« 内外情勢講演会 | トップページ | 自民党大会 »

2011年1月25日 (火)

シンクネット

一年ぶりに、構想日本の会に出席しました。

1月、恒例のシンクネットです。

冒頭、加藤代表の挨拶、

Img_2512

一昨年来、実施してきた、「事業仕分け」も一定程度の実績を積むことができました。

ただ、国会議員が出席しての事業仕分けは、どちらかというとパフォーマンスの要素が強いようにうつりますが、

地方自治体で行っている事業仕分けは、仕分け人側もよく研究していますし、その視点も、我々にとって非常に勉強になります。

加藤代表の挨拶のあと、出席国会議員から、「今、日本がやるべき事」についての、意見が述べられました。

トップバッターは、山口公明党代表の挨拶です。

Img_2514

今国会に対する意気込みと、これからの、政策実施に向けて思いをお聞かせいただきました。

そのあとも、何人かの国会議員の方の発表がありましたが、シンクネットに参加する議員の意見は、与党、野党関係なく、

政治家としての責任ある、取り組みを進めてゆく決意が旺盛であることが、よく理解できました。

その後、再び、加藤代表のスピーチがあり、「政党法」についての説明がありました。

その中で、今の、政党の劣化現象の理由として、

(1)政党が理念、政策をつくれない。(ちょっとこれは、致命的ですよね)

(2)内閣にリーダーシップがない。

(3)能力本位で選ばれた議員がいない。

(4)政治資金の不祥事が繰り返され、不祥事における責任の所在が不明確

(5)政党の活動状況や資金の使い方が見えない

などがあげられていました。これらの問題を解消するために、「政党法」で政党の自己統治能力の強化をすすめようというものでした。

まさに、政党や政治、自らが律してゆかなければならないことが多いですよねえ!!

|

« 内外情勢講演会 | トップページ | 自民党大会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 内外情勢講演会 | トップページ | 自民党大会 »