« 偶然の縁 | トップページ | 大相撲,、大嶽部屋 »

2013年5月31日 (金)

強靭化の思想

昨日、保守政治研究会に出席

「強靭化」の思想と題した、藤井先生の講演をきかせていただきました。

これまでは、強靭化といえば、防災、減災、だけをイメージしていたのですが、

この日の、講演は、私には感動的でした。

「強靭さ(レジリエンス)」とは、(1)致命傷回避、(2)被害最小化、(3)迅速回復であって

生命体を想定した時の、たくましさ/適応力/問題解決力/生命力

生命とは「問題解決」の絶えざる過程であるということなのです。

これまでの日本の脆弱化は、問題解決力の極度の低下が原因であり

その根底にあるのは「自主独立」の精神の放棄(=戦後レジーム)でるということなのです。

そして、自主独立とは「理」を持つということ

つまり、強靭化とは、まさにその精神を増強してゆくことである、ということが理解できました。

ですから、「危機意識」からはじまるのでしょう。

危機感をもち、そのことで独立の意識を増進させてゆかねばならないのですね!!

|

« 偶然の縁 | トップページ | 大相撲,、大嶽部屋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 偶然の縁 | トップページ | 大相撲,、大嶽部屋 »