« 新居浜秋祭り | トップページ | 卒業30周年記念同窓会 »

2010年10月19日 (火)

調印式

今日はクレアゼン社とテラ社のMOU締結の日、

韓国で樹状細胞を用いたガン治療を実施しているクレアゼン社と同様に、日本で樹状細胞を用いた細胞治療を実施するテラ社が、今回のMOU締結によって、協働することは、

今後、国際化する医療の現場をかんがみても、また、細胞治療の国際標準化を推進する意味でも、非常に意義深いことだと思います。

10月18日といえば、秋祭りの最終日、私にとって一番、新居浜に居りたい日でありますが、

この、調印式も一生に一度のもの、

早朝、一宮神社での神輿の宮出しの神事を済ませ、一路、宮崎へ、

宮崎で行われている、国際細胞治療学会(ISCT)の会場の一角で、MOU締結の調印式が行われるのです。

(調印式での私の挨拶)

Photo

これまで、半年間という短期間で、ここまでこぎつけることができたのも、関係者、みなさんのおかげと感謝しているところです。

調印式に駆けつけてくれた、国立がんセンターの平家先生、信州大学の下平先生、また地域医学研究基金の下坂様、

Photo_2

さらには、夜に駆けつけてくれました、愛媛大学恩地先生、阿部先生に、心よりの感謝を申し上げたいと思います。

(調印の瞬間)

Photo_3

今後は、クレアゼン、テラ、両者が協力して、細胞治療の前進に貢献できることを期待しておりますし、

今後とも、それを私の一つの使命として、頑張ってまいりたいと思います。

Photo_4

|

« 新居浜秋祭り | トップページ | 卒業30周年記念同窓会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新居浜秋祭り | トップページ | 卒業30周年記念同窓会 »