« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月29日 (水)

ゴーヤチャンプルー

事務所の前に植えたゴーヤができました。白ゴーヤです。

さっそく、ゴーヤチャンプルを作ってくれました。

Dscn1260

苦いかなと思って口にすると、そうでもなく、

これが美味しい!!

Dscn1261
ゴーヤの葉は、相変わらず、私の部屋の日よけを務めてくれてます。

それと、いっしょに植えた「朝顔」は、葉っぱはしっかりつるを伸ばして茂っているのですが、花はいっこうに咲きません。

初めて知ったのですが、アサガオは、あまり日が当たりすぎると、花を咲かさないそうです。

日の光は、全てにエネルギーを与えるものと思っていました。

でも、あたり過ぎもよくないのですね。アサガオには、、、。

| | コメント (0)

2012年8月27日 (月)

献血

久しぶりだし、

家内が手伝ってるというので、意気込んで献血に向かったのですが、

Dscn1234

貧血ぎみと言われて、あえなく断念。

睡眠不足もたたっているかも?!とか言われましたが、とにかく献血できなかったのは初めてだけに、ショックでした。

でも、献血会場では、ライオンズのメンバーの方や、ソロプチのメンバーの方、みなさん、暑い中で頑張ってた、その姿に励まされました。

Dscn1235
やっぱ、頑張ってる姿は、心を打ちますよね!!

私も、とにかく頑張り通そう!!

| | コメント (0)

夏の終りの

もうほんとに夏の終りかなと思われる頃、

二箇所で夏祭り、

もうずっと毎年お邪魔しているところ、くすのき園の地域交流会と宝寿園の盆踊り

今年は、妻と息子の嫁と3人ででかけました。

Dscn1241

大生院中学校の吹奏楽のみなさんの演奏で始まりました。

しばらく、居てから、一路荷内へ、

少し遅れましたが、私も挨拶させていただき、さっそく盆踊り、

Dscn1244

娘が機嫌よく踊ってました。実は家内も踊ってるのですが、写真の撮り忘れ、、、、。

Dscn1247

そして、夏祭りをお世話しているみなさんと、

Dscn1250

ほんと、みなさんすっごく、世話好きで、

テントの中は、笑顔が耐えません。

こんな皆さんに囲まれて、井下理事長!!羨ましい限りですね。










| | コメント (0)

2012年8月22日 (水)

辻立ち

朝の辻立ちは、季節の変わり目を肌で案じることができます。

この数日の、朝の涼しさは気分もいい、

それでも、40分ほど演説してると、パンツまでグッショリ汗かいています。

それと、その交差点のゴミ、特にタバコの吸殻の量と落ちてる場所が微妙に違いますね

歩道側に多い場所、車道側のL型側溝のところに多く落ちてる交差点、

案外少ないところ

7:00時に現地に行き、10分間だけのゴミ拾い

おもむろに、朝の挨拶、「今日も一日、お仕事に頑張ってください!!」で締めくくって、演説に入るのですが、

今の時期は、窓を開けて走っている人が多いので、窓から手を振ってくれる人も、

通りすがりに、「がんばれよ~~!!」と声をかけてくれる人もいます。

ただ、暑すぎると、

車の方を見ながら演説する、余裕さえなく、

ただひたすら、語っているだけで、

いつも後から、反省するのですが、なかなか、うまく行かないものです。

後、その時、その時の、国での出来事に対する自分の気持ちを訴えているので、今回のような、李明博大統領の天皇陛下に対する暴言などに対しては、ついつい、感情的に話してしまうのです。

誰も聞いてくれているわけでもないのですが、、、、。

それでも、この前、

旗や拡声器を片付けて、帰り際に、交通安全指導員の方に、「ご苦労様です。お騒がせしました。」と挨拶すると、

その人に、「あんた、いい話するねえ!!今度は応援したげる。」と言っていただけました。

もう、その日は、一日、上機嫌。

こんなこともあるから、辻立ちはいいんですよね。

もうすぐ、学校が始まります。登校する子供達が、手を振ってくれてのが、また、たまらなく嬉しいんです。

楽しみやなあ!!

| | コメント (1)

2012年8月21日 (火)

兎ノ山

竹林を守る会の集まりに誘われて行って来ました。

最初の「そうめん流し」には間に合わなかったものの、美味しいおにぎり、お漬物、おかずをいただき、上機嫌、、、。

そして、竹林のなかで開かれるライブ、

一部では、オカリナ演奏など、聞けば聞くほどに竹の中の世界に引き込まれてゆきます。

二部では、谷口さんの「あの鐘を鳴らすのはあなた」が印象的でした。いい詩を切々と歌いこんでゆく、すばらしいライブです

最後は「風の楽団」手作りとは思えないほどの竹のフルートの音色、クラリネットやチェロともすごく合うんですよねえ!!

Dscn1231

空を見上げれば、竹のドームのような、、、、

その隙間から見える空が青々としていました。

Dscn1226

休憩時間に、いろんな楽器を試してみる、みなさん。おっ!!うちの奥さんも結構、筋がいいみたいです。ちゃんと鳴ってました。(ちなみに、私は全然だめでした)

Dscn1220

でも、

Dscn1215

また、飛び入りで一曲歌ってしまいました。

相変わらず、「ラブ ラブ ラブ」です。風の楽団の野村さんとは、先々週いっしょにライブやったとこですんで、

しかも、参加してるみなさんに「ラブ ラブ ラブ」を合唱してもらって、最高でした。

そして、コンサートのしめに、全員で「ふるさと」を合唱して終わりました。3時間ほどの間でしたが、

かけがえのない空間を、みなさんと共有させていただいた気がします。

感謝

| | コメント (0)

2012年8月20日 (月)

ウルトラ、とおる同盟

このたび日本国をまもるため、ウルトラ一族と同盟を組むことになりました。

Dscn1179

あり地獄にはまってしまうような時にも、

しっかり救出してくれまます。

Dscn1180

そして、共に飛ぶのです。

Dscn1184_2

特に、領有権を犯すやからには、厳しく対応します。

どこまで、逃げようとも、ひとっ飛び!!

しかし、ウルトラマンの物語り(一話30分)の中でも。「地球防衛軍」が30分間のうち25分頑張って、ウルトラマンが敵をやっつけるのが3分、

私達は、ウルトラマンに頼りきってはいけません。自分の力で打開策を見出してゆくのです。   

| | コメント (0)

2012年8月16日 (木)

どのような変化が起こっているのか?

2008年4月、李明博大統領就任直後の訪日の時と、どのような変化があったのでしょうか?

そのときには日韓共同記者会見までひらき、

「過去に縛られて未来に向かうことに師匠をきしてはならない、、、。」とまで、日韓の友好関係に明言してくれた彼が、、、、。

天皇陛下に対する言は、まさに暴言であり、謝罪をもとめるべきものであります。

それを、国際裁判所に提訴しますとかいうレベルでもなければ、「極めて遺憾である」とか言ってる場合ではなく、

即座に、わが国に対して謝罪を求めるべきではないでしょうか?!

そもそも、民主党は天皇陛下をどのように考えているのでしょうか?

2年前の習近平中国副代表の天皇陛下へのご引見についても、まさに陛下を政治利用しているのです。

しかも、昨年の12月の京都での李明博大統領と野田総理との会談を垣間見ても、野田総理の外交手腕は0点に等しいと思われます。

結局、鳩山総理でアメリカとの関係を壊し、中国ともおかしくなり、菅総理で、東日本大震災への対応で、日本国内をダメにしてしまい、また、ロシアにもちょっかいをかけられ、野田総理では、韓国との致命的なミゾをつくってしまいました。

民主党政権のこの3年間は、いったいなんだったのでしょうか??

「日本文化輸入禁止令」という法律があったころから、日韓友好の活動を続けてきたわたしには、

今回の李明博氏の発言には、残念でならない気持ちと、憤りを感じます。また、それと同時に野田総理の対応のあまさにも情けない気持ちがこみ上げてくるのです。

| | コメント (0)

2012年8月14日 (火)

日本人が行けない日本国

竹島に李大統領が訪問したことに対して、野田総理、玄場外務大臣らから、遺憾の声明がだされました。

日韓の民間友好をすすめている、私にとっても衝撃的なニュースでした。

しかし、李氏はなんのつもりで、この時期に竹島上陸を強行したのだろうか?!

オリンピック開催中のこの時期に、、、、。

まして、バレーとサッカーとで、日韓戦があるという前日に、

韓国サッカー選手に、竹島の関係の旗を持って走っているものもいる、

こんな選手は論外だけれど、

李大統領のこの行動は、許せませんね。

平和の祭典である、オリンピック開催中にこのような暴挙にでた、李氏の真意をただすべきであり、

今回の行動は、単に日韓の竹島問題ではなく、

韓国という国の平和に対する考え方を世界中に露呈したことになるのでは、と思います。

特に、強きものが、強きを示す行動は、私は一番きらいな姿です。

また、野田総理も、先般の李明博との会談で、全くこの件について、対話をせずに、今回の件で、遺憾声明だけでは、いかがなものでしょうか?!すみやかに行動をとってもらいたいですね

外交的にも、その威厳を失ってしまっている日本、

国内においても、国民の信頼を失墜している政治、

まさに崖っぷちの日本の行方を、しっかり舵取りできるリーダーが求められているのではないでしょうか?!

今の現職の国会議員の中で、日本のために命を張って行動できる人が何人いるのでしょうか?

政治家が全員、襟を正して、今の日本のことを真剣に考える時です

| | コメント (2)

2012年8月 9日 (木)

話し合いのゆくえ

党首による話し合いがもたれました。

普通なら、どんなやりとりがなされたのだろう?とか、興味深々のところなのですが、

しかも、谷垣総裁は、一体改革法案可決後、即解散をもとめ、そうでなければ、内閣不信任案を提出する、という意気込みに感じました。

結果は、「近いうちに」解散するということで、自民党側が納得するということになりました。

記者会見では、その「近いうちに」とはいつなのかという質問に、具体的な応えはありません。

ないというよりは、応えられなかったのでしょう。

すべて、民主党の内部事情によるところの、「近いうちに」という表現に留めるしかなかったのだと、思います。

法案可決後、即解散を宣言してしまうと、

廃案にしてまで、選挙時期を延ばそうとする力が増し、実質的に民主党は分裂状態になりかねないほどの状況ではないかと思われます。

すでに政党としての体をなしていない、泥舟のような民主党に対する

谷垣総裁の情けから、

「近いうちに」決着となったのではないでしょうか?!

しかし、ここにきて、この表現は、決断できない民主党というレッテルを貼られた政党に、同調していると見えてしまい、、

国民には、さらなる政治不信を抱かせてしまい、その渦の中に自民党までしっかりと取り込まれたような感覚をもちます。

自民党は決断はでき、それを実行する力はあるんだ、ということを、自民党のリーダーとして国民に示すべきではなかったのでしょうか

国民に政治不信を抱かせたことには、これまでに自民党も、責任はあります。

しかし、この3年間の民主党のていたらくぶりに、最後の最後で付き合う必要はなかったのでは、ないでしょうか?!

将棋で言えば、即詰みの状況にある民主党を、わざとゆるい手をさして眺めているようなものでしょう

国民が求めている政治に対する「決断」と「責任」には、合致しない言葉で締めくくった会談であったと感じざるをえません

| | コメント (2)

2012年8月 5日 (日)

アコースティックライブ

面白かった

隣の松木先生にライブを誘われて、出演してきました。

まずは、松木バンド、

越智さんが亡くなってからは、3人でやってるところは見たことがなかったのですが

Dscn1170

松木先生は、相変わらず甘い声を聞かせてくれます。

Dscn1167

次が、私達、

「ひるあんどん」(グループの名前)の野村さんに手伝ってもれえるようになって

気持ちよくやれました。

ただ、最近の何日かは、練習しすぎで、2曲目くらいからFコードが押さえられないほど、左手薬指と小指がつっぱっていました。

一曲目、「野沢君」(斉藤哲夫)

「花言葉」古井戸

「明日引っ越します」(古井戸)

「心の歌」(私のオリジナル)

「ラブラブラブ」(私のオリジナル)の5曲を歌いました。

Dscn1168

私達の後は、せいじ君、

彼の演奏と歌は圧巻でした。

そして、もう一度、松木先生バンド

聞きににきてくれたみなさんも、最後までお付き合いいただき、ありがとう御座いました。

| | コメント (0)

2012年8月 2日 (木)

わごせ

「わごせ」

懐かしい響きです。夏の一宮神社の祭り、

無病息災を祈願して、ワッカをくぐります。くぐり方があることを、初めて知りました。

Dscn1158

登り道南商店街の夏祭りもあり、まずまずの人出です。

今日は、息子の嫁さんと事務所の朴さんと三人でやってきました。

Dscn1159

若い二人を連れて歩くのは、いいですねえ

Dscn1161

沢山の人と会えました。

その多くの人は「とおるさん、身体は大丈夫?」と聞かれます。

まだまだ、私の身体についてのうわさが、巷には流れているようです。

とにかく、元気な姿を多くの人に見てもらわないとね!!

| | コメント (1)

2012年8月 1日 (水)

韓国からの友好視察団

27日から29日まで、韓国から議員が数名来県しました。

6月の末に、我々が訪問した際に、次は日本でという約束を果たしに来てくれたのです。

韓国訪問の際には、ソウル市鎮路区の区議会のみなさんと交流し、その場でお互いの姉妹締結なども行いました。

今回の訪問団は、ソウル市議と鎮路区議会議員3名が中心となっての訪問です。

27日早朝に新居浜を出発、まずは四国中央市へ、井原市長歓迎を受けました。しばらく歓談して、新宮へ

霧の森を訪問

Dscn1115

昼食後、西条市へ移動、今度は藤田副市長の歓迎を受けました。それぞれの市へは、6月に一緒に韓国訪問をした井川議員と、一色議員の段取りで実現したのです。

市を訪問した後、鉄道記念館へ、

韓国の一行は、新幹線のレールの幅と在来線のレールの幅の違いを興味深く聞いていました。

Dscn1126

そして、その日のメイインイベント、新居浜花火大会です。

実は、わたしも河川敷から見るのは初めてでして、感動!!です。

韓国のメンバーは「韓国のミョンドンの花火よりすごいです!!」と、驚いていました。

翌日は、ゴルフ組みにも、観光組みにも参加せず、夕方からのお茶席に同行させていただきました。

Dscn1143

金本さんのお宅の茶室は、先日のユン、テオン氏が、新居浜を訪問した時にも、経験していただきましたが、

やはり、外国からの来訪者には、日本の伝統文化である、お茶事に参加してもらうことが、一番。

今回も金本さんに無理を頼みました。

ただ、韓国からのみなさんは、ずいぶん堪能したようでした。

やっぱ、人の交流には、文化が必要ですよね

| | コメント (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »