« 昔の仲間 | トップページ | 久しぶりの寝台特急~緊迫した一日 »

2013年2月25日 (月)

選挙の怖さ

私の選挙区でもある西条市議会議員選挙が終わりました。

圧倒的に新人もしくは元職の強かった選挙となりました。ほとんどの現職は前回より得票数を落としています。
特に、今回の西条市議選のきっかけになった、市長不信任案に賛成した議員の得票減は厳しいものがありました.
私の友人も2票差で敗れました。
たった2票、、、、、。それでも敗北は敗北です。良い候補者だけに残念でなりません。
選挙の結果には、いくつかの要因があるのでしょう?!
しかし、自分のはんちゅうではないところで、大きく選挙が動き出した時、
いわゆる、選挙期間中の「風」というもの、
これに、立ち向かってゆくには、かなりの力がなければならないし、
今回の西条市議選で言えば、「市政の中での対立」か「融和」かという選択肢がいつのまにか作り上げられていたということではないでしょうか?!
市議会の市長不信任案可決ということが、市民には、「仲良くしたらいいのに」「今はそれどころじゃない!」というような感情を抱かせてしまったのではないでしょうか、
国の場合は、政権与党としてそれまでの、政権運営について責任をもたなければならない立場ですから、
覚悟して風を受けなければならないことは、当然ですが、
地方選挙で、このような「風」が起こり始めたということを、しっかり認識して、
選挙戦を組み立てなければならなくなりましたね。
選挙は、怖いです。

|

« 昔の仲間 | トップページ | 久しぶりの寝台特急~緊迫した一日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 昔の仲間 | トップページ | 久しぶりの寝台特急~緊迫した一日 »