« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月30日 (日)

TPPを考える集い

TPPを考える集いが開催されました。

私もTPPには、賛成しかねるところがあります。

フォーラムは、中小企業者の立場や、労働者の立場、また農協の立場、消費者、医者とそれぞれの立場からTPPに対する反対意見がだされました。

Dscn1540

それぞれの立場の意見も十分理解できますが、若干、意見の中には、とにかく、TPPを反対しようとする意見のあまり、

他の要因による、問題の悪化までTPPに原因ありと言わんばかりの意見も若干ありました。

私は、次の、大きく、三っつの理由でTPPへの参加には反対です。

一点目は、農業の問題や医療の問題などはもとより、さらには、たとえば、「段々畑」を日本のかけがえのない文化ととらまえるのならば、TPPによって、その文化さえも失ってしまうことは、耐えがたいと思うのです。

二番目は、平成の開国といってはばからない、当時の菅総理がTPPを言い始めたのが、日米会談以降であったこと、

つまり、米国からの要請にこたえてのことと思わざるをえない。あくまで米国主導であり、日本として自発的に取り組もうとしたわけではなく、、米国に気を使って始めたようにも感じられるからです。

そのような、状況、

また、今の日本の外交力では、とてもではないが、TPPのテーブルに乗って、自国の条件について、はっきりと意見を述べ、各国の意見を集約できるような、能力は、現政府にはないと判断するからです。

三番目は、TPPへの参加という形で、貿易の自由化を進めてゆくのではなく、日本でしかできない、貿易の自由化を進めてゆく選択は、まだ残っていると思うからです。日本方式国際貢献型FTAなるものを、国際社会に提言し、それを実行できるのは、現在の日本でしか不可能だと思っています。

以上三点から、私は現時点でのTPP交渉参加は反対です。

Dscn1541

あと、付けくわえさせていただくと、

フロアーからの意見で、「農家への個別所得補償しただけでも、自民党より民主党のほうがましやけど、今回のTPPは、全然ダメや!!」という声がありました。

前回の選挙の時から、私は訴え続けていましたが、

民主党のマニフェストにあった、農家の個別所得補償の実施は、農業の自由化と一対になっていたのであって、

民主党の戦略のうまいところですが、「耳ざわりのいい」言葉を前にだして、都合の悪い内容は包み隠してださないという、民主党の「うそ」には、もう二度と、騙されないようにしてもらいたいですね。

しかし、フォーラムは随分盛り上がって閉会となりました。

| | コメント (0)

交通茶屋

良い天気に恵まれ、建設協会恒例の「交通茶屋」が開催されました。

もう10数年になりますが、これまで一度も天候が悪かったっことはありません。

その上、九月下旬なのに、真夏の日差しでした。

最初の女性部会長、梶本さんのあいさつ、

Dscn1492

市長のあいさつで知ったのですが、新居浜市はこれまでの200日間で死亡事故1名ということで、過去最良の成績だそうです。

私もタスキをかけて、、、、。

Dscn1503

最後に女性部会、白石副部会長の締めで終了

Dscn1509 

多くの女性部会のみなさんが参加をしていただき、

みなさんの笑顔での、呼びかけが、ドライバーのみなさんの心にゆとりを広げたことと思います。

ご苦労様でした

| | コメント (0)

2012年9月26日 (水)

自民党総裁選

いよいよ、明日が自民党総裁選の開票です。

石破氏がトップを走っているということです。現実に、2位の人との決選投票になるのでしょうが、

かりに、地方票で石破氏が過半数を獲得した場合は、決選投票の意義はあるのかどうか?

疑問です。

ルール上は、決選投票になるわけですが、

報道でも言っている様に、決選投票になると1位と2位が逆転するとかいうことになる可能性もあります。

しかし、地方票を過半数獲得しているのに、決選投票で逆転となると、

いささか、後味の悪い総裁選挙になりそうです。

とにかく、自民党の長老といわれている人たちの力の及ばないリーダーに総裁になってもらいたいと思います。

そういう意味でも、安倍さんと石破さんに頑張ってもらいたいですね。

| | コメント (0)

2012年9月23日 (日)

新日本プロレス

熱気のすごい開場、

ずいぶん遠くからもファンは来ていました。

昨年は、入り口で東日本大震災の支援金募金を呼びかけさせていただき、

しかも、レスラーの人もみんな募金に協力してくれたのです。

今年は、逆にレスラーの皆さんを激励に行きました。

P9212453

試合前に、リング上で、棚橋チームに激励賞を

P9212519

帰りに、八幡浜から、わざわざ、その日の試合を見に来たという人と、新居浜JCのKくんも

P9212544

昨年も来ました!!

と言う人がかなり居たと思います。

また、来年も来てもらいたいですね!!

| | コメント (0)

2012年9月21日 (金)

人間性を重んじて

丸山先生との2日間のフォーラムを通じて、私自身、確信をもてたことは、

政治家も、政治の現状から脱皮したがっているということ、

しかし、現状を打開できるプログラムを誰も持っていない、

Dscn1410

だから、政治家一人ひとりの資質に問題をむけている。

Dscn1415

「改革」の名の下に組織を変えようとしても、結局、変わらない。

政治改革、とか自民党の組織改革とか、いっても結局、一人ひとりの意識改革からスタートしなければならないということが、ようやく認識できたぐらいのもんじゃないでしょうか?!

Dscn1416

そうしなければ、日本は沈没します。

小泉総理時代の、創造的破壊は、議員一人ひとりの意識改革にはつながらなかった。

既成概念を根底から覆してゆくような、意識改革が必要です。

しかし、その主役は、日本維新の会ではないと思います。

それは、日本維新の会は、使命共同体としての高い意識は、かりに橋下氏にはあっても、それ以外の、同志には皆無のような気がするからです。

高い政治意識の連鎖を、

政党の枠組みにとらわれずに、形成してゆかなければなりません。

| | コメント (1)

2012年9月20日 (木)

アースシェーカー、ライブIN新居浜

マーシー一人の弾き語りから始まりました。じっくり聞かせる歌、、、、。

やっぱ、一人でやっても、みんなを魅了しますね。

Dscn1465

おっ!!

とおるちゃんの出演、

Dscn1469

実は、その日4時ごろ、マーシーが新居浜に着いてすぐ、ボクのところにやってきて(我が友、大木ちゃんと)

「今日は、やってくださいよ!!」と言うのです。

ええ~~!と言いながらも、喜んでいる私がこわい。

Dscn1470

てなわけで、厚顔無礼にも、マーシーのソロの後、出演

30分はやってくださいと言われていたけど、さすがにお客のプレッシャーに、

2曲で失礼しました。

その後は、新居浜のバンドメンバーとのライブ、

さすが、マーシー!!

すごいパワフルなステージでした。

感動!!

Dscn1474

| | コメント (0)

2012年9月19日 (水)

国政フォーラムIN新居浜

「人生、心意気」を政局を紐解きながら、みなさんに伝えてゆこうと思いましたが、

けっこう、丸山先生の独壇場に、、、。

Dscn1391

私も、若干は言いたいことを伝えたつもりですが、

Dscn1393

| | コメント (1)

2012年9月18日 (火)

丸山参議院議員とともに、その1

丸山弁護士、参議院議員をまねいての国政フォーラムが西条からスタートしました。15日、16日の2日間、西条、新居浜、四国中央と3か所での開催です。

Dscn1381

気さくな先生、

台本なしのトークショー、しかもテーマは「人生は心意気」

さてさて、どのようなフォーラムになりますやら、、、。

Dscn1387

| | コメント (0)

2012年9月13日 (木)

政治理念で競い合う

民主党、自民党ともに、党首選が始まりました。

民主党は、党の結束を図るために、

党首選において政策を訴え、その政策で、議員のみんなの理解を得ようとしています。

しかし、これほど、政策にブレのある政党が、その上、政策で議論していることが滑稽にさえうつるのはあたりまえです。

私には、できるだけ選挙時期を後に先送りできる党首を選んでいるようにしか見えません。

一方、自民党はどうでしょう!?

同じように、政策で!!判断して欲しいとかいいながら、

民主党と同じレベルに陥ってはいないでしょうか!?

政治の果たすべき大きな使命を、改めて国民に問うことのできる、いいチャンスではないでしょうか?!

国を引っ張ってゆく、リーダー像を

自分のもつ政治理念を戦わしながら、国民に指し示すことのできる戦いです。

その高い使命感を戦わすような党首選であってもらいたいと願います。

| | コメント (0)

2012年9月11日 (火)

ミス花嫁コンテスト

さすがに47名もの可愛い娘さんを審査するとなると大変です。

今回で26回となる、レイグラッチェフジで行われた「ミス花嫁コンテスト」

審査委員の一人として参加させていただきました。

Dscn1323

たぶん、これまでのこの大会で最多数のエントリーではないでしょうか?!

Dscn1330

みんな、綺麗なドレスが着れて嬉しいという感じ、

「ミス花嫁になって、おばあちゃんを沖縄旅行に連れて行くんです!!」と言う人

「今日が誕生日、この日に、このようなドレスを着せてもらってありがとう!!」

Dscn1340

みんな、これまでにお世話になった人への感謝や、今回のイベントに参加できた感謝の気持ちとか、、、。

なんらかの感謝の気持ちを持っている!!そう確信できるミスコンでした。

| | コメント (0)

2012年9月 7日 (金)

ふるさと物産展in阿倍野

初めての試み,大阪は阿倍野のイトーヨーカドーでの新居浜物産フェアー

地下鉄天王寺駅で降りて、阿倍野駅の方に歩こうと思い駅を出たものの、どうも反対側に出てきたみたいで、えらいモーテル街

雰囲気が若者の町っぽくなってきたので、歩いている人に「イトーヨーカドーはどっちへ行ったらいいでしょうか??」と聞きながら現地へ

結局、わたしはグル~~~っとまわっただけで、すぐ駅前の場所なのに30分ほど歩かせていただきました。

ようやく到着。

新居浜市役所や新居浜観光協会といっしょになって、新居浜物産を売り込みです。

物産協会事務局の大石さんも頑張ってます。

Dscn1314

観光協会の亀井専務も足が痛いといいながら、一生懸命です。

Dscn1315

また参加商店のみなさんも頑張ってました。

Dscn1316

新居浜倶楽部のみなさんに案内を送った効果!!

Dscn1319

在阪の新居浜出身者の方も、応援に駆けつけてくれました。

物産の売り込みに来ているのですが、

新居浜のPRや、観光案内など、いわゆる新居浜の売込みにも来ているのです。

さらに、新居浜の「絆」を築きにきているのですよね。

売り子で雇っている人にも新居浜のことを知ってもらえます。

6時過ぎ、新居浜倶楽部のメンバーでもある永易先輩が来てくれました。

みんなで、食事でもということになって、近くの永易さんが顧問をされているという居酒屋へ

随分盛り上がったのは言うまでもなく、またその居酒屋チエーン店の社長まで挨拶に来てくれたり、

いいスタート日でした。永易さんご馳走様でした。

| | コメント (0)

2012年9月 5日 (水)

トーク&ライブショー

「フューチャーオブジャパン」と題して、日曜日の夜開催しました。

最初に、ルイス ペドロ の歌と演奏、さすがうまいです。

そして、「ブレッシング ユー」の歌と演奏、

ラストソング「笑顔のまんま」で私も登場させてもらって、一緒に合唱、

Dscn1297

その後、私も一曲、「レット イット ビー」などを歌っちゃいまして、

そして、講演です。

「これからの日本のゆくえ」という演題で40分ほどの講演をさせてもらいました。

Dscn1303

講演のラストに、ソロで私のオリジナル「心の歌」を、、、、。

Dscn1304

またまた、ブレッシング ユーのみなさんや、ペドロともジョイントで数曲やっちゃいましたね

Dscn1306

ラストは、オリジナル「ラブ ラブ ラブ」をみんなで合唱して、お開きとなりました。

なんか、逆に、みなさんからパワーをいただいた夜、

アンデルセンホールは、温かな空気で充満していたように感じるのです。

| | コメント (0)

2012年9月 3日 (月)

防災訓練

一昨日(1日土曜日)新居浜で県主催の防災訓練が行われました。

県はもとより、近隣市町の消防隊員、や県内の各市町のみなさん、そして、建設協会や菅工事組合のみなさん、自治会のみなさん、多くの方の参加の元実施されました。

私は、隊友会(自衛隊OBの会)のメンバーとして参加しました。

朝、7:30一宮運輸駐車場に集合、

それぞれの、担当の確認をして、持ち場へ向かいます。

あるチームは、大島へ、

私は、新高橋付近、調整所に行きます。

Dscn1270

到着したのは7:40頃、

現地で県の職員がテントを立てていたので、それを手伝いながら、

「ところで、訓練はいつごろやろ?」と尋ねると、

「11:00前ごろじゃないでしょうか??」

Dscn1273

訓練は始まっているものの、

私達の出番(伊藤さんと一緒に、陸上自衛隊の方が見つけた行方不明者を運ぶ+海上自衛隊の方が運んできた生存者を介護する役割)は11:00時頃だったのです。

3時間、

待ちに待って、ようやくヘリによる救助

Dscn1283

その頃は、マスコミの人にも隊友会のPRとして、映像でながしてもらえそうな雰囲気だったのですが、

丁度、私達の出番の頃に知事や観覧者のみなさんがやってきて、マスコミは一斉にそちらの方に、、、、。

隊友会のPR失敗です。

Dscn1287

防災訓練が終了して、閉会式の前に皆さんと、

みなさん、充実した笑顔で一杯でした。

| | コメント (0)

2012年9月 2日 (日)

自民党の恥VS民主党のやけくそ

あのような、記者会見になるとは思ってもいませんでした。

「マニフェスト違反である、、、。」と谷垣さんは言っていました。それで、消費税反対を中心に首相問責決議案を提出した野党に相乗りして、その問責決議案に賛成をし、可決させました。

あまりにも、筋が通っていない決断に、情けないきもちであります。

自民党もそんな政党になったのかという、ぶつけようのな気持ちがこみ上げてきます。

谷垣総裁は、それを「マニフェスト違反を許せない、、、。」というようなことで説明していますが、

自分たちが採決した「消費税法案」採決に対する問責決議にもかかわらず、それに賛同する選択は、どのような事由でそうなったかは、政党内部にしっかりと説明をしてもらいたいと思います。

ただ、今回、民主党がおこなった強行採決は、参議院では不採択になることを織り込み済みの行動とかんがえれば、

まさに政権の引き伸ばしの手段に国会の採決を利用しているといっても過言ではないでしょう。

2年前に参議院選挙を早期に実施したいがために、自分たちが強行採決した法案を、勝手に廃案にしたのと同様に、

今回は廃案覚悟で引き伸ばしをしようとする、民主党の真意はあまりにも幼稚きわまりないと思います。

まして、問責決議案を出したことで、野田、谷垣間で話された「はやいうちに解散」ということを自民党がわから反古にしたことであるという言い回しをする前原、輿石両氏には、

その時の、野田総理の記者会見を見返してもらいたい、そのインタビューの中では、野田総理はまちがいなく、国民に対して、「消費税法案が可決されれば、はやいうちに国民の信をという」と言っているので、

それを実行するかどうかは、野田総理自信が国民に対してどう説明するかであって、

自民党がどうこうとか、いうことではないと思います。国民が今の政治に対してこれ以上絶望感を大きくすることのないように、判断と決断をお願いしたいものです。

| | コメント (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »