« 菅政権再始動 | トップページ | 敬老の日 »

2010年9月17日 (金)

有言実行?内閣

「有言実行内閣」と自分で名づけた内閣が発足しました。しかし、、、。

代表選挙の直後、「挙党一致で、、、。」と言いながら、その実、脱小沢を徹底したようにしか見えないのですが、

これは、菅総理の癖なのか、

ご自分の言ったことと、自分が進める現実とのギャップがある人としか思えないですね。

また、記者の前では、野党ともよく話し合って、共同して、ということを言っておられましたが、

これも、怪しい!!

しかも、横滑り人事の大臣の起用も、その意味がよめないです。

そこで、十分な実績をつくってきているなら、わかりますが、、、。

どうも、有言実行とは、ほど遠いような気がします。

また、片山総務大臣の起用は賛成ですが、

その前に、民主党のマニフェストに掲げている地域分権を軌道修正してから進めてもらわなければならないと思います。

代表選挙のときにも少し論じられた、一括交付金もそうですが、民主党の考えをすすめてゆけば、その先には、更なる強固な中央集権があるような気がしてならないのです。

片山大臣には是非とも、大鉈をふるい、

そして、中央と地方の関係をしっかりと明確なものにしてもらいたいですね。

それと、代表選挙のときにあれほど、まずは雇用の確保と言っていたのに、就任後の会見や、スピーチでも、雇用についての示唆はなにもありませんね。

菅総理には、まず。言ったことに責任をとる(これはあたりまえのことですが)ように!!

|

« 菅政権再始動 | トップページ | 敬老の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 菅政権再始動 | トップページ | 敬老の日 »