« 週の初めが忙しければ、、、。 | トップページ | 伊藤まきや先生叙勲受賞の宴 »

2013年7月30日 (火)

口屋ジオラマ完成除幕式

すばらしい出来です!!感動しました。

拝見させていただきながら、口屋が活気だったころに引き込まれてしまいそうな感じです。

Dscn5212

入り口の門から、眺める「あかがねの松」

Dscn5211

300年以上も、口屋を見守ってきた「あかがねの松」が、私に語りかけてくるのです。

「おまえもよく来てたよなあ!!」と、

私は中学校3年の時、夏の四国大会も終わって、クラブ活動も高校受験で引退してから、毎日、ここ、口屋跡の公民館に来てました。

老人クラブの人たちと将棋をさしていたのです。若い子が来るのは珍しいのか、みんなが、私に将棋を指そうと、言ってきてもらえるのです。

Dscn5220

しかし、このジオラマを作った有志のみなさんは、素人だから、、、。とは言いながら、すばらしい出来栄えです。

しかも、子供たちに見せてやりたいという思いから、始まったということですから、

さらに、驚きです。

Dscn5224

古きよきものを、しっかりと見せる。

それが、その人に、ある種の誇りと、また、夢を与えてくれることを

この、ジオラマで知りました。

有志のみなさんのことこそ、これから長きに語り継がれてゆくべきことなのでしょう。

すばらしい、まちづくりの、

一場面に、遭遇できたことを、喜びます。





|

« 週の初めが忙しければ、、、。 | トップページ | 伊藤まきや先生叙勲受賞の宴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 週の初めが忙しければ、、、。 | トップページ | 伊藤まきや先生叙勲受賞の宴 »