« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月30日 (金)

先送りの論理

先送りをせずに今の社会全体で負担をしてゆきましょう、という掛け声の下、復興増税が可決され、もう半年ほどになります。

今回も同じ論調で、消費税増税がすすめられています。

財源確保が、まずは最優先、なおかつ先送りしないという説得に、同意をしたのでしょう、

しかし、私は復興増税可決を期に、街頭演説を休止しました。

私は、なにをおいても、復興特別債を発行する方が、現況にマッチしていると考えていましたし、街頭演説でも、そう訴えていました。

リーマンショックの直後の、大幅な財政出動を実施した、麻生内閣はもっと高く評価されるべきだと思っています。

その時の財政出動がなっかたら、どんな経済状況になっていたか、想像しただけでも身も凍てつくほどです。

また、その当時は、一部の自民党議員も麻生総理退陣をせまっていたり、

国会議員の経済政策に対する知識にも、いささか疑問をもたざるをえないところです。

まして、今回の消費税増税は、せっかくの復興気運がそがれかねないのでは、と危惧します。

今回の増税で、財政的に好転することは、なく

逆に、国民のさらなる投資意欲に対する阻害要因になりうると思います。

「先送り」とは、まさに、現政府の、復興および日本全体の景気対策とりわけ、デフレ対策を遅々として進めようとしない状況を言うのではないでしょうか?!

なんら、自分たちの身を削ることを論ずることなく、増税を強制的に国民に強いる政府は

論ずるときは、「責任を先送りにしないように、、、。」と言いながら、

現実には、非常に危機的状況に陥ってゆくことを、回避しているようには思えません。

久しぶりに

麻生先生と夕食を共にさせていただき、

あらためて、今の状況下で、麻生内閣なら、どのような政権運営をされているか聞かせていただきたいところです。

でも、そのことを聞くチャンスを持てなっかたのが、残念でした。私のふがいないところですね。

Img_5014

| | コメント (0)

2012年3月29日 (木)

大リーグ開幕戦

丁度、東京出張とも日程があいそうだったので、友人に誘われるままに、大リーグの開幕戦、マリナーズ対アスレチックス戦を観戦してきました。

待ち合わせの時間からは随分早く行けたのですが、すでに、ものすごい人の列です。

18時過ぎ、自分たちの席に着くと、まだきていないところもありましたが、すでに満席のようでした。

トイレも大行列

飲み物や、つまみ類のところも大行列です。

Img_5016

席に着くと、友人のところへニトリの社長が挨拶に来られました。斜め前には、遅れてきた堺屋太一さんが、

友人の人脈には、驚かされることが多いです。

バッターボックスにイチローが立つと、大歓声

そして、スタンドからすさまじいばかりのフラッシュの雨、

なんか、スタンドでイルミネーションを見ているようでした。

Img_5025

表にでてから、巨人グッズの店の前で、

Img_5029

その後、政治評論家の有馬氏と合流

また、元巨人の角さんを呼び出して、盛り上がりました。

Img_5030

しかし、彼の人脈には、いまさらながら驚きますね。

「角さんとは、名古屋のお好み焼きやで、バッタリ会ってからの付き合いなんよ~~!」と笑いながら話してました。








| | コメント (0)

2012年3月27日 (火)

新たな使命感を

先日、たまたまテレビを見ていると、野田総理が画面の向こうで「命をかけて、増税法案を通します。」と言っていました。

ものすごい、違和感が全身を走り抜けました。

政治家が命をかけるとは?

その政治生命を賭けて、取り組むこととは、、、、。

一国の宰相が、「命を賭けて***な国をつくります。そのためには、今、国民の皆さんの協力が必要なのです。だから増税をお願いします。」と言うのであれば、納得もできます。

増税に命を賭けるのでは、

こんな違和感も感じるのもいたしかたない気がするのです。

今の政治家の実像を垣間見た気になりました。

そんな世界へ、あえて飛び込んでゆこうとする私は、、、、。

ともすれば、選挙活動のみに走ってしまいがちな、この時期ではありますが、

私の政治スタイルというものを変えず、

日ごろの、活動、特にボランティア活動や、政策的な活動の手を緩めることなく、頑張ってゆこうと思います。

これまでは、地域や国のために、という気持ちで取り組んできたのです。

地域から、さまざまな「しくみ」を変えてゆくことによって、結果として必然的に、政治も変わってゆくはずだと思っていました。

つまり、地域活動と国全体の政策形成は総じて同軸にあると、

その活動を推進することによって、真の地域主権国家ができると思っていました。今、橋下徹氏が提唱している統治機構の変換はまさにそれなのでしょう。

今は、それ以上に、現在の政治を変えなければならないという気持ちが大きくなっています。

現在の政治の体たらくを一新しなければ、国民の皆様に申し訳がない、

政治を改革してゆくことも、私の大きな使命として取り組んでゆこうと新ためて意を強くしたところであります。

| | コメント (0)

2012年3月25日 (日)

桜の花が

18日からの一週間は、とにかく慌ただしい一週間でした。

北九州日帰り出張や、東京出張、ばたばたしながら走り去るようにしていた庭に、桜の花が咲いていました。

この寒空の中、

Img_5001

主張の時のかばんを玄関に置き

もう一度、桜のところへ

Img_5002

何も言わずに、たたずむ桜に

「少しは、私をゆっくり眺める気持ちの余裕ももってはどうかな?」と言われているような気がして、

そう考えてみると、結構なおざりにしていることが、沢山ありました。

始めてお会いした方には、必ずはがきを送ろうなどと決めたはずなのに、、、。

毎週日曜日には、その週にやらなければならないことを20項目以上は書き留めています。

そのほうが、仕事の効率もいいのですが、

その20項目があっという間に書ける、つまり仕事が溜まってきている状況なのです。

急がず、急いで。あわてずに、

55歳最期の一週間を、

精神的に充実した一週間にしたいものです。

| | コメント (0)

2012年3月19日 (月)

みんなの党

銀座の歩行者天国、待ち合わせの時間までは1時間ほどあるが、娘の荷物などもあったので、動く気にもなれず、

丁度、「みんなの党」の街頭演説をやってたので、まあ、聞いてみるかあ、てな感じ

しかも、江田幹事長の演説が始まるところだったので、

私は1996年、彼が橋本総理秘書官だったころ、会った事がありますし、テレビで軽快にしゃべるところが小気味よく、

どんな演説をするのかなあ?良いとこはパクッちゃお!と少し期待もしつつ

Img_5000

しかし、彼の街頭演説は、民主党と自民党を批判する話ばかりでありました。

ちょっと残念やなあと思いつつ、続いてマイクを持つ、東京都内から出馬する候補者の演説を聴いていると、

江田氏の演説内容と同じく、民主党と自民党の批判ばかりでありました。さすがに3人~4人続くと

聞いてるほうも、うんざりしてきます。今度は、きっと違う、

つまり、自分はこれから、こういう政治をしたいと語る人もいるはずや!と、それを期待してずっと立ってました。

女性候補者は少しはちがった語りかたをしていましたが、後の7人ほどは、ほとんど内容は同じ、

(1)公務員、労働組合の言いなりの民主党、業界団体の支援のみの自民党、私たちは、特定組織から支持を受けていないから、改革ができるのです。

(2)こんなときに、増税やってる。おかしいじゃないか!

おおむね、この内容で、批判ばかりでありました。

しかし、いい勉強にもなりました。

やはり「非難」と「批判」ばかりでは、聞いてもらっている人の心はつかめないということですね。

若干、寒い中を1時間あまり、立って、聴衆の心を学びました。

| | コメント (0)

2012年3月18日 (日)

息子の披露宴

息子の披露宴が昨日ありました。

29年前、私の、つまり自分の披露宴の時には、ほとんど両親が段取りをしてくれたわけですが、

今回は、息子夫婦が自分たちで段取りして、私たちや親族はお客様、

友人とともに楽しみながら創り込んだという感じがしました。

Img_4964

この4月から、田舎に帰り社業を継承してゆこうと決意し

その旅立ちの宴のような、

息子の同僚や、今の会社の先輩の、涙が

私には、あまりにも感動的でした。

涙しながら「結婚は心から祝福しています。でも白石くんが、退社するのは残念でたまりません。でも、これからも応援します。」そう言ってくれるみなさんと、一緒に仕事をさせてもらっていた、ということに、

父として、感謝してあまりあります。

Img_4969_2

私の友人で大学の同級生、彼の披露宴に私ももちろん出席しましたし、私の披露宴にも彼は出席してくれました。

そして、今回は息子の恩師として出席してくれたのです。時の流れを感じますよね。

また、青年会議所時代の仲間、今、私がお世話になっているみなさん、、、、、。

みなさんとのご縁にも感謝です。

Img_4986

息子とお嫁さんのチーちゃんと私とで歌も、、、、。

ちょっと、やりすぎの感はいざめないところですが、私は大満足です。

息子たち夫婦が、これから大事にしてゆこうとすること、そして人、

それが伝わる、

私が言うのも手前味噌ですが、いい宴でありました。





| | コメント (0)

2012年3月16日 (金)

命を賭けて入る、お湯

そんなに熱くはなく、どちらかと言えば、ぬるすぎるぐらいの温度、

そうでなければ、即、火傷になるぐらいの強酸性、

Img_4958

最初に一緒だった人は、「この前、来たとき、ここを火傷してねえ、、、。」と胸をさすって言うのです。

1時間入っていたそうです。

痛いのなんのって、痛みが頭に突き抜けるようなほどです。

これを、1時間も我慢していたのかと思うと、、、、。私にはとてもじゃないが無理です。

3日目ぐらいから、赤い斑点ができ、そのうちそこに穴があいてしまうそうです。それでも、我慢して入り続けると、だんだん痛みも消えてくるそうですが、

そこまで、ゆくのにまさに地獄の苦しみです。

痛さをこらえられないので、ポールのようなものに、しがみ付いて、痛みを堪えて、その後、這うように風呂から出てゆく人もいます。

ほとんどの方は、ガンを患い、ここへやって来たようです。しかし、他の病気の人もいます。

昨日、一緒だった人が、

「みいんな、必死で入りよるはなあ、」

「なにせ、命を賭けて入りよるんじゃけーなあ!」

ここは、ガンを必死で克服しようとする人の集まる温泉「玉川温泉」

外が白んできた、

Img_4957

今日は、最期の一風呂、頑張ってきます。

| | コメント (0)

雪道を行く

前方から風が起こると、その風の動きに合わせて、雪が舞い上がりながら私の方にやってくる、

風がやってきたその瞬間は、前が全然見えなくなるほど雪花が舞い

その刹那な時間、吹雪のなかに迷い込んだような錯覚にさえ陥ってしまうのです。

道路沿いの雪の壁の上を、舞い上がりながら私に向かってくるのが心地よく

その風が、起こるたびに、

心の中で喜んでいるのです。

Img_4947

行きには、道路沿いの雪の壁は硬く凍っていたので、どうかと思っていましたが、

帰りには、柔らかなところを発見。

さっそく、ここへ来たことの証を、、、、。

Img_4951

自分の名前しか書く題材が浮かばなかった、自分自身の発想に、若干の恥ずかしさを感じつつも、「とおる」と書き込んでおきました。

Img_4952

なんと、書き終わったときに、おばあさんと遭遇、

しかも、その方から、シャッター押してあげましょうか?と声をかけていただきました。

出発するときに、「足元がすべるから気をつけてね!!」と声をかけてくれた、おばあちゃんでした。

そういやあ、ここへ来てから、廊下で会う人、風呂場で会う人、どこで会っても「こんにちは」「おはようおざいます」と声をかけるようにしていましたが、

そのおかげですかねえ、

この前の土曜日の高見知佳さんの童話の朗読「おかげさまで」を思い出しました。







| | コメント (0)

2012年3月15日 (木)

787

カッコいい!!

先日、始めてボーイング787に乗りました。

ご覧のとおり、室内はLEDで、雰囲気レインボーです。

Img_4935

収納も、工夫されてるし、

なんか居住性は、今までとはダンチですね。

JALと、どんどん差がついてるんじゃないかな。どこから差がつき始めたのかわかりませんが、

企業の差というものは、いつの間にか、どうしょうもないほどついてるんでしょうね。

やはり、自分たちの危機意識と、日々の改善に向けての取り組みの積み重ねなのでしょう!!

これは、どんな活動でも同じなのでしょうが、なかなか実行に移すことができないままいることが多いものです。

| | コメント (0)

パン

家内がいないと、パンの焼き加減さえわからない私であったと自覚できました。

息子の引越しの手伝いで、家内不在、

朝食を自分で作って、

作ってと言っても、パンを焼くのみ、こんなもんかなとトースターのタイマーをセットしてテレビを見てると

パンがこんがり焼けた、いい香りがしてきたので、食べようと取り出すと、、、、、。

Img_4943

かなり焼けすぎ、

と言うより、炭に近い状態でした。

まあ、仕方ないワイ!!と、苦めのパンをほおばりながら、

すこし情けない朝のスタートでありました。

| | コメント (0)

2012年3月14日 (水)

父とともに

何度かこの路線を使って東京にやってきましたが、初めて富士山をしっかり見ることができました。

その後、太平洋の日の出も、、、、。

Img_4945

父の形見のように思って、冬場には使っているポロシャツ(?)それを着て、そして、オヤジが使っていたチャンチャンコをバッグに入れて、出発しました。

父親を生前連れて行った「玉川温泉」ガン患者の人が必死に通っている温泉湯治場です。

父が亡くなった翌年、父の友人であった高橋さん(すでに亡くなっています)を連れてきて以来かもしれません。

なんとなくオヤジを連れて行っているような気持ちで出発しました。

Img_4946

朝、東京駅で東北新幹線に乗り換え3時間ほどで田沢湖駅、そこからバスで1時間20分ほどで到着です。

思ってたよりも寒くはないですが、それでも、雪はすごいですね。

| | コメント (0)

2012年3月13日 (火)

これからの震災ボランティア

短い時間ではありましたが、中身の濃いセッションになったと思います。

それぞれのパネラーの持ち味がでて、

企業、行政、個人、そしてNPO、ボランティア団体の各セクターが連携を強化しながら、現地の多様なニーズに応えて行く方向性が見えてきたような気がします。

また、今回の震災に対してのボランタリーな活動を通じて、この新居浜市全体に、新たなまちづくりの気運を醸成してゆくことができるのではないかと思うのです。

パネルディスカッションを終えて、15:00から17:00までの2時間、イオンのご理解をいただき店内で災害救援募金活動を行いました。

昨年から始めて、段々無関心な空気を感じていたのですが、

その日は、すこし違っていました。

子供にお金を持たせて募金をすすめる親、

Img_4940

えっ!!と思うような、ツッパリ風の若い集団が、自分の財布から小銭を取り出して、、。

「頑張ってくださいね。」と声をかけてくれるご婦人、

無視して通り過ぎたと思ってたら、引返してきて募金をしてくれた、若い女の子たち、

やっぱり、新居浜はいい街なんです。そして、こんな活動でも続けながら、みなさんの心にボランティアの気持ちの灯を、ともし続けなければならない。

そう思えた一日、そう思えたフォーラムでした。

あらためて、感謝です。

| | コメント (0)

2012年3月12日 (月)

3,11

3,11多くの人々の胸に刻まれた、、、、。

イオンホールで「震災1年、今後の震災ボランティアを語る」と題してパネルディスカッションを行いました。

東京から駆けつけてくれた篠原社長(ショップチャンネル)は企業として東北の商店を支援するとともに、個人としても現地へおもむきボランティアを続けています。

渡瀬さん(イオンモール)は、現在は新居浜店に勤務していますが、当時は亘理(仙台空港付近)に勤務し、そこで震災を体験しています。

工藤さん(新居浜市)は市行政として、震災ボランティアに支援してもらってますし、市としても職員の派遣など東北の自治体への支援も行っています。

岡内さん(70歳)は、個人として何かしたいと、NPO法人を通じて現地へ、その後、ガレキの処理などのボランティアには重機の運転免許が必要と、免許を取得し、また、現地へ行く、ガッツのあるボランティアです

正村くんは昨年の5月からず~っと、現地で仮設住宅への支援活動を続けている、筋金入りのボランティア、平成16年の新居浜での大水害の時にもボランティアとして来てくれていた人です。

そして、わたしは新居浜災害救援ボランティアネットワークの代表として参加しました。

さて、どんなセッションになってゆくのでしょう?楽しみですね。

Img_4936

| | コメント (0)

2012年3月11日 (日)

たいせつなこと、たしかなこと

3月10日NPO法人自遊楽校あるここ、主催の東日本大震災復興支援チャリティー企画「たいせつなこと たしかなこと」がイオンホールで開催されました。

第一部が朗読とトーク「たいせつなこと」

高見知佳さんの朗読に荒井仁美さんのピアノ、

彼女の朗読の「花咲き山」が印象的でした。麓の村の人々が、何かいいことをすると山で花が一つ咲くのだそうです。

「木の葉」の話では少し泣けてしまいました。命のつながりの話です。

Nec_0288

第二部は歌とピアノとトイピアノで綴るコンサート「たしかなこと」でした。

今久保宏美さんのすばらしい歌声、心の奥にまでとどいてくる感じでした。また、歌の心根を感じさせる表情、、、。

畑 奉枝さんのすばらしい演奏、トイピアノが奏でる何ともいえないノスタルジックな音色

お二人のユニット名は「RINTOCCO」です。時を告げる鐘の音を意味するそうです。

特に最期の曲、畑さんの作詞作曲「たしかなこと」

すばらしい曲です。聞きながら涙してしまいました。

Nec_0287

コンサートが終わって、トイピアノを触らせていただきました。これ以外にもグランドピアノ風のものなど、4台のトイピアノとピアノを同時に弾きこなす畑さんの姿がすばらしい。

高校のときにコンサートを見に行った「イエス」のリックウエックマンの姿と重なって見えました。

「RINTOCCO」感動のライブでした。

CDの発売などがあれば、ぜひとも購入させていただきたいですね。


| | コメント (0)

2012年3月 7日 (水)

銭湯ライブ

いよ西条 湯之谷温泉のリニューアルオープン前の試食会にご招待いただき、出かけてきました。

落ち着いたデザインの中でゆったりとした、くつろぎの空間を感じます。

いただいた料理も、料理長が腕をふるって提供してくれた、地元食材の数々、、、。

また、その創作料理が絶品でした。

丁度一緒に、寺田夫妻も招待されてたようで、

Img_4927

久しぶりに会ったもので、会話も弾みます。(でも、いつも、仲のいいご夫婦ですよね。)

料理もさることながら、前に大浴場だったところが、

なあんと、音楽ホールになっているのです。すごい!!

それと、皆さんが休むスペースの片隅に、ギターが置かれていました。その部屋の音響も抜群です。

オーナーの藤田さん曰く、「銭湯ライブ」を企画するそうです。

思わず!!「私も来ま~~す。」と言ってしまいました。

それから、オーナーとは音楽の話ばっかし、

音楽はいいですよね~~!!人と人との垣根を瞬時に取り払ってくれます。

西条にいい、旅館ができました。

湯之谷温泉、今度は泊まりに行きたいですね。

| | コメント (0)

2012年3月 5日 (月)

小泉進次郎氏来る

3月4日、14:30からの講演でしたが、新居浜文化センター前には、12時過ぎからもう並んでいる人が、、、。まさに小泉人気です。

私も来賓として挨拶をさせていただきましたが、

その挨拶のなかで、震災直後、本人が直接タンクローリー車に乗り込み現地へ行った話しをしようと思い、

しかしながら、本人のブログのどこにもそんな記述がないし、インアターネットで調べてもでてこないのです。

私は先月新居浜に来てもらった、小野寺五典先生から聞いていたのです。

開演前に、進次郎さんに、震災直後に被災地にタンクローリー車で乗り込んだ話を本人に確認をしたところ、

本人は「行きました、だけど自分のほうから言うようなことではないので、、、、。」と言うのです。

私にとって、もう一つの小泉進次郎代議士の魅力を垣間見た気がしました。

P3041822

期待通り、はっきりした政治姿勢と、ご自分の考えを持たれていることが、よくわかりました。

P3041835

「絶対、批判はしません。してはいけないと思うのです。」と言う、彼の政治信条が多くの人の共感をいただけるのでと思います。

Img_4920

講演後の質疑応答も、即答するさまが、心地よさを皆さんに与えてもらったのではないでしょうか?!


| | コメント (0)

2012年3月 3日 (土)

修復は芸術か技術か?

先日の仙台でのバリアフリー観光全国フォーラムの時に、メンバーから誘われていた、TOSO館さんの、リフォーム現場へ出かけました。

一路、九州嬉野温泉へ

歴史のある旅館の客室を、営業しながらリフォームしているのです。2日で5部屋を完成させてゆくというのですから驚きです。

しかも、以前からそれに関わっている只石社長は私に「障がい者の雇用の場にするんだ!!」と言ってはいたものの、

そう簡単には、できるもではないと思っていました。作業をしている客室の前には車椅子があるのです。

そう!肢体不自由の人が熱心に作業をされていました。もうベテランです。

しかも、作業しているみなさん、目の輝きが違うのです。

部屋によっては、部屋の小物、机、椅子、置物まで、直してしまうのです。

Img_4911

下の写真、60年たった障子の建具に見えますか?

Img_4913

しかも、作業が終了した部屋では、ほんのりと木の香りがするのです。

Img_4915
木に水を与え、もう一度息をさせてるので、木の香りがするんですよ!!と話してました。

その夜、作業をしている人やTOSO館の専務、只石さんたちと食事会を、

そこでは、修復は技術としてまだ認められていない、とか、、、

しかし、芸術としてもどうでしょうか?とか、

すでに、美術品を多く修復している実績もあるのに、、、、、。といった話に沸きました。

私は再生技術として、その分野を確立することができると思うのです。

翌朝早くに出発しましたが、私にはすごい勉強になりました。

すばらしい技術と芸術の狭間で、障がい者の方が、目一杯仕事ができたら!!と久しぶりに夢の広がる現場を見させてもらいました。

PS、前の夜、夕食を終えて部屋に戻る道中、フロント近くで、懸命に後片付けをしていた若い女性がいました。

翌朝6:30に朝食にでかけるときにはその女性は、もう玄関で仕事をしていたのです。旅館を出発のときに見送ってくれたので、名札でそこの社長の娘さんだとわかりました。

頑張ってますよね。

有難う御座いました。と私たちを見送ってくれたその子の笑顔が印象的でした。




| | コメント (0)

2012年3月 2日 (金)

うどん

西条に、すっごく美味しい、うどん屋さんがある。しかも、

木曜日、金曜日、土曜日しかやってない、と言うのですから行くしかない!!

その話をしてくれた、明比さんと、その場に居合わした、中野内さん、中野内さんも木曜日なら行けそうというので、あっさり決定!!

家内や、加藤さんも一緒にいざ、西条へ

なかなか、知ってる人でないと行けないような道を、伊曽乃神社の奥へと、、、。

ありました!!「結結庵」

さっそく入ると、新居浜の人もいらっしゃっています。

自由に取れる、「金柑」と「こんぶ」これがまた美味い!!

Img_4908

出来上がって、さっそくいただきま~~~!!

Img_4909_2

いやあ~~!!明比さんの言うとおり、旨い。

あっという間に、ツルッと食べて「おいしかった~~!!」

西条の明比県議の奥さんとばったりお会いしました。

満足顔で、みんなで!!

Img_4910

注、営業時間は11:00~14:00です。しかも、うどんの玉が無くなると終了だそうです。


| | コメント (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »