« 坂村真民記念館 | トップページ | 光明寺運動会 »

2013年5月 7日 (火)

別子山村合併10周年

平成の大合併が進められたころには、新居浜市としての方向性は3市2町(新居浜市、西条市、東予市、小松町、丹原町)でした。

しかし、県から当初提示があったのは、「新居浜市はどことも合併する必要はない」と合併案には記されていました。

当時、総務委員会に所属していた私は、真っ向から反対し、結果的には修正案で、発表ということになりました。

Dscn3790

すでに、宇摩地域の合併協議会に参画していた別子山村に、どのようにして新居浜のほうに向いてもらうかが、大きな課題でした。

Dscn3799

数人の有志が、別子山へおもむきました。

別子山のみなさんにとって

それまで、生活やインフラの面でも利便性の高い伊予三島との合併を選ぶか、

歴史的なつながりの深い、また人間関係も多くある新居浜との合併を選ぶか、

まさに苦渋の選択を迫られたのではないでしょうか?!

Dsc00436

それでも、新居浜との合併を選択していただきました。

新居浜にすれば、これまでの市の発展の源流である別子山ですから、このうえない喜びであると思います。

和田村長が新居浜市役所に、合併の申し出に来られたときには、私は涙がでました。

その上、合併特例債を117億、合併準備金を25億ほどいただけたと思います。

新居浜市の事業推進にかなり寄与してもらってるわけです。

しかも、これからの新居浜の更なる発展の鍵は、別子にあるような予感がしてなりません。

|

« 坂村真民記念館 | トップページ | 光明寺運動会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 坂村真民記念館 | トップページ | 光明寺運動会 »