« 母の笑顔 | トップページ | 久しぶりの講演 »

2013年3月17日 (日)

母に思う

昭和56年8月、母の「新居浜に帰ってほしい、、、!」という電話で、

それまで、父から何度も、同様に頼まれても、拒んでいた私は、「わかった、すぐ帰るわね!!」と、母には二つ返事で答えて、新居浜に帰ってきました。

病の床にあった父のかわりに会社を何とかしなければならない、

父も、仕事の受注が半年間皆無で、そのことによる心労が原因だったのではないかと、当時から思っていました。

帰郷した私は、母と一生懸命、会社の立て直しに奔走したものでした。

平成9年、突然母が倒れ、病院へ担ぎ込まれた時、私は、神様にお願いをしました、「神様、私はタバコを止めますから、母を助けてください。」

その言葉の通り、その年の11月18日(母が病院に運び込まれた日)から、一本もタバコはすっていません。

私の人生の大きな転機(他にも結婚etc)が何回かあるとしたら、そのうちの二つは、母によって変えられました。

しかも、どちらも私の人生には大きくプラスになっているのです。

その母を、黄泉への旅に送り出すこととなりました。

先週の土曜日の私を囲む会が無事終わるのを待ちかねたように、唐突に逝ってしまいました。

母の人生は母にとって、どうだったのだろうか?

もっと、母と話しておけばよかったということを思いつつ、、、。

|

« 母の笑顔 | トップページ | 久しぶりの講演 »

コメント

かなしみはいつも・・・坂村真民

かなしみは
みんな書いてはならない
かなしみは
みんな話してはならない
かなしみは
わたしたちを強くする根
かなしみは
わたしたちを支えている幹
かなしみは
わたしたちを美しくする花
かなしみは
いつも枯らしてはならない
かなしみは
いつも湛(たた)えていなくてはならない
かなしみは
いつも噛みしめていなくてはならない

投稿: ごんた | 2013年3月17日 (日) 14時22分

かなしみはいつも・・・坂村真民

かなしみは
みんな書いてはならない
かなしみは
みんな話してはならない
かなしみは
わたしたちを強くする根
かなしみは
わたしたちを支えている幹
かなしみは
わたしたちを美しくする花
かなしみは
いつも枯らしてはならない
かなしみは
いつも湛(たた)えていなくてはならない
かなしみは
いつも噛みしめていなくてはならない

投稿: ごんた | 2013年3月17日 (日) 14時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 母の笑顔 | トップページ | 久しぶりの講演 »