« 新報道2001年 | トップページ | 明後日になりました »

2011年4月26日 (火)

菅総理が辞めてよくなるか?

菅総理に非難の声が、高まっています。当然のことと私は思っていますが、

それじゃあ、菅総理に辞めてもらって、よくなるかということを考えると、見えてこない!!

菅総理のこれまでの、言動から、私が感じるのは、すべての責任に関して、自分の責任を明確にはせず、その場を切り抜けてゆく人だなということです。

言葉では「今の責任を全うするために、全力を尽くしてゆきたい、、、、」とは言っていますが、その責任を全うする部分が、具体的にまったく感じられない!!

政治主導を率先して推進してゆく立場にあるトップリーダーがこれでは、情けないのではないでしょうか?!

しかし、ある意味、菅総理はダメ政治家の一般的な姿を象徴しているようなもので、

彼が、続けることによって、政治自体に対する不信感が、国民の中に広がっているのは事実です。

そこには、民主党や自民党という区別もなければ、政府与党、野党の区別も無いわけで、

菅総理続投のダメージを一番受けるのは、実は、自民党かもしれないし、志の高い、政治家の人たちかもしれません。

で、菅総理が辞めて一番ほっとするのは、やはり、民主党の政治家ではないでしょうか?!

結局、菅総理が辞めても政治家の内部的環境変化でしかないのではないかと危惧します。

菅総理に辞めてもらうことは、是非とも早期に実現してもらいたいところですが、

その後の、総理の人選は、いっそのこと、政党調整抜きにして、国会議員全体で、公開討論会もしくは、公開弁論会を開催して、

個人の立場で、その総理候補者の考えや政策を聞き、自分の意思で総理選びに、一票を投じるように、してはどうだろうか??

その上で、日本国、緊急復興内閣を各党大連立で組織し、3ヶ月程度で、期間限定の復興施策を策定し、

その後、解散総選挙が、順当だはなかろうかと思います。

あくまで、私の私論ですので、実現は難しいでしょうが、そうすれば、民主党にも起死回生の場面はあるかもしれないし、

他の政治家も、その期間、懸命に働いてもらうことによって、日本が復興の道を、心をひとつにして歩んでゆけるのではないでしょうか、

政治が失った信頼を回復する絶好の機会です。

|

« 新報道2001年 | トップページ | 明後日になりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新報道2001年 | トップページ | 明後日になりました »