« うどん | トップページ | 小泉進次郎氏来る »

2012年3月 3日 (土)

修復は芸術か技術か?

先日の仙台でのバリアフリー観光全国フォーラムの時に、メンバーから誘われていた、TOSO館さんの、リフォーム現場へ出かけました。

一路、九州嬉野温泉へ

歴史のある旅館の客室を、営業しながらリフォームしているのです。2日で5部屋を完成させてゆくというのですから驚きです。

しかも、以前からそれに関わっている只石社長は私に「障がい者の雇用の場にするんだ!!」と言ってはいたものの、

そう簡単には、できるもではないと思っていました。作業をしている客室の前には車椅子があるのです。

そう!肢体不自由の人が熱心に作業をされていました。もうベテランです。

しかも、作業しているみなさん、目の輝きが違うのです。

部屋によっては、部屋の小物、机、椅子、置物まで、直してしまうのです。

Img_4911

下の写真、60年たった障子の建具に見えますか?

Img_4913

しかも、作業が終了した部屋では、ほんのりと木の香りがするのです。

Img_4915
木に水を与え、もう一度息をさせてるので、木の香りがするんですよ!!と話してました。

その夜、作業をしている人やTOSO館の専務、只石さんたちと食事会を、

そこでは、修復は技術としてまだ認められていない、とか、、、

しかし、芸術としてもどうでしょうか?とか、

すでに、美術品を多く修復している実績もあるのに、、、、、。といった話に沸きました。

私は再生技術として、その分野を確立することができると思うのです。

翌朝早くに出発しましたが、私にはすごい勉強になりました。

すばらしい技術と芸術の狭間で、障がい者の方が、目一杯仕事ができたら!!と久しぶりに夢の広がる現場を見させてもらいました。

PS、前の夜、夕食を終えて部屋に戻る道中、フロント近くで、懸命に後片付けをしていた若い女性がいました。

翌朝6:30に朝食にでかけるときにはその女性は、もう玄関で仕事をしていたのです。旅館を出発のときに見送ってくれたので、名札でそこの社長の娘さんだとわかりました。

頑張ってますよね。

有難う御座いました。と私たちを見送ってくれたその子の笑顔が印象的でした。




|

« うどん | トップページ | 小泉進次郎氏来る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« うどん | トップページ | 小泉進次郎氏来る »