« 電力の鬼 | トップページ | 壱岐その3 »

2013年9月 4日 (水)

壱岐その2

松永安左エ門記念館を後にし、今度は「一支国博物館(いきこくはくぶつかん)」へ、

遠い古代から、「一支国(いきこく)」は、中国や朝鮮との交易をしていたということが、よく理解できました。

Dscn5690

それにしても、この博物館は、まことに立派な建造物です

Dscn5691

原の辻遺跡を少し眺めてから、

焼酎の蔵元へ、

やはり、「松永安左エ門」という、焼酎を購入したくて、

Dscn5694

それから、牧崎、そして鬼の足跡へ

Dscn5699

とにかく、絶景!!
Dscn5701

壱岐は、不思議な島です。

豊かな島です。

決して観光地のようなものでもなく、

それでいて、観光客が立ち寄るところには、ゴミもなく、

人とのふれあいは、あまりありませんでしたが、

次に来るときには、夕日だけをゆっくり見たいと、思わせてくれるところなのです。

|

« 電力の鬼 | トップページ | 壱岐その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 電力の鬼 | トップページ | 壱岐その3 »