« 再会と出会い | トップページ | 「お帰り」という言葉 »

2013年8月12日 (月)

心に響く歌声&心からの笑を提供する

気仙沼みなと祭りの日曜日は、いよいよステージに、ゴスポネーションと枝広先生たちの落語とお笑いです。

みなさんは、太鼓台のみんなより一日遅れで気仙沼に到着、

すぐさま、しびたち児童館で、子供達との交流を、

そして、太鼓台が出場するパレードに参加してくれました。

まさに強行軍です。

しかし、彼女達の歌声は、これまで私が聞かせていただいた、どのステージよりも心に響いてきました。

Dscn5438

突然の土砂降りのあと、足元が悪いのに、徐々に観客が、その声に引かれて集まってきます。

Dscn5442

彼女達の歌声は、多くの人に勇気を与えることのできる、歌声です。

すばらしい!!

Dscn5443

そして、その後、枝広先生みなさんの出番、

さっそく、笑わせていただきました。

Dscn5444

腹のそこから、笑わせてもらえます。

ステージの周りを、笑いの輪で包み込んでしまうような、、、、。

笑いには、希望と、元気が、

さすがの先生のステージでした。

最後に、もう一枚写真を、

前日、

ゴスポや枝広先生たちと一人で参加してた女の子と、

会社の井上くんのお嬢さんでした。
Dscn5430

言葉少なな子でしたが、

しんの強そうな、大和撫子ですね。










|

« 再会と出会い | トップページ | 「お帰り」という言葉 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。