« 気持ちが高ぶる | トップページ | 人的ボランティア »

2011年3月30日 (水)

友、遠方より来る~桜の季節

久しぶりの再会です。朴釘(パク チョン)さん、はるばる韓国から、私に会いに来てくれました。

療養中の私には、これほどのご褒美ははないほどの出来事です。

彼とは10年ほど前に日韓のサッカー交流で知り合い、それ以来の付き合いでした。

彼と会うのは、7年ぶりになると思います。8年前の私の県議選のときにも、ずいぶん応援してくれました。

その一年後に、彼が韓国で国会議員選挙に立候補したのです。(当然、私も韓国へ陣中見舞いに行ってきたのですが、、、。)あえなく敗退をしましたが、

Img_2758_2 

それから、彼は単身、中国へ行きました

私はてっきり傷心の思いがやりきれなくて中国へいったとばかり思っていましたが、

彼はそうではなく、中国の大学で博士号も取得し、ビジネスもしっかりやっての、韓国帰国でありまして、

帰国して、さっそく私のところに会いに来てくれたことは、ほんとに嬉しいことであります。

そして、彼は8年ぶりに、来年、再度、国会議員に挑戦するとのことでありました。

もともと、パクチョン語学院という韓国NO、1の語学学校を経営する彼です。その経営手腕を大いに、政治の場で生かしてもらいたいと思います。

彼の政治むけの名刺のキャッチフレーズは「愛、夢、感動」であります。

そう、私と同じ政治信条で戦っているのです。(私の影響もありますけど、、、。)

そんな彼に、励まされ、また、私も彼を励まし、再会をお互いに誓い、別れました。

Img_2761

外は、ちっちゃく桜の花が咲き始めていました。こちらも、もう統一地方選挙が始まりますね!!

わが同志に、勝利あらんことを祈りつつ、まだまだ咲きそろわない、桜を車椅子から眺めていました。

|

« 気持ちが高ぶる | トップページ | 人的ボランティア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 気持ちが高ぶる | トップページ | 人的ボランティア »