« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月31日 (火)

孫?

一昨日、ずっとボランティアや、物産協会事務局、さらには「白いも」事業と一人三役もこなしてくれていた敦子さんが訪問してくれました。

しかも、かわいい赤ん坊を連れて、

10月に生まれたところの、男の子

かわいいっすね。

Dscf6611_2

事務所のみんなも、

また、たまたま訪れた人も、

みんな、赤ん坊を覗き込んでは、「かわいいねえ!!」の連発

Dscf6609

子供が、一人いるだけで、事務所全体が明るくなり、

笑顔が絶えません。

やはり、子供の力は、すごいですね。

私にとっては、年末一番の、出来事でした。

 

| | コメント (0)

2013年12月29日 (日)

今年最後の忘年会

12月28日今年最後の忘年会、昼間は恒例の餅つきを行いました。

会社の忘年会も来賓として呼ばれるようになって、2回目、

社長の挨拶、専務の挨拶を来ていても、今年の充実した、社業への取り組みがうかがえる、

良い一年であったようです。

Dscf6614_2

私も、今年は超忙しかった一年でしたが、

充実していたと思えます。

自分から仕掛けた事業ではありますが、それぞれに成果もあり、来年に向けての手ごたえも感じております。

Dscf6630_2

恒例の、新入社員のコスプレ

Dscf6619

新入社員の顔を見ていても、

頑張ってくれていることが、ひしひしと感じました。

良い忘年会でしたし

来年への、つなぎの会として、楽しく、全員参加で、和やかに終始しました。

来年は、もっと頑張ります。

| | コメント (0)

2013年12月25日 (水)

天皇誕生日

12月23日天皇誕生日 祝宴の儀にご招待いただき参入させていただきました。

出発前に、宿舎の一階で、石破幹事長、伊藤政務官と一緒に、

Dscf6564_2

時間前に、車で待っている間に、外に出てワンショット

私たちが、写真を写し始めると、みんなもぞくぞくとカメラ片手に、

Dscf6565

祝宴の儀では、まず、天皇陛下と皇族の皆さんを起立のうえ拍手で迎え

陛下のお言葉をいただき

総理が挨拶して、乾杯ののち祝宴となります。

Dscf6576

 陛下のお言葉をいただいているとき、家内が目頭をおさえていたのが印象的でした。

 

| | コメント (0)

2013年12月23日 (月)

友の訪問

国会は終了していましたが、久しぶりに友人一行が国会を訪問してくれました。

Dscf6535

自分はもうなれた場所ですが、

きてくれたみなさんにとっては、そうではなくて、、、、。

Dscf6540

短い時間の訪問では、ありましたが

「徹ちゃん頑張れよ!!」というメッセージをいただいた、

Dscf6543

尚且つ、「初心を忘れずに、」という、言葉ではない、メッセージをいただいたような、

刹那な時間でありました。

感謝



| | コメント (0)

2013年12月21日 (土)

忘年会そろそろピーク

忘年会もそろそろピークになってきました。

おじゃまして、挨拶だけで失礼することは、ほとんどありませんが、

Dscf6466

そうかといって、しっかり一人づつ挨拶できる時間の余裕もないわけで

Dscf6468

結局、多くの人にご無礼をしてしまっているのですが、

それでも、

ただひたすら、回っている私です。

Dscf6471

しかし、

その、刹那な時間の中にも、新たな出会いや、

人の、思わぬつながりに出会うこともあります。

Dscf6479

それが、

田舎の醍醐味、

人の巡り合いの妙味





| | コメント (0)

2013年12月20日 (金)

拉致

初めて拉致についての運動として、パレードに参加させていただきました。

かなり寒い日でしたが、みなさん準備して集合

Dscf6454

Dscf6458

Dscf6461

Dscf6463_2

ご家族の方も、一緒になって

「拉致被害者を取り戻せ~~~!!」と、

もう80歳を越えている方が、一生懸命歩いておられる姿は、私たちに、さらなる気合いを入れてくれます。

パレードのあと意見交換会、









| | コメント (0)

トルキスターニ大使の訪問

先日、サウジアラビア、トルキスターニ大使が私の事務所を訪問

結構、頻繁に会ってるわりには、いつもどっかのホテルの会場とか、喫茶とか、

まあ、一番多いのは、大使館で会うのが一番多いのですが

Dscf6445

今日は、急遽、サウジの医療についてのミーティングを私の事務所で行うことになりました。

しかも、来月には、サウジ訪問を計画しているのですが、その打ち合わせも兼ねてであります。

来年に、中小企業がサウジへ進出することを夢見て

| | コメント (0)

2013年12月18日 (水)

中国研修生

だいぶ前になります。

11月8日、うま商工会の主催の技能実習生歓迎会に出席しました。

Dscf6379

人数の多さにも驚きましたが、

一番びっくりしたのは、研修に来てくれている中国人の服装です

Dscf6381

日本の若者と全然変わらない、服装

Dscf6384

中国の急激な発展を、

研修生のみんなの服装が物語っていると思いました。

低賃金だからとか

使いやすいとか、いろいろ理由はありますが

私は、外国人研修生の受け入れについて、根本的に見直さなければならないと思うのです。

グローバルな人材育成戦略と、その国への貢献

さらには、日本の生産年齢人口の減少など、

大きな国際社会の中でのしっかりしたビジョンが必要なのではないでしょうか?!




| | コメント (0)

2013年12月13日 (金)

早稲田大学総長訪問

先日、早稲田出身者の議員有志で、大学を訪問、鎌田総長とお会いしました。

気さくな方で、話しやすい!!というのが第一印象

Dscf6426_2
そして、みんなで
Dscf6428
総長が、いいよといってくれたので、
白石瞬間総長
Dscf6438_2
帰りには、早稲田の熊もんと、、、。
Dscf6442

| | コメント (0)

2013年12月12日 (木)

在日日本留学生会協議会の発足

12月9日、在日日本留学生会協議会の発足式が、サウジアラビア大使館のホールで行われました。

私は、会場がサウジアラビア大使館ということで、ご案内いただいたのだと思います。

来賓としては最初に、トルキスターニ大使が挨拶をされ(私は遅れて到着したため、その挨拶は聞けませんでしたが、、。)

到着してすぐ、私に挨拶をせよということに、、、。

Dscf6394

100人以上の各国から来ている留学生のみんなが、聞き入ってくれました。

Dscf6395

やはり来賓でまねかれていた中村教授(一番右の袴の方)とその教え子の学生

中村教授の教え子の人が、今回の会の仕掛け人のようでした。

ちなみに、中村教授は私の秘書の旦那様です。

Dscf6398

各国の留学生や、お世話をしていた日本の学生たちとも楽しく話ができました。

Dscf6410
つくづく思いますが、

日本の学生も、もっともっと海外に目を向けて出てゆき

自分を磨いてもらいたいですね!!

これから、英語の勉強をしようかと思っている私のようにならないように、







| | コメント (0)

2013年12月11日 (水)

国会、今だ熱く(議論ヒートアップ税制調査会)

臨時国会は閉会となり、年末のあいさつ回りと思いきや、

国会終了まじかから議論がなされていた、税制調査会がいよいよ大詰めになってきました。

来年の税制を決める会に、我々新人も参加させてもらえます。しかも、意見も言わせてもらえるのです。

何十項目もある、税金の中身を一つ一つ確認してゆき

残るは、政治的判断を要する項目のみ

いわゆる○政項目のしのぎあいです。

Dscf6388

スタート前には、マスコミもどっさり、

部屋の外には、関係省庁の人や関係団体の人まで、ぎっしりです。

税制調査会は国会議員の秘書も入室禁止

部屋のなかには、財務省の関係者(国税です)、総務省の関係者(地方税)と国会議員だけです。

Dscf6389

明日は、その大詰め、「自動車車体課税」の関係と「地球温暖化課税の利用拡大」、そして「沖縄関連税制」を議論することになると思います。

そして、明後日で終了

また、来年の当初予算の関連の部会が始まります。

なんか、まだまだバタバタしそうですね。


| | コメント (0)

2013年12月 8日 (日)

臨時国会を終えて

12月に入って、ずっと風邪気味だったので靖国神社への参拝はひかえていたのですが、

臨時国会最終日の金曜日は、
この日だけは、行こうと、意を決し
早朝、いつもどおり出発、
どうしても行きたかったのは、最終日だからということと、
実は、今月の御製をまだ、拝見させていただいていないこともありました。
Dscf6337_2
私も、この「ラトビア占領博物館」に行けるでしょうか、、、、、。一度、見てみたいですね。
昼間は、相変わらずのデモのシュプレヒコールの真っ只中を歩いて、党本部との間を3往復、
洗脳されているかのように異口同音に発せられる言葉に、
日本の危うさを感じるのは私だけでしょうか?!

| | コメント (0)

2013年12月 6日 (金)

国会最終日

12月6日、本日が臨時国会最終日となります。

しかし、まだ(PM5:00現在)いつ終了かわからない状態です。

各委員会は、民主党議員欠席のまま、閉会中審査等の決議を終えています。

本会議が、いつ終了か決まってない状況で、閉会中の継続審議について協議をするのは、おかしいという筋論で、民主党は欠席をしているようですが、

昼にあった、本会議まで欠席するのは、どうなのでしょうか?

「中国による防空識別圏設定に抗議し撤回を求める決議」をも欠席するのは、いかがなものかと思います。

さっき、18時からの本会議開催の連絡がありましたが、終了時間については未定です。

また、、、、。

| | コメント (0)

2013年12月 5日 (木)

少女は自転車に乗って

12月3日映画「少女は自転車に乗って」試写会を開催しました。

参議院議員の岩城先生のご協力をいただき、参議院会館で開催することができました。

もともと、サウジアラビア大使館で、トルキスターニ大使から紹介をいただき、尚且つ、なんとか協力してほしいとの大使からの依頼もあり、取り組んだのですが、

国会開催中で、しかも参議院が面倒な状況にあったうえ、我々衆議院も税務調査会の真っ只中、

発起人として、町村先生や、野田先生も名前を連ねて頂き、当日までこぎつけました。

Dscf6332

この映画は、サウジアラビアでは初めて、女性が監督をしたのです。

しかも、サウジには映画館が無いのです。

Dscf6325

それでも、各国から賞賛を得ただけに

ストーリーも、しっかりしていて、あっと言う間の90分でした。

冒頭、岩城先生から挨拶をいただき、

Dscf6327

私は、進行役

Dscf6328

当然、忙しい中、トルキスターニ大使も挨拶に駆けつけてくれました。

Dscf6329

この映画の、おかげでサウジアラビアが、ぐっと身近に感じられるようになりました。










| | コメント (0)

2013年12月 3日 (火)

新居の三義民

新居浜には、数々の義を重んじた武将の逸話やその時代に挑んだ人々の物語があります。

新居の三義民もそうです。

しかも、その三義民をいまだに弔っていることが、またすごいことだと思います。

宇高自治会のみなさんが中心になって、その偉業を称え、弔っているのです。

Img_0279_2
今年で、丁度260回忌、ということで
5年に一度、行っている式典に出席をさせていただきました。
私も、今回で2回目だと思います。
Img_0280_2
しかし、その三義民の物語を聞けば聞くほど、無念がつのります。
運命だったといえば、それまでではありますが、
一揆を企て、直訴をした三人が、処刑されたのが、直訴をしてから一年余りたってから
しかし、その処刑に日、11月21日の翌日、22日には江戸から、三人のご赦免状がとどいたといわれています。
Img_0281_2
しかし、命を賭して、直訴にいたった方がいたおかげで、私たちがこの地域に生を得ることができたのかもしれません。
自分達が、自分の力だけで、今、存在するのだというような、高慢な考えを持ってはならない、
生かされている自分の、
出来る限りの努力を、現世で積み重ねてゆく責任が、私たちにはありますね。

| | コメント (0)

2013年12月 1日 (日)

アラブ連合へ

11月20日、アラブ諸国の大使が集まるところで講演をさせていただきました。

サウジのトルキスターニ大使からの依頼で、月一回、アラブ諸国の大使の集まりがあり、その場で講演をお願いしたいとのことでした。

英語さえだめな私ですから、かたくなに固辞していたのですが、なんとなくトルキスターニ氏に押し切られた感じ、

Dscf6003
どんな話をすればいいのか?
どんな話を皆さんが求めているのか?検討もつかないうちに日にちが迫ってくるばかりでした。
Dscf6005
しかも、当日はアラブ諸国21カ国中19カ国の大使が集まっているというのに、サウジの大使は欠席
会場もサウジ大使館とばかり思っていたのですが、その日はジプチ大使館での集まりでした。
Dscf6009
アラブ諸国といっても、
サウジやクエート、UAEのように超裕福な国もあれば
バーレーンのように資源を持たない国もありますし
イラクやアフガニスタンや、イエメンのように高い貧困率と失業率に、なかなか対処できないままの国もあります。
Dscf6014
私は、イスラムと日本の共通するメンタリティというか精神文化から話を始めました。
また、非常に親日の国でもあります。
そして、東日本大震災のときにもアラブ諸国から随分支援をいただいているのです。
Dscf6020_2
(写真はジプチ大使とジプチ国旗とともに)
そして、現在の「アベノミクス」の政策に触れ、
そのアベノミクスの成功を左右するのは、中小企業政策いかんなのです。ということ
その中小企業が発展の方向を見出すためには、海外の中小企業者とタイアップできるような、
また、その国を市場とのみ見る中国企業や韓国企業とちがい、
日本の企業は、みなさんの国の中小企業者とともに発展してゆくのだと、話しました。
講演の終了後も、各国の大使から多くの質問をいただき、私も随分勉強になった一日でした。

| | コメント (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »