« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月30日 (金)

思いを込めて

熱気のこもった挨拶が続きます。

Imgp0971
私の目指す政治に、強い共感をもっていただいている会長、
Imgp0973
落選してからのほうが、親近感を持って付き合えるようになりました。
Imgp0979
また、篠原市議の雄弁、
待っていると、

| | コメント (0)

2012年11月29日 (木)

熱き語り

昨日の最終の座談会は、近藤さんのお宅、夜8:00を過ぎてからの会なのに、結構たくさんの人が待ってくれていました。

冒頭の近藤さんの話に、息子が「父さん、近藤さんの話を聞いていて、泣きそうになった!!」と、

それほど、熱い語りでした。

Imgp0991
近藤さんと私は、大島のフェーリー乗り場の待合で知り合った人、
久しく、お会いしてなかったのですが、ここんところ、よく会うのです。
Imgp0992
私が街頭演説してたら、バッタり会ったり、その翌日、今度は大島で偶然会ったり
そのうえ、昨日は、早朝の街頭演説をしてたら、
ビラを持ったご夫婦が、、、、。
なんと、その夜の、座談会の案内を、
自分達の手作りビラで、案内していたのです。頭が下がります。
しかも、その夜、会が開催されている間ずう~~~っと、外で、車の誘導をしてくれていた方も、
「わしらが、すきで来てもらって、話しをしてもらうんじゃけん、当たり前よ!!」と軽く言い放つ近藤さんの、心意気が痛いほど感じられます。
感謝

| | コメント (1)

2012年11月28日 (水)

一死報国

西条市に事務所を開きました。

Imgp0930

写真に見る自分の顔に、やや疲れが表れているようで、、、、。

その時の、私の挨拶を聞かれた方から、手紙が、

Imgp0934

「白石とおるさんの一死報国の精神がよく分かりました。頑張ってください」という内容でした。

ここのところ、その場に立って

みなさんのお顔を見ながら、頭に浮かぶ言葉を伝えているだけなので、

その時に、どのような挨拶をさせていただいたのか覚えていません。

ただ、自分の使命というものを強く持てるようになったと思えます。

| | コメント (0)

2012年11月27日 (火)

4:30

昨日は、4:30スタート、

土居漁協を皮切りに、挨拶をさせていただき、
川之江漁協へ、
手が魚のにおいで、なんとなく心地よい懐かしいにおい、
7:00から、若干雨の中、街頭演説を、
8:00からは川之江各所へ、あいさつ回り、午前中で500枚ほど名刺がなくなりました。
午後からは、12:00に新居浜へもどり、友好団体長会議に出席し、支援をお願いして、再び四国中央へ
今度は、自民党三島支部前で、やはり雨でありましたが、街頭演説をしてから、あいさつ回り
途中、街頭演説をはさみながら、
そして6:00からは、また新居浜で会合へ、数箇所、
けっこうハードな一日でした。

| | コメント (0)

2012年11月26日 (月)

共闘体制

公明党との共同戦線

23日、松山での私の後援会の主催を皮切りに、

夜は新居浜で、

また翌日の24日には、公明党主催で、私を招いていただいての講演会を

Imgp0795
Imgp0801
どこの開場も大盛況での開催となりました。感謝、感謝です。
Imgp0802
そして、西条では、自民党と公明党との共催での、地域フォーラムを開催、
昨日も、ブログで書いたように、今回は使命を共有する「同志」として
互いに協力して
どうしても、日本を取り戻さなければなりません。

| | コメント (0)

2012年11月25日 (日)

同志

同志とは、

同じ志を持った仲間のはずです。
それが、最近では簡単に同士になったり、袂を分かつったり、
マニフェストの内容が、お互いに近い、、、。とか、
なんだか、同志の使われ方が、私の思いとは違うような気がします。
Dscn2097
逆に、地域においては、その地域をよくしようとする同志とか、
同志のくくりが明確にできますが、国会議員は、なにかおかしいですね、
つまり、なにか目指すものに対して、お互いに協働できるものではなく、
お互いの都合が先行しているように感じてなりません。真の「同志」とともに政治をすすめてゆきます。

| | コメント (0)

dousi

| | コメント (0)

2012年11月22日 (木)

維新の会

日本維新の会との政策の違いは?

なかなか、見つかりません。

太陽の党との合併によって、若干、第三局らしくなってきました。

しかし、困ったことに、私としては、日本維新の会との極端な政策の不一致があるわけでもなく、

じゃあ、街頭演説などで、どの様に国民のみなさんにPRするか、考えてみました。

Dscn2076
政策的には、違わないものの、橋本代表の進め方には、なにか違和感を感じてしかたなかったのですが、
私が、基本理念としている「弱さの強さ」というものが、彼の政治手法に感じられないからなのかもしれません。
Dscn2080
強きものが、さらに強きをもとめる、
それは、当然のことではありますが、
わたしは、そんな社会を創りたくはありません。ただそこだけが、私に違和感を感じさせるところなのかもしれません。
それと、
この何日かの動きは、
以前の自民党の姿に重なってしかたがないのですが、、、。、

| | コメント (2)

2012年11月20日 (火)

皆さんの意見を、

今日からたくさんの人から要望やメッセージを掲載させて頂ければと思います。

 

~~~『新居浜市船木地区の皆様』~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

・工業誘致を積極的に!!

 

・国会議員を減らしてほしい

 

・党が多すぎてまとまりがない

 

・国会議員の給料を減らしてほしい

 

・介護施設の料金を下げてほしい

 

・誰がなっても一緒になっている

 

・市長も変わって行政へのパイプを活かして、活気ある新居浜を!

 

・災害に対応できる街づくり(川・法面等)

 

・福祉に力を入れ、生活保護の充実を

 

・上部の開発を是非して欲しい(下水道設備)

 

・当地域に目玉となる観光を作ってほしい

 

・年金額の維持

 

・台風時に小川が氾濫するので助けてほしい

 

・国難の時なので頑張って下さい

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

たくさんの声をありがとうございます

ご意見をいただきながら、感じるのは、やはり地域の活性化を望んでおられる方が多いということですね、

また、国全体が、未来に投資をしようとする意欲に欠けている。

もしくは、夢を描ける地域のビジョンが無いというところでしょうか?!

国会議員の定数の削減などは、当たり前のことですが、

やはり、「夢」ですね、、、。

それが、そのまま、私の政治の使命でもあります。みなさんに「夢」をいだいてもらえるような社会を創らねばならない。

手始めに、地域主権国家の構築を早期に実現しなければならない。

それとあわせて、徹底した中小企業支援策を実施するつもりです。

まだまだ、これからもご意見を掲載してゆくつもりです。よろしくお願いします。









| | コメント (4)

2012年11月19日 (月)

産業祭

土砂降りのなか,一昨日、四国中央市の産業祭に行ってきました。

まず目に入ったのは、みごとな里芋の陳列です。

Dscn2085

そして、白菜、

Dscn2086

りっぱな、野菜が品評会に並べられています。

この産業祭は、そんな農産物ばかりではなく、漁業者からのブースもあります。

さらには工業製品なども、、、。

Dscn2087

とにかく、四国中央市の産品勢ぞろいと言う感じです。

驚きは、外のお店関連の出し物です。

懸命に、各自治会や、諸団体が、工夫を凝らして出展しているところが、流石といえるのでは、ないでしょうか?!

私の町では、工業、商業、農業などが、一同に会し、一つの物事に取り組もうとする場は、もしかすると、これまで無かったと思います。

| | コメント (1)

2012年11月18日 (日)

解散当日

解散の瞬間、私はJA川之江の駐車場にいました。

麻生元総理が予定通りであれば、その時間に街頭演説をしていた場所です。

もし、

もし、中止の連絡が行き届かず、(中止のアナウンスをしながら、かなり街宣車を走らせましたが)

現地に来られる方がいてはと思い、立っていました。

結局、3人の方が、「あれえ~~!ないんかい?」と、やって来られました。立って待っていてよかったです。

そこを、終えて、次は講演会開場であったグランフォーレへ、

ここには、心配した市議会議員の方たちも来てくれてました。

講演会中止看板の前で、みなさんとワンショット。

Dscn2083
ここへは、みんなで20人ほどは、来ました。
どの人も、中止の旨をお伝えすると、「やっぱりか、気にせんでええよ。」と快く帰っていただけました。
やっぱり、居てよかった。
なんでもそうですが、後じまいというのは、やっぱ重要ですねえ

| | コメント (0)

2012年11月16日 (金)

二人の訪問者

今日が、いよいよ解散となるわけですが、

昨日、思いがけない訪問を得ました。
早朝、6:00からのモーニングセミナーを終え、そそくさと市役所前の交差点へ
いつもより若干遅れて、交差点で、街頭演説を始めようとすると、
マイクが、うんともすんとも言わない、
おかしいなあと思いながら、肉声で「おはようございます。」と声かけながら、礼のみをしていた時に
「おはよう御座います。」とご夫婦で、
そして、「いっしょに写メおねがいしま~~す。」と
うれしい訪問者です。
しかも、フェイスブックにアップまでしてもらえました。
ありがとうございま。
http://www.facebook.com/divershot?fref=ts
ここにありまする!!

| | コメント (0)

2012年11月15日 (木)

解散

このような形で解散が決まるとは、予想もできませんでした。

しかし、野田総理も最後の賭けにでたというよりも、
解散をぶらさげて、自民党を自分達が今置かれている同レベルまで引きずり込もうとしている
ようにさえ感じられます。
これほど、何か物事をきめる時に、何かを人質に取りながら進めてきた人もいないのでは?!
増税の時には、「将来に負担を先送りしないように、、、。」という論法。つまり私達の未来を人質に、、、。
特例公債法案の時には、「地方への交付金の支出が滞る、、、。」という、つまり私達の生活を人質に
今度は、「定数減の法案が出来れば、解散する。」という、つまり解散を人質に
このような論法には、個別の案件としては、比較的正当性があるように感じられても、全体の姿、
つまりビジョンを指し示し、そして、全体の政策をすすめてゆく立場からすると、
あまりにも、その場を取り繕うためだけの、論法であることに気づくはずです。
つまり、彼の政策実行には、全体としての「正義」が存在しないのです。
残念ですが、彼のようなリーダーを生み出したのも、今の政治の責任です。
はやく、新たな政治を築き上げなければ!!

| | コメント (0)

2012年11月13日 (火)

遠くの支援者のもとへ

先月の「紅葉祭り」には、途中で道を間違え、結局、会場まで行くのを断念したのですが、

どうしても、行きたく、

また知人に会うことが楽しみでも有り、

丁度、スケジュールに余裕のあった土曜日に行ってきました。

土小屋のところにある石鎚神社へ

今度は道も間違えず、寒風山トンネルを抜け、一度高地に足を踏み入れ、それから、もう一度愛媛県側に、

およそ2時間半ほどの工程

そこは、涼しいと言うよりも、十分寒かった!!

Dscn2044

しかも、間違えて夏物のスラックスをはいてきた私には、すこぶる寒かったですね。

Dscn2045

家内と写真を撮ろうとすると、そこに居合わせたご婦人が、「お撮りしましょうか??」と声をかけてくれて、

けっこう繁盛していた「白石ロッジ」の売店にゆき、そこの経営者の方と話をさせていただいて、

土小屋までのルートがいろいろあることを教わりました。今度来る時には、さらに早く来れるルートを選択する自信ができました。

帰り際に、その白石さんから饅頭をいただき、それをほう張りながら下山です。

Dscn2049

頂上付近は、紅葉は終わっていましたが、帰りにはすばらしい紅葉が見られました。

その帰りに、「山中家」家屋の案内に導かれるように、わき道へ

車を降りて少し歩くと、かやぶき屋根の古民家がありました。

おばあさんが、二人、作業をしていたので声をかけると、その古民家の戸主でした。

話をさせていただくと、

なんとご主人はずいぶん前にお亡くなりになっておられましたが、住友共電に務めておられたとか、、、。

私達が新居浜から来たのです。と言うとずいぶん懐かしがってくれました。

人のご縁はどんなところにでもあるものですねえ。

| | コメント (0)

解散はいつ?

解散はいつか?にマスコミの焦点は集中しているのですが、

解散後の政権運営について、その必要性から、政策にプライオリティをつけて語る政党がはたしてどの程度いるだろうか?
結局、前回の民主党が掲げたような、選挙対応のみの「みせかけマニフェスト」を、これまでと同じように、国民に訴えるのだろうか?
すくなくとも、民主党に関して言えば、その手は使えないでしょうね!
さりとて、他の政党も、質的に違ったマニフェストは打ち出さずに、これまで同様の、「あれもこれもやります系」のものになるのでしょうか?!
私は、今の逼迫した日本の状況を鑑みても、主要項目についての工程表を明示したものでなければならないと思うのです。
しかも、財政再建とデフレ脱却、財政再建と少子化問題、などそれぞれの問題を単一的に解決しようと思うと、
他の問題が逆に悪化するような、相反する問題が内在する状態である、今の日本
政策実施の工程を明示しなければ、相反する問題の解決は、結果的に先延ばしにのみなってしまう可能性が懸念されます。
はたして、そのようなマニフェストを、政党にだすだけの能力があるかどうかが問われます。
逆に言えば、そのマニフェストが出来上がってからの解散ということになるのでは、ないでしょうか?!
つまり、もう少し野田総理がマニフェストの中身をちらほらさせるまでは、解散は出来ないようにも思えるのです。

| | コメント (0)

2012年11月12日 (月)

親友の帰国

昨年から一緒にライブをやってたペドロがブラジルに帰ることになりました。

今回の、新居浜、四国中央、西条と3箇所で行った「トーク&ライブショウ」が彼との最後のライブに、

Nec_0067

写真は横向きのまま貼り付けてしまったけど、数少ない彼とのツーショット、

Nec_0070

相変わらず、ソロでも、、、。

彼らとのセッションを通じて、また、その時の講演で話しながら、自分自身にさらに強い使命感の灯をともせたと思います。

やはり、私は一人では、志を持続させてゆくことはできない、弱き心の持ち主です。

しかし、多くのみなさんと交流しながら、

ある時は、意識がダウンしたり、またあるときは高揚したりしながらも、

少しずつ、

自分の使命がはっきりとしてきたと思えます。

やはり、みなさんに感謝ですね。

| | コメント (0)

2012年11月 8日 (木)

みんなの心を

ほんと天性のもの

進次郎氏は、人の心をつかむ天才と言えるのでは、、、、。
あっという間に、おばちゃんたちと仲良くなって、
Dscn2023
おばちゃんが乗ってた、電気カーを自ら運転
電気カーを貸したおばちゃんも大喜び!!
Dscn2025
よやく、黒島港に帰ってきても
そこには、進次郎さんのファンが待ってました。
この写真の後は、
子供を抱きかかえたりのサービスも
Dscn2030
とにかく、すばらしい!!

| | コメント (0)

まさにフル稼働

チョットの間も

依頼された色紙を一生懸命書いている、小泉進次郎氏
Dscn1986
Dscn2004
蟹を食べる時も真剣です。

| | コメント (0)

2012年11月 5日 (月)

小泉進次郎その2

ようやく島のおかあさん達が、お昼を進次郎さんにと昼食の用意をしてもらってる公民館へ

すぐさま、厨房へ入り込んで、「味見」をさせてもらってます。

「うま~~い!!」

「やっぱ、おかあさんの作ってくれる{かきあげ}は最高やねえ!!」とか言いながら、、。

味見

Dscn1979

Dscn1986

まあ、彼の政治理念に感動しました。

島のみなさんに頼まれた、色紙へのサインなどにも、まったくいやな顔一つせず

ちょっとの時間も、彼にとっては、前向きの連続です。

| | コメント (0)

小泉進次郎氏来るその1、白いも堀

ようこそおいでいただきました。

小泉進次郎氏

新居浜大島を視察したいという、御本人の希望もあり、

せっかく大島まで来るのなら!

とばかりに、芋ほりをしてもらうことに、、、、。

ほり方指導を、島の白石さんにしてもらって、さっそく芋ほり

Dscn1960

私も、彼よりは若干ベテラン風を吹かして

Dscn1968

ほんの短い時間でしたが

彼のおかげで、少しは大島が元気付いたような気がしました。

Dscn1972

| | コメント (0)

2012年11月 2日 (金)

新たなる出発

晴天ではありますが、風の冷たい日となりました。

いよいよ、拠点を変えてのスタートであります。

三好後援会長や皆様のご厚意もあり、新たな事務所を開設できました。そして、

Img_1004

基本理念は変わらないものの、

新たなスローガンで、戦い抜こうと

皆さんに発表させていただきました。

「よみがえれ日本!!地域からの挑戦」であります。

Img_1058

地域から日本を変えてゆくと、言い続けてはや14年になります。そういう意味では「日本維新の会」なんかより10数年はやく、言い始めていたわけです。

Img_1061

しかし、現在の日本維新の会とは、基本的には考え方も違えばその手法も違います。

Img_1069

私の基本的原点は「コミュニティ」にあるということです。ですから、行政体でいえば、大坂都を作らなければならないというところに出発点があるのではなく、大阪市民がどう変わるかというところが原点でなければならないと思うのです。

政治で言えば、

自民党が変わらなければ、ということが出発点ではなく、

個人としての政治家がどう変わってゆくのか、というところが原点でなければならないと思うのです。

まあ、民主党などは政党が変わるということさえも議論の余地もなく、まずは政党を解散するべきだと、私は思いますが、、、。

まあ、自民党も、政治家一人ひとりがどのように、自己変革をしなければならないか?!についての議論と、

そのプログラムをもたなければ、自民党としての変革は不可能だと思っています。

その自己改革プログラムを私は持っています。

それによって、政治改革をも実現してゆきたいところです。

まあ、その前に、選挙をクリアーしないとね!!

| | コメント (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »