷物が届かず、バシャ空港にまだあるそうな、、、。

しかたなく、この日は、前日とまったく同じ服で、

しかし、宿泊のリッツは、まさに富の象徴のようなホテルでした。オバマ大統領が泊まってからセキュリティーはかなり厳しくなったそうな

Dscf3778

さっそく、商工会議所連合会にて事務総長と面談

Dscf3782

この時の内容が、地元紙にも載りました。

Dscf3785

つづいて、女性企業家とのミーティング

Dscf3796_2

そして、夜までに、スーパーで買い物をし、この服を購入、

森野氏の公邸で夕食会です。

Dscf3798

その後、再びビシャリ(SAGIAの日本担当)さんと待ち合わせして、キングアブデウールタワーへ、

素晴らしい、夜景でした。

Dscf3811

Dscf3806




















| | コメント (0)

2014年7月12日 (土)

オールドジェッダ

7月4日夕方、トルキスターニ大使と合流、

7時ころから食事、

こっちでは、「そろそろ、朝食へ行きましょう!?」と誘われました。ラマダン中は夜の7時が朝食なんですね、、。

そして、10時ころから、オールドジェッダへ、

先週、世界文化遺産に登録されたばかりで、なんかお祭りのような感じです。

Dscf3700

トルキスターニ大使のところには、見知らぬ人もやてきて写真をせがまれていました

Dscf3717

歩き疲れると、

一服するところも、あります。

Dscf3723

このみなさんには、歓迎の歌を歌っていただきました。

Dscf3727

そして、初めて会った人の家に招かれたり

Dscf3730_2

ほんと、サウジの人々は親日です。

この町出身の大使が、子供のころよくお父さんがやっていた靴屋さんで手伝っていたという店の前で

Dscf3741

あっという間に、2時ころ

大使の家族や、みなさんで、もう一度食事を、、、。

とにかく、みんなよく食べますよね。











| | コメント (0)

2014年7月10日 (木)

400万人の都市を作る

7月5日ジェッダの郊外に位置する、まさに建設中の「エコノミックシティー」の視察にでかけました。

ここは、民間の開発とはいえ、トップはSAGIA(総合投資院)の総裁が務めているところです。

Dscf3751

工業団地の入り口とはいえ、すごいゲートです。

そして、そこで働く人たちが居住する、海沿いのコテージ、

Dscf3756_2

この写真は模型ですが、実際には、すでに、港は一期工事を終了し、稼働しているのです。

Dscf3761

そのほか、学校、五つ星のホテル、リゾート、まさに新しい都市を創っているのです。

そのための、インフラも着々とできていました。完成するとリアド空港から26分で来れるようになるそうです。

最終目標、「400万人都市」です。400万人の都市のジェッダの横に、同様の400万人の都市を創ろうとしていました。

Dscf3766

午後からは、トルキスターニ大使、ECA(エコノミックシティーオーソリティー)の事務総長も、加わりミーティング

Dscf3767

具体的な、9月のミッションを想定してのデスカッションを進めました。
Dscf3770

夕刻まで、ミーティング、

その後、いざリアドへ移動です。

ここで、ハプニングが起こりました。







| | コメント (1)

サウジアラビアその2

7月4日ジェッダに到着してから、日本領事館で打ち合わせ、総領事からランチのお誘いがありましたが、私はラマダン中なので、お断りをし、打ち合わせを継続

その後、夕刻にトルキスターニ大使とホテルで合流

彼から「朝食に行きましょう!!」と誘われたのは、夕方の19時ころ

ラマダン明けの、食事の順番とか、を教わりました。

まずは、デイツとアラビックコヒー、そしてジュースにヨオグルト、そのあと、豆料理を食べて、、、、、、。

とにかく、豪勢な朝食です。

食事を終えて、一度大使とは別れ

再び10時ころに、オールドジェッダの入り口で待ち合わせ、

トルキスターニ大使の家族と一緒に

Dscf3708

とにかく、にぎやかです。

先週、世界遺産登録されたところで、お祭りのようになってました。

写真は、最初に立った「アメリカ大使館」

Dscf3711

とにかく、100年ぐらいたった建物がぎっしり、

しかも、いまだに使われていました。

Dscf3712

椅子があったので大使と一服

Dscf3723

てっきり大使の古くからの友人とばかり思っていたのですが、大使もこの日初めて会ったそうです。

その見知らぬ人の家に上り込んでリラックスしてますね。

Dscf3729_2

この後、大勢の人に囲まれて、その人たちが大合唱、

どうも、大使閣下と私に、歓迎の歌をプレゼントしてくれたのです。

写真は、大使が子供のころ働いていた、実家をバックに集中。

Dscf3741

そして写真は、大使が通っていた高校です

Dscf3746
















| | コメント (0)

2014年7月 9日 (水)

| | コメント (0)

2014年7月 5日 (土)

サウジアラビアへ

7月3日、なんとか、ぎりぎりの2日にビザがおり(間違いなくおりるとは思っていたが)

3日の出発の準備は整いました。まあ、自分の身の回りの物は、フライトの出発が22時なので午後からでも十分間に合うだろうとか思い

それでも、あれやこれや入れてゆくと、結構サムソナイトも一杯になってしまいました。

東京駅へ行くと、17時過ぎのを予約、ホームへ行ってみると、16:33発のスカイライナーが遅れており、まだ出発してなかったので、余裕で飛び乗り、いざ成田へ

Dscf3691

(成田で見つけた、世界盆栽博の展示、この写真の盆栽は新居浜の岩崎さんのものではないでしょうか??)

17:40頃には成田空港に着いたものの、チェックインもまだ、サウジへのお土産を買い増しして、バッグに詰め込む

22:00発ドバイ行き

今回は外務省からも連絡を入れてくれていたので、キャビンアテンダンスの人も、なにかと気をつけてくれました。

けっこう空いていたので(ラマダンの影響かも、、。)肘掛を上げて、4席ぶんを独占

ゆっくり眠るつもりが、やはり映画を見入ってしまい、あまり眠れませんでした。

11時間ほど乗って、ドバイに3:50に到着、日本時間では9時前ぐらいかな、、、。

3時間空港で過ごして、再び搭乗、ドバイから、サウジアラビアのジェッダへ

(ここから、初めての経験)

飛行機のタラップを降りると、私専用の乗用車が迎えに来てくれていて、VIPフロアーへ

そこに、領事館の方が迎えに来てくれていて、荷物もその人が取りに行ってくれました。

サウジは通関が大変と聞いているので、助かりました。

そして、そこから領事館の車でホテルへ

Dscf3693

はたして、今回の一人旅、所期の私の使命が全うできるかどうか、期待で一杯の初日です。

PS、ちなみに、6月28日から私もラマダン(日没まで何も食べない)を続けています。

郷に入っては、郷に溶け込み、勝負してきます。

| | コメント (0)

2014年7月 2日 (水)

近畿くすのき会

6月28日近畿くすのき会に出席をさせていただきました。

昨年に引き続きでの出席、今年は無理かなと思っていたのですが、サウジ行きが、少しあとへ延期となったために出席できるようになりました。

Dscf3501

しかも、今年の講師は、私の同級生、土居隆一郎くんです。

会うのが、卒業以来なので、お互いにわかるかなと思いながらの出席

Dscf3508

しかし、すぐわかりました。

ただ、やっぱお互いに年はとりましたねえ、

講演をゆっくり聞きたかったのですが、新居浜での予定が入ってしまって、

残念でしたが、途中で失礼をしました。

でも、頑張ってる同級生の姿を見れただけで十分満足のゆける、同窓会でした。

| | コメント (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »