« 出会いを求めて | トップページ | 総務大臣表彰祝賀会 »

2011年12月 9日 (金)

新潟駅前

雨がしとしと降る、結構寒い駅前に、子供が数人、

私が歩いていると、一人はパネルを持って、一人は募金箱を持って、駆け寄ってきました。

あっ!!東日本大震災の募金活動だな、と思いその子を見ると、

Img_4122

一生懸命、何かを言おうとしてるのだけど、言葉がうまく言えないみたいで、、、。

女の子の方が、「本を送ってあげたいんです。」と、

「わかったよ!募金するね!!」と募金箱にお金を入れると、

片方の男の子が「僕達で作ったお米なんです。食べてください!!」と、写真のお米を手渡してくれました。

今でも、手渡してくれる時の、その子供の、まなざしが目に浮かびます。

そのお米の袋には、「本気の光米」生産者、新潟県十日町市立吉田小学校5年生18名、

と書かれていました。

寒空の中、見ず知らずの人に自分達の作ったお米を、渡すこの子達の気持ちが伝わってくるのでした。

その後、東京を経由して、新居浜へ帰って

もう一度、そのお米の袋を、しみじみと手にとって見ています。

お米を眺めているだけで、

子供達の一生懸命な農作業の姿や、出来上がった時のみんなの笑顔が浮かんできます。

国益をどうのこうの、とかいう議論を政治家はやっています。

ほんとうの国益とは、この子供達の「心」を守ってゆくことが、真の国益につながるのではないでしょうか?!

日本のかけがいのない文化や伝統を、さらには古くから脈々と受け継いできた「日本の精神」大和魂を守ってゆくことが日本の、真の国益を守ることになるのではないでしょうか?!

米はまさに、日本の文化です。そこには、作ってくれた人への感謝の気持ちがあるのです。

私達が、次の世代へ残すべきものは何なのかを考えれば、国益とはなんぞや?という議論の行き着くところが見えてくるのではないでしょうか?!

|

« 出会いを求めて | トップページ | 総務大臣表彰祝賀会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 出会いを求めて | トップページ | 総務大臣表彰祝賀会 »