« 尊敬し貫く!! | トップページ | 小田原全国大会 »

2010年10月 6日 (水)

大丈夫か?菅総理

尖閣諸島での中国漁船の問題で、あのような対応をした、我が日本、これで大丈夫なのだろうか?

これまでの、各国の対応はどうだったのでしょう?

2000年 フィリピン海軍が違法操業した中国漁船船長を1名射殺しています。(これはどおかと思いますが、、。)

2005年、インドネシア海軍が、違法操業中の中国漁船に発砲、中国1名射殺、2名負傷

2009年 マレーシア海軍は中国政府に対して我々の領海を侵せば直ちに駆逐すると宣言

というように、そのほか韓国やロシアなど、どの国も毅然とした態度で中国に対して対応しているのです。

いい関係を保つということと、迎合することとは、当然のことですが、違いますよね。

私は、今回の菅総理の対応は、私達の国、日本の国家感さえも揺るがしてしまいかねない問題だと思います。

しかも、私達の子供や孫の時代にまで影響があるのではないでしょうか?!

国際社会の中で、これまで、ことごとく信頼を失してきた日本、

対米問題も、対中国問題も、

その、信頼を失することになった原因を、自分達で作ってきた、民主党政権、

菅総理には、ここは一番、踏ん張ってもらいたいところですね。

|

« 尊敬し貫く!! | トップページ | 小田原全国大会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 尊敬し貫く!! | トップページ | 小田原全国大会 »