« 大物産展in新居浜美しが丘 | トップページ | 講演in東予高校 »

2012年6月 6日 (水)

イベント終了

無事終わりました。「ふるさと、お宝探検」~大物産展in美しが丘~

3万人近くの人が来場いただき、

そして、多くのみなさんにお世話になりました。

東高、商業、南高、工業、各校から沢山のボランティアの生徒が、元気新居浜のみんなも、新居浜駅長はじめJRの職員の方、ハートネットワークのみんな、建設協会青年部、消防職員のみなさん、私の会社の職員一同、物産協会のみなさんetc、、、、。

Dscn0596

多くの皆さんの手助けがあったおかげ、

天候も応援してくれました。

相変わらず、バンド出演もさせていただきました。

Dscn0630

そして、遠路、気仙沼から駆けつけてくれた仲間達、

Dscn0659

2日間のイベントのために、4日を費やして来なければならないのです。

帰るとき、事務所に立ち寄ってくれました。

イベントの最中、私には、いやな思い出として残ってしまいそうなことも、協力してくれたみなさんのおかげで、なんでもないことと思えます。

アンパンマンバスの乗り場での出来事、

丁度、私がそこに歩いていた時、

一人のおばさんが「バスは出んのかね!?」強い、しかも語気を少し荒くして、JRのみなさんに言いました。

「昼休みを取らしてやってるので、しばらく待ってください。走り詰なもんで、、、。」

「走らさんかね!!あたりまえだろがね!!」

私はそこで、「おばさん、みなさんボランティアで協力してくれてるんで、少し休ませてあげてくださいや。」と言いました。しかし、そのおばさんは「あたりまえだろ!!走らさんかね」の一点張り、

私が「無償で来てくれてるんで、、、。」と言っても、聞く耳もたず

JRの職員を罵倒して歩いてゆきます。

自分勝手もほどがあると思いながら見てました。

翌日、JRの駅長さんは、だまって職員を1名増やし、休み時間無しで、バスの運行をすすめることとなったのです。

あんなに罵倒し、さげすんだような言い回しをしている人にも、ちゃんと対応しようとする駅長の姿勢は恐れ入りました。

|

« 大物産展in新居浜美しが丘 | トップページ | 講演in東予高校 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大物産展in新居浜美しが丘 | トップページ | 講演in東予高校 »