« 為公会勉強会 | トップページ | 先人に学ぶ旅(住友の歴史を散策)その2 »

2013年8月31日 (土)

先人に学ぶ旅(住友の歴史を歩く、その1)

伊庭禎剛氏が悟りを得たという、「正精の気(しょうじょうのけ)」を、解き明かしたく思いついた今回の視察旅行、

まずは、京都、住友資料館から、

その前に、泉屋博古館の前で、

ちょうど、休館だったのが残念、

Dscn5652

資料館に到着して、さっそく末岡先生のレクチャーを、、、、。

Dscn5654

末岡先生は、まさに知識の泉のように、私達に話してくれます。

Dscn5656

禎剛氏と我山老師との関係や、

禎剛氏の経営哲学、そして、生き様に、深く共感を覚えました。

Dscn5660

住友有芳園へ、

園内は、撮影禁止でしたので、庭でのこのスナップだけなのが残念です。

Dscn5663

そして、最後に再び住友資料館前で、メンバー全員と末岡先生

たぶん、私達だけでの観覧であれば、30分ほどで終わっていたのでしょうが、末岡先生の説明をいただきながらで、

2時間以上は、園のなかで堪能させていただきました。

感謝














|

« 為公会勉強会 | トップページ | 先人に学ぶ旅(住友の歴史を散策)その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 為公会勉強会 | トップページ | 先人に学ぶ旅(住友の歴史を散策)その2 »