« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月29日 (火)

二人の選手宣誓

日曜日、朝から、二つの大会の開会式に出席しました。

一つは、愛球会チャリティー大会、野球の大会ですが、この日の大会は、チャリティーなので、エラーをすると募金しなければなりません。

選手宣誓は、「今日だけは、喜んで進んでエラーをしましょう!!そして、笑って、チャリティー募金にご笑納しましょう!」というものです。

その20分後、今度は市民体育館で、日光杯レクバレー大会、

今度の選手宣誓は、「感謝の気持ちを持ちつづけながら、一日プレーをしましょう!!」というものです。

私には、この二つの大会の選手宣誓が、妙に、脳裏に焼きついたのです。

笑って、進んでやる!!

感謝の気持ちを持って!!

そういやあ、今の社会は、バラエティー番組などで笑うことはあっても、

笑って行うことは少なくなっているのではないでしょうか?!

笑取引、笑動買い、、、、、。

感謝の気持ちも、その場限りが多くなりました。

社会が、こんな時だからこそ、

本来、日本人が持っていた、いいところを取り戻さなければ!!

| | コメント (0)

2011年11月24日 (木)

白いも収穫祭

白いも収穫祭,、毎年11月23日に行ってます。

今年も、すみれ保育園の園児のみんなや、先生方、それと白いものオーナー会員のみなさん、総勢130人ほどの、みんなで賑やかに芋ほりをしました。

Img_4060

なんとか天候の方も、パラリとくる程度で、

Img_4061

少し、やっても、やっぱり芋ほりの、手堀りはしんどいですねえ!!

みかん狩りも、楽しく終えて、

新しいフェーリーで帰路、

Img_4073_2

今年も島の、白石さん、池田さん、上野さんの随分お世話になりました。

80歳を超えるお二人と話しながら、

私も白いもの活動をし始めて、早、10年を超えるのかと、

なんとなく、改めて大島に愛着を感じるひと時でした。

みなさん、ありがとう御座いました。

| | コメント (0)

2011年11月21日 (月)

大物産展その4

いい天気、気仙沼からやってきたみんなも頑張ってます。総勢10名内女性6名です

Img_4043

大正琴の琴扇姫会のみなさんも、さむ~~!!と言いながら、、。

Img_4046

そのほかにも、ユッキー、ブラックアベニュー、ヤマハ音楽教室、グリッスン、ブラウン、新居浜高専奇術部、etc

エンディングが近くなって、気仙沼のみんなと記念写真

Img_4047

そして、エンディングが、ガスポネーションのゴスペルです。これは圧巻でした。

Img_4051

てなわけで、今回のイベントは大成功することができました。ほんとにみなさんのおかげでです。

| | コメント (0)

大物産展その3

いい天気、さっそくステージでは、新居浜警察署による安全講習です。タイガーマスクが説明してくれます

Img_3996

ちょいと、私のライブなども

Img_4026

一回目の抽選会、アンパンマン列車が新居浜駅に到着するのに合わせて、抽選会が始まります。森田駅長カッコいいですよね

Img_4039

ステージではどんどんイベントが続きます。おっ!!田坂さんのトランペット

Img_4041

| | コメント (0)

大物産展その2

いい天気、朝7時から、出展各社も参加して準備スタートです

Img_3989

新居浜高専のみなさんも、早朝よりSLの準備と点検に頑張ってくれてました。

Img_3991

警察署からも、白バイやパトカーの展示

Img_3992

シルバー人材センターのみなさんは早くも、もちつきスタート

Img_3993

| | コメント (0)

新居浜お宝、再発見

「新居浜お宝再発見、大物産展in新居浜駅前」と題した、今回のイベント、

新居浜には、こんなものもあった、とか、こんな人も、こんな場所も、、、、。

そんな新居浜のお宝を再発見してもらおうと企画した物産展です。

前日とは、打って変わって、嘘のように快晴で、少し寒くはありましたが、ずいぶんのみなさんの来場をいただきました。

ボランティアで参加してくれた、南高や商業の生徒のみなさん。またSLを運営してもらった新居浜高専のみなさんやJRの関係者のみなさん。そして、市内のボランティア団体のみなさん

そして、イベントステージに出場してくれた、多くのみなさん。総勢で100人を超えるみなさんに、いろんな発表をしていただきました。

物産協会の実行委員会のみなさんや、事務局のスタッフのみなさんにも、ずいぶん頑張っていただきました。

遠く気仙沼から参加してくれた、10人のメンバーが笑顔で新居浜を出発するのを見送れたことは、今回のイベントの大きな収穫でもありました。

そして、なによりも、貴重なのは、来場者と出展者や、出場者との繋がりができることです。

とにかく成功裏に終わりました、今回のイベント、

みなんに、感謝であります

Img_4000

開会式典の後は、自転車の出発式です

Img_4015_2

気仙沼から来た、石渡さん、

Img_4022

| | コメント (0)

2011年11月19日 (土)

雨中の準備

土砂降りのなか、明日のイベントの準備をしてくれていました。

いよいよ、明日は「大物産展in新居浜駅」です。

Img_3985

土砂降りの中、ずぶぬれになってテントの設営をしてくれたみんなのおかげで、雨も上がりました。

明日の天気は期待できそうです。

たくさんの人が来てくれるのを待つのみ!!

| | コメント (0)

2011年11月18日 (金)

菅田公民館

先日、大洲の菅田公民館のみなさんの訪問をいただきました。大洲の菅田といえば、今年の台風被害を受けた地域でもあります。

訪問のテーマは、大島での白いもの取り組みについてです。

Img_3974

私も聴衆を前にしての話は久しぶりです。なにせ、最近は街頭での演説ばかりなので、、。

P10000042

でも、みなさん真剣に私や、私のところの男子の話しに耳を傾けてくれました。

P10000142

研修会の終わりの方、どなたかの「島はイノシシはどんなぞ?」の質問からは 、イノシシ駆除の話に盛り上がりました。

いろんな対策についても教えて頂きました。

研修の後、みなさんで、焼酎を買っていたいただき、感謝!!です。

バスを見送りながら、

いい人ばかりだったなあと、自分に語りかける私でありました。

| | コメント (0)

2011年11月17日 (木)

中島物語

先日の中島で、忘れることのできない話があります。

ヒデさんと、家内と、三人旅

Img_3911

せっかく自転車で、島を一周するのなら、島のとびっきりいいところを見ながら走りたいと、民宿の女将に、教えてもらいました。 

Img_3913_2

1000年 楠や、大漁地蔵、、、、。いろいろ教えてもらった、その話の中で、

Img_3927

夏の産卵期に、大量の「かに」が山から一斉に下りてくるというのです。ただそれだけでは物語になりません。

8月の産卵期の前に、まず、オス蟹が山から下りてきて、海岸をくまなく調査するのだそうです。

そして、安全を確認したところで、一斉にメス蟹が山から下りてくるのだそうです。

そして、メスは産卵します。

オス蟹はずうっと、メス蟹が産卵し終えるまで待っています。そして、産卵し終えたメス蟹が海岸まで帰ってくると、

そこからは、オス蟹が、産卵でへとへとになったメス蟹を抱えて山へ帰ってゆくのだそうです。

ところが、産卵の時に、魚などの外敵に襲われ、命を落とすこともあります。

蟹は必ず、つがいだそうで、もし、メス蟹が帰らなかったとしても、

オス蟹は、ずうっとそこで待っているのだそうです。

メス蟹が行ってから、2ヶ月間は、オス蟹はそこを、離れようともせずに、ずっと待っているのだそうです。

悲しい話ですよね。

でも、そこには強い絆を感じます。

夫婦の絆、家族の絆、友人との絆、

中島へやってきて、私は、その島の景色にも感動しました。また優しい島の人々の心遣いにも感動しました。

でも、そのどれかを忘れてしまうことがあったとしても、心に強烈に焼き付けられたこの蟹の物語は、忘れることはないでしょう。

| | コメント (0)

2011年11月15日 (火)

タオル工場見学

友人が東京からやってきて、タオル工場を一緒に見学しました。

私も、タオル業界というものは、まったく知らない世界ですので、興味深々です。

到着した丸山タオルさんでは、すでにピンクレディの二人の写真をもとにした、織物を完成させつつありました。

Img_3962

丸山タオルさんの特許と聞いています。

Img_3961

写真で撮ったものをリアルタイムに、その場でプリントが浮かび上がってくるのです。

製造工程などを、見学させていただいたあと、丸山社長から、タオルについての話を伺いました。

日々、新たな触感のタオルをつくる研究をされている、熱のこもった社長の話は、時間が過ぎてゆくのも忘れさせられるほどです。

糸一本の、ねじり具合、

それも、一ひねり、一ひねり半、とか、極めて細かい手の加え方で完成されたタオルが微妙に手触りが変わることが理解できました。

丸山社長のものづくりへの情熱に、一同、感動!!です。

次にお邪魔した(株)田窪さんでは、河合専務から、商品コンセプトから、世界で一番を目指した取り組みを聞かせていただきました。

彼は、世界一のものづくりを進めるための、糸の選択と、それを織る技術を持った企業とのマッチング、

そして、その商品企画に向けた、すさまじいほどの情熱を感じました。

この日お会いした二人に共通しているところは、

自分の仕事に、大いなる誇りをもって取り組んでいるところだと感じました。

仕事に誇りを持つという、

基本的なところを、忘れかけていた私自身に、ハッ!!と気づきをあたえてもらいました。

情熱と誇りをもって、

改めて、自分の目標に向かって突き進まなければならない!!と

そう思いながら今治を後にしたのでした。

Img_3968

| | コメント (1)

2011年11月13日 (日)

国としての決断

TPPへの実質的な参画が、本格化してきました。

ただ、野田総理の記者会見は、あまりにも具体性が欠け、どのように自分で考えているかは、汲み取れないような、ものでありました。

その証拠に、民主党の山田氏は、首相の記者会見の後でさえ、TPP参加を表明したのではないと言っています。

私は、今回のTTPへの参加の表明までの、政治パターンに、強い不信感を抱いています。

当初、野田総理は「十分、議論したうえで決断します。」とおっしゃってました。

今回の民主党内のドタバタ劇を見ていますと、十分議論してから決断をすると言った、総理自身は、議論の中には入らず、

政党、つまり民主党内部で議論するのを待ち、その議論をみすえたうえで、自分の考えを伝えるという手法です。

つまり、もともと用意していた総理本人の結論を、できるだけ先送りにして、発表する段階に、反対派に考慮した言い回しをすることによって、民主党内部の取りまとめを行ったにすぎないわけです。

そこには、総理自身のTPPに対する不退転の決意というものは微塵も感じません。

言葉では「農業は、守る」とは言っているものの、

話の中に、その戦略のかけらも出てきません。

野田総理の言葉には、衆議院選挙の際の鳩山総理の「最低でも県外!!」の言葉が不思議と、ラップしてしまうのです。

ほんとうに、今後の日本のことに責任を取ってゆくつもりなのか?!

逆に小泉首相の郵政民営化のときのように、首相、自ら、方針を発信し、国会においてその是非を議論する方が、現在のリーダーシップの取り方としては、いいのではないでしょうか?!

政治主導を目指しているのであれば、政治主導で、自由貿易の戦略的な施策について、大いに議論をしていただきたい!!

そして、総理の強いリーダーシップを発揮するのであれば、自分の考えを、冒頭に国民に投げかけ、

自分の考えに対して、おおいに議論してもらうような、

強い責任感をもったパターンで、国民に訴えてもらいたいと思います。

野田総理の言う、しっかりとした議論とは、民主党内部の調整を主体的に行うための議論ではなかったのか?!

国としての決断がこのような形できめられることに、強い違和感を持ちます。

これで、民主主義における政治主導の政治と言えるのでしょうか?!

野田総理には、今一度、政治主導をどのように実現してゆくか?

そこから、始めてもらいたいものです。

| | コメント (0)

2011年11月11日 (金)

草ののびる音がする、、、。

「とても静かで、草ののびる音がする、、、。宝山亭」こんな民宿があるよ、とパンフレットを見せていただいたのが2ヶ月ほど前、

見せてくれたヒデさんに、一緒に行きますか?と、

さっそく行ってきました。

松山市の中島、

まさにみかんの島でした。そしてまちがいなく過疎です。

しかし、そこには、さまざまな中島物語がありました。

新居浜からヒデさんの自転車と、家内のと、私の、3台の自転車を車に積み込み、やってきました。

なにせ初めてですから、ウキウキです。

Img_0588

まずは、宝山亭の女将、小田美恵さんから、中島一週のなかで、見所は?と教えてもらいました。

Img_0859

見所を聞いてから、出発です。

私達の中島物語の始まりです。

Img_0934_2

午後1時半ごろに出発して、島一週 を終えたのは5時ごろでした。

| | コメント (0)

2011年11月 9日 (水)

文化祭

日曜日は、各校区の文化祭にお邪魔しました。

地域のみなさんが、腕をふるって、出展している作品を見させていただきました。

私は「書」が好きなもんで、どうしても書道の展示のところに目が釘付けになるのですが、どれも、素晴らしいできばえです。

また、文化祭の展示や、当日の販売なども、皆さんが懸命に頑張っていると、すぐわかるところです。

婦人部のみなさんや、愛護班の方、

みなさん、一生懸命お世話をしておられますね!!

Img_3910

Img_3909

| | コメント (0)

2011年11月 7日 (月)

財政出動

震災以来、さまざまな経済学者の本も読み、講演にもでかけてみました、

経済学者によっては、増税派と反増税派、円高容認派もいれば、円高阻止を第一に考える人、

また、デフレに対する対応も、デフレギャップを埋めることを唱える人、生産労働人口を実質増やすことを(女性の参入によって)を唱える人、さまざまです。

これまで、これほど、いわゆる経済学者という人々の意見が、ま逆に出された時代もないのではなかろうかと、思われるほどの状況です。

私の結論は、財政出動による景気対策を第一とし、

その財政出動の公共事業の対象を、国会において十分に議論してもらいたいと思うのです。

公共事業には、当然ですが、インフラ関連事業から、教育、福祉医療、等さまざなジャンルへの投資が可能ですが、

子供手当てのような、所得移転にしかならない事業は、だめですね!!

やはり、将来のための投資になるようなもでなければならないと思います。

そして、現在の日本の状況に合った公共事業のジャンルをきめることが重要です。

中国は50兆円におよぶ、公共事業を中心とした内需拡大策によって、いち早くリーマンショックから立ち直り、GDPの成長率も高水準で維持しています。

アメリカもグリーンニューディール政策によって、なんとかリーマンショックを切り抜けました。

日本は麻生内閣の時に行った、エコカー減税やエコポイントなどの景気浮揚策のみで、なんとか支えてこれました。

民主党政権になってからは、まったくの無策です。

東日本復興はもとより、日本全体を復興するために、大規模な財政出動が必要なのではないでしょうか?!

| | コメント (0)

国土強靭化総合調査会

自民党本部で「自由民主党国土強靭化総合調査会」が開催され、そのレポートが届きました。

開催するのちょっと遅いんじゃないかと思いつつ、趣意書や、第1回の開催内容を見てみると、

京都大学、藤井聡教授の1時間の講演でした。

それだけで、もう嬉しくなりました。私は藤井聡教授のファンです。まだ、会った事はありません。

藤井教授の「列島強靭化論」~日本復活5ヵ年計画~(文春新書)は、すでに2回読みました。

読書の不得手な私が、2回読むほど、興味がそそられる内容だったのです。その他、藤井先生が対談したり、雑誌に投稿したりしたものは、出来る限り読んでいます。

そんなわけで、自民党が調査会で、藤井先生の講演会を開催してくれたことは、ありがたい。

早急に、いい調査報告書をだしていただきたいものです。

第二回の講師が政治評論家の森田実さんでした。

森田実さんの講演は聞いたこともあるし、著書も読ませていただいてます。是非、聞かせていただきたいところですが、どうも東京までは行けそうもありません。

次の報告書を楽しみにしておきたいところです。

野田総理に代わって、少しはよくなるかと思っていましたが、復興増税やTPPなど、どうも彼の考え方には、賛同しかねます。

そうしなくても、十分将来に重石を残さない方法もあるし、国際社会で立ち遅れない手法は取れるはずです。

そのあたりを、強く、自民党から世論に向けて発信してもらいたいですね。

スピード感のある、調査会結果のとりまとめを期待しております。

| | コメント (0)

2011年11月 5日 (土)

演芸大会

多喜浜校区の演芸大会が開催されました。今年で4回目ぐらいかと思います。初回からずっと招かれて、お邪魔しています。

昨年は随分寒かったのですが、今年は温かでした。

団体で参加する方、

Img_3900

また、のど自慢の個人参加の方、

踊りもあり、

趣向がこらされたステージが続きます。

Img_3903

ステージの演出も、昨年はなかった、スモークも!!

一瞬、ステージが全然見えなくなってしまうほどのスモークです。山内くんが歌ってる、

でも、見えないときのワンショット。

Img_3906

特別な衣装で歌う人も、、、、。

手作りの演芸大会は、あっという間に終わってしまいました。楽しかったです。

最後の抽選会の、そのまた最後に、地元のおじいちゃん(尾崎さん)がつくった米を提供いただき、その抽選がありました。

私もステージで抽選をしてましたが、内心、これが一番欲しかった!!BUT、当たりませんでした。

おじいちゃんが引いた抽選が、奥さんにあたったのが印象的でした。結ばれていますね。

なごやかな、温かみのある、

演芸大会でした。

設営にご苦労された、体育振興会のみなさんや、公民館のみなさん、ご苦労様でした。

| | コメント (0)

2011年11月 3日 (木)

何故か多々羅大橋

随分前になりますが、書き忘れてたので、

多々羅大橋が随分気分よく走れたことを、

Img_3709

そして、斜張橋の橋脚のところに、「鳴き龍」が潜んでいることを

Img_3711

多々羅鳴き龍の看板の横に、オ!!オオー!!

龍のような、ドラゴンマOミーが!!

Img_3721

ドラゴンが背後から走ってくる気配を感じながらも、平静を装って前向きに走る私でありました。

平静を装いながらも、背中はすこし丸まっているのです。

| | コメント (0)

阿南市長選挙

久しぶりに、阿南市に行ってきました。改めて阿南までが速くなっているのに驚きました。

高速道路が無い頃には、徳島まで3,5時間、徳島から阿南まで1,5時間、合計5時間はかかったと思いますが、今は阿南までで、2時間で着いてしまいます。

今回は、岩佐市長からの依頼で市長選挙の応援演説です。三期目を迎える選挙ですが、現在のところ、対立候補はいません。

8年前の初めて彼が市長に挑戦した時に、県会議員として応援に来ました。大激戦のなか、なんとか彼が競り勝ったのです。

それまで50年間、市長が交代する時には、市の助役が市長になるという繰り返しであったところを、打ち破ったわけであります。

二期目の選挙では、無投票でした。今回もその様子なので、、、、。と思っておりましたら、どうしても来てくれということで、

この日は、メインスピーカーとして、有馬晴海さんが来ておられました。

Img_3875_3

岩佐市長の挨拶の後、彼から紹介され、まずは私です。

Img_3883

そして、有馬晴海さん

彼は政治評論家として、結構テレビにも出演しておられます。「たかじんのそこまで言って委員会」などなど、、、。

Img_3894

さすが、分かりやすく、すうっと頭に入るように話してくれます。私は以前にも、東京で会っているし、彼の日ごろの話にも、同感できるところばかりなので、楽しく聞かせていただきました。

近々に本を出されるそうなので、是非とも読ませていただきたいと思います。

その会の後も、岩佐市長を囲んで、数人で食事をしながら懇談しましたが、有馬氏からは、普段では聞けない政界の裏話を聞かせてもらい、

逆に、与野党含めて、現在の政治のふがいなさを感じるところです。

まあ、とにかく、阿南からの吉報を13日には聞きたいものですね。

| | コメント (0)

2011年11月 2日 (水)

ボランティアのご褒美

片付けを始めれたのは、もうすっかりあたりが暗くなってからです。弁当を仮設住宅から出て来れない人のところへ配達したり、

これまで、お世話になった人のところへ持っていったりしてるまに、ほんと真っ暗になってしまいました。

車のライトを二台分つけて、

その明かりをたよりに片付けです。

Img_3850

ようやく食事の場所にたどり着いたのが夜の9時前、

ラストオーダーが9:30、閉店が10:00ですから、大慌てで食べました。

それでも、参加してくれた鮪立児童館の先生からいただいた、ハンカチを手にすると、もう食べることもそっちのけで、

「宝じゃーーー!!」とばかりに、みんなで回し見です。

Img_3863

鮪立児童館の子供達が、私達に寄せ書きをしてくれたのです。そのハンカチを持ってるだけで、嬉しくなってくるのです。

まさに、ボランティアのご褒美ですね。

Img_3867

最後にみんなで、、、、。

私はこれで帰りましたが、

この後、前に寄ったホルモン屋さんへ、行ってにぎやかにやったメンバーがいます。(うらやましい!!)

| | コメント (0)

ボランティアIN気仙沼その2

楽しい仲間

井上君も息子を連れ、私も、そして篠原くんも、3親子が参加は初めて、

綿菓子を懸命に調整してるのは、久しぶりの参加の加地くん

Img_3841

さらには、地元からも岩手さん、ありがとう御座いました。とにかく明るいお母さんでした。

全てのボランティア参加の森本さん、初参加の松山からの松下さん、

みんな、笑顔がいいですよねえ。

Img_3842

毎回ですが、クックチャムの皆さんは、着くや否や、黙々と作業を、

おっ!!その中に青野君も、

Img_3843

市議の大石君、永易君も当然頑張ってました。

そして、中心メンバーの兵頭くんも、

だれが支持するわけでもなく、休もうともせず、笑顔で頑張れるのですね。

これで、19時間かけて、新居浜から走ってきた直後ですから、、、。昼ご飯も取らずに、

| | コメント (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »