« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月29日 (水)

同期の桜

集まりました。

全国から、今回は13人、

前回の衆議院選挙で敗れた人、参議院選挙で敗れた人もいました。また、新人として支部長に選任され、これから頑張ろうとしている人、

元議員はいなくて、全員新人です。

谷垣総裁、石原幹事長、石破政調会長、大島副総裁、の挨拶があり、鴨下先生から、政策についての説明が若干あって、

その後、一人ずつ意見をのべました。

写真は、その後の総裁との談笑のワンショット、

Img_1700

Img_1701

みなさんの意見は、民主党の批判的な意見よりも、前向きな、今後の活動についての意見がありました。

なんとなく、同期の桜が集まったような感じがした、会となり、

是非、これからも、意見交換もかねて、みんなで集まろうという話がもりあがりました。

次は、みんなで、、、!!と、、、。そんな思いを強く持った会となりました。

| | コメント (0)

2010年9月28日 (火)

新潟、太鼓台

やってきました!!新潟の地

Img_1693

会場に展示された、岸の下太鼓台、勇壮です。

Img_1694

頑張りました

Img_1696

この写真の授賞式の後、太鼓台の出演がありました。

私も当然、かき夫として参加。

いやあ~~!!重かったです。へとへとになりました。13分間の出演なのに、こんな長い間と思えるほど、、、、。

しかし、その間、一度も、太鼓台を落としませんでした。(立派!!)

一緒に、かきに行った大石さんは、太鼓台を担いだあと、「もう、しんどいんで、ホテルで休みます。」と言って、ホテルへ帰りました。

この日も、イオンでは、新居浜物産フェアーは続いています。

越智社長、浅井さん、高橋さん、平山さん、そして、大石さん、ご苦労様でした。

| | コメント (0)

2010年9月27日 (月)

新潟物産展

23日早朝(6:00)岸の下自治会館を出発しました。丁度、出発の時に突然の大雨!!見送りの私もずぶ濡れでした。

Img_1677

今回のイベントは、新居浜太鼓祭りが、地域伝統芸能全国フェステバルで表彰されるのに合わせて、イオン新潟店で、新居浜物産フェアーを行うためです。

太鼓台のバスに、物産協会のメンバーも乗り込ませてもらい、いざ12時間のバス旅行です。

23日から26日までの新居浜物産フェアー!!新潟の人は、「新居浜から来ましたあ!!」と言っても全然知っている人がいません。

Img_1690

二日目に参加した私です。かき譜夫のスタイルで居ました。

午後からは、産業振興センターへ行き、太鼓をかきますぞ!!

Img_1691

| | コメント (0)

2010年9月25日 (土)

新潟より

昨日、新潟にやってきました。「日本の祭り、ふるさと新潟2010」にあわせて、新潟イオン南店で、新居浜物産展をやってるんです。

今日は、17:00ごろ、新居浜太鼓台が、出演します。

もっとも、それは、イオンではなく、新潟市産業振興センターで、

その時間には、会場にゆくつもりですが、それまでは、イオンで売り子をしなくちゃね!!

泊まったホテルの一階に、無料のパソコンがあったので、ちょっとみなさんに報告がてら、書きこみました。それでは、がんばってきます。

午後からは、かき夫として頑張ってきまあ~~す。

| | コメント (0)

2010年9月23日 (木)

植樹祭

あいにくの、雨の中での植樹祭でした。しかし、地元のみなさんや、近隣の市からも、多くの皆さんの参加のもと、開催されました。

私は、背広で参加、

若干私だけ、場違いになってしまいました。

Img_1229

Img_1232

カッパを着ての植樹祭

Img_1236

でも、皆さんの笑顔は、雨に負けないぐらい、、、。

樹を植える慶びは、私達の本能にメモリングされているような感じです。

全然、雨は気になりませんでした。

みんなの愛情がこもった、樹がすくすくと育てばいいですね。

| | コメント (0)

翆波高原

翠波高原に行って来ました。休日の遠出は、偶然の出逢いを得ます。また、今回はどんな出逢いを得るのかなあ、と、

Img_1661

先ずは、コスモスが、、、。

Img_1662

高原の上では、鷹の渡りを観察する人たちに会いました。鷹にも随分種類があるんですね!

説明をしてくれたおじさんに感謝

帰り際に水波神社を発見しました。長~~~く、続いた階段にひかれて上へ

Img_1669

そこは、素晴らしい景色です。眼下に金砂湖が、

自分が、すごく天に近づいたような感覚にとらわれます。

Img_1670

| | コメント (0)

2010年9月22日 (水)

思わぬ出来事

最近、思わぬ出来事に2回も遭遇したのです。

一回目は、私の事務所のトイレ、二回目は、羽田空港です。羽田空港のときの写真を下に載せてます。

Img_1636

打ち合わせを終えて、出発時間ぎりぎりで羽田に飛び込んだ私を待っていたのは、シャッターでした。

モノレールの改札の向こう側のシャッターがすべて遮断されているではないですか、

何十人、いや、何百人もの人が足止めをくっています。

空港ビル内で、テロでもあったのではなかろうか?などという創造をしながら、時計とにらめっこしながら待っていました。

出発のおよそ、20分前にようやくシャッターが。ゴゴゴーといいながら、開き始めました。

私は、シャッターのまだ腰ぐらいの高さしか開いてないときに、潜り抜けるように搭乗ゲートへと、駆け足でむかったのです。

もう一回は、トイレ、

朝のおつとめを終えた私は、いつもどおり、ウオシュレットのボタンを押すと、そのまま、ウオシュレットは途絶えることなく、水鉄砲のごとく、水が出続けたのです。

リモコンを押したり、いろいろ試みてみましたが、いっこうに止まる気配がないのです。

あきらめて、じゅっくり座り込むことにしたのです。

座ること、お尻を洗い続けること、およそ10分

おもむろに、ウオシュレットは止まりました。いまだに原因はわかりません。

| | コメント (0)

2010年9月21日 (火)

敬老の日

第三月曜になってから何回目の敬老の日でしょうか、実際には、15日は老人の日ですから、それからの一週間を「老人週間」として、その間に敬老会を開催するようになりました。

以前は、9月15日は、朝から、懸命に敬老会の会場を回るのが、私達政治家の務めみたいなものでした。

ただ、どの会場も笑顔がいっぱいで、、、。

それが、私達の活動のパワーの源泉のようなものでした。

今では、敬老会の補助金も財政難からカットになり、敬老会を開催する自治会も少なくなりました。

しかし、やってるところは、しっかりとやってますよ!!

Img_1651

どこの会場でも、会の冒頭に金婚式のお祝いの伝達式が行われます。

Img_1639

金婚式のお祝いを受賞されたご夫妻を、ながめながら、私も頑張って、二人で、50年元気で金婚式を迎えるぞ!!という思いにかられます。

やはり、敬老会はいいですよね!!

クールビズとは言うものの、敬老会は、私は、ネクタイに上着着用で、おじゃまします。

私達、若い世代は、それほど、敬意を表して参加させていただくべき会だと認識しているのです。

余興の、子供達の笑顔は、やはり、何物にも代えがたいものですね、、、。

Img_1650

| | コメント (0)

2010年9月17日 (金)

有言実行?内閣

「有言実行内閣」と自分で名づけた内閣が発足しました。しかし、、、。

代表選挙の直後、「挙党一致で、、、。」と言いながら、その実、脱小沢を徹底したようにしか見えないのですが、

これは、菅総理の癖なのか、

ご自分の言ったことと、自分が進める現実とのギャップがある人としか思えないですね。

また、記者の前では、野党ともよく話し合って、共同して、ということを言っておられましたが、

これも、怪しい!!

しかも、横滑り人事の大臣の起用も、その意味がよめないです。

そこで、十分な実績をつくってきているなら、わかりますが、、、。

どうも、有言実行とは、ほど遠いような気がします。

また、片山総務大臣の起用は賛成ですが、

その前に、民主党のマニフェストに掲げている地域分権を軌道修正してから進めてもらわなければならないと思います。

代表選挙のときにも少し論じられた、一括交付金もそうですが、民主党の考えをすすめてゆけば、その先には、更なる強固な中央集権があるような気がしてならないのです。

片山大臣には是非とも、大鉈をふるい、

そして、中央と地方の関係をしっかりと明確なものにしてもらいたいですね。

それと、代表選挙のときにあれほど、まずは雇用の確保と言っていたのに、就任後の会見や、スピーチでも、雇用についての示唆はなにもありませんね。

菅総理には、まず。言ったことに責任をとる(これはあたりまえのことですが)ように!!

| | コメント (0)

菅政権再始動

いよいよ、今週中には菅政権が再始動するわけですが、

多くの国民に試され、野党勢力にも試され、さらには、市場自体にも試され、そして国際社会にも試される、

まさに、お試し内閣と呼ばれそうなぐらい、現時点での信頼感の薄いスタートを切らざるを得ない政権です。

しかも、その実施しなければならない諸施策も、一斉に、なおかつ総がかり的にスタートをしなければならない状態だと思います。

これも、一年以上に及ぶ民主党政権運営の無策が原因ですから、しかたがないところで、

菅内閣の時期を逸することの無い、英断を望んでいます。

とりわけ、経済対策、中小企業対策、雇用対策は、すでに遅れている感も強く、また、先日の日銀の市場介入の効果をさらに有効にするためにも、これらの諸施策は、早急にお願いしたいものです。

子育て手当ての完全実施時期を少々遅らせてでも、経済対策最優先で進めるべきだと考えます。

それと、あわせて、まだ、どの党も具体的な政策を打ち出していませんが、若年層向けの施策を、このさい、特別枠で作ってもらいたいと思います。

今、社会全体が、高齢化社会、高齢化社会と言いながら、若年層の負担が増大する現実や、

若者に夢を託すことの出来る社会づくりを進めているとはいえないのではないかと思うのです。

それら、経済、雇用対策をすすめながら、

中央と地域の関係を明確にすることによって、地域主権を加速的に推進するべきだと考えます。

今まで同様の、地域の側は受動態、ではなく、積極的に地域の個性を発揮しながら、地域独自の施策を作り上げてゆくような、流れを作ってもらいたいのです。

地域主権国家については、後日、私の考えを述べたいと思います。

とにかく、菅政権にふんばってもらい、今の、日本の難局を乗り切らなければならないのですから、

菅総理、性根を入れて頑張ってもらいたいものです。

| | コメント (0)

2010年9月16日 (木)

民主党にできるかな?

民主党の代表選挙が終わりました。いささか、結果に対しては、私の期待どおりではありませんでしたが、

菅さんに、期待するしかないところです。

市場の反応は、さらに円高に振れました。代表選挙中、「確固たる手段をこうじる!!」とまで言っていた、菅総理は、どこまでやりきれるでしょう??

これまでは、アメリカの基本政策として、ドル高がありました。ですから、前回の円高の時の政府の対応は、

「ドル買い」、アメリカ側でも「ドル買い」で、円安へ、もしくはドル高へ、日米が強調して、市場に介入できたのでしょう。

リーマンショック以来のアメリカ経済の建て直しに、本来であれば、内需拡大を進めてゆかねばならないところですが、

中古住宅の市場も底割れ感の強い状況では、まさに、日本のバブル崩壊前夜のような状況ですから、

方針を変更して、これまで以上、輸出を基盤とした経済の建て直しを計ろうとするのです。

つまり、ドル安政策です。

当然、ドル安、円高がウェルカムなわけです。

つまり、円高の歯止めを行うために、単独介入をしたとしても、アメリカとは真っ向から対立する可能性があるわけです。

しかも、その施策を進めるにしても、アメリカとのホットラインを持たない菅総理には、単独でのアメリカとの協議などは出来るはずもないわけです。

じゃあ、他の誰か?といっても、鳩山氏は、アメリカからの信頼度0に等しいのではないかと思えます。

誰も、フォローする人も居らず、

ただひたすら、世界の中で、独自路線を模索しようとする、民主党。

民主党のみなさん!!あなた達で、今の危機的状況の日本を、立て直すことができますか???

| | コメント (0)

2010年9月15日 (水)

鳥羽紀行ラスト

いやあ~~~重かった。しかし充実感はありました。

Img_1626

Img_1627

「おかげ横丁」を歩いていると、何故か「お白石」の立て札

Img_1628

式年遷宮の時に敷く、「白石」をそのこに積み上げていたのです。

今回の、研修旅行は、私にとって意義深いものでした。

「バリアフリーツアーセンター」の全国ネットワークを構築する、今回の試みは、観光産業に新たな「価値」を与えるものだと思います。

観光の中に「バリアフリー」という価値に磨きをかけることによって、これまでの「観光地」に、新たな「ものさし」ができることでしょう。

また、今回のビジネスモデルが、新しい産業領域を作るきっかけとなればいいと思っています。

| | コメント (0)

2010年9月14日 (火)

鳥羽紀行その3、レッツ参拝

いい天気、参拝日和です。(かなり暑かったけど、、、。)

近ちゃんに、美味しそうな顔をリクエスト、

いい笑顔です。

Img_1619

そして、みんなでワンショット

Img_1622

Img_1625

車いすを、最後の階段を上がる用に、余分に一台押して行きました。

車いすのみなさんにも、是非、上まであがって、参拝をしてもらいたいと思ってであります。

車いすを押しながら、近ちゃんに、「乗る???」と尋ねると、「行きは自分で歩く!!」と言うことでした。

誠一郎ちゃんの車いすを、小砂利を敷き詰めた参道で、いたまないように押します。

いよいよ、最後の石段、

山ちゃんと秋じゅんで、誠一郎ちゃんを乗せた車いすを、、、。

私は近ちゃんの手を持って、

その後も、近ちゃんは自分で歩いて、参拝を終了したのです。

よく、頑張ったよな!!近ちゃん。

| | コメント (0)

2010年9月13日 (月)

鳥羽紀行その2すばらしい活動

二日目、ウエブアクセシビリテイーの講演をされた星野さんは、全盲の方です。

それでも、巧みにパソコンを使いこなし、画面を操作しながら話をされます。

Img_1617

視覚しょう害の方にとって、革新的に進歩してきた、コンピューター環境ですが、

これほどとは思っていませんでした。

また、音声化を手助けしてくれるDAISYの操作方法も、非常に勉強になりました。

観光情報のデジタル化のほうは、私と誠一郎くんとで、もう一つの、バリアフリーの調査の実施班へは、近ちゃんとヤマチャン、あと、あきじゅんが参加しました。

とにかく、全国から来ているメンバーの真剣ぶりには、脱帽です。

| | コメント (0)

2010年9月11日 (土)

鳥羽紀行その1近ちゃんはうまかった

研修会が終了して、懇親会!!

新居浜メンバーで、、、。

Img_1608

中村元ちゃんも一緒に

Img_1610

二次会はホテルの中のスナックでしたが、みんな遠慮して歌わないもので、近ちゃんの独占状況、

Img_1612

私も、久しぶりに近ちゃんの「歩」を聞きましたが、相変わらずうまい!!

| | コメント (0)

バリアフリーツアーセンター構想

今回は、全国規模で、バリアフリーのツアーをフォローするネットワークを組織しようとする第一回目の会合であります。

我が友、中村元くんが提唱してこれまで、伊勢志摩バリアフリーツアーセンターとして活動してきたことが、今回、全国規模で広がろうとしているのです。

どんなメンバーが集まるのか?

どんな会議になるのか?

久しぶりに、わくわくどきどきしながら、

一路、鳥羽へ、 

車での移動ですが、出発早々は元気一杯のみんなです。

Img_1599

車内でのワンショット!!

Img_1601

サービスエリアでの一服、

三重に入ると、さすが、オストメイト対応のトイレもありました。

そして、到着早々に会議に出席

Img_1606

| | コメント (0)

2010年9月 9日 (木)

バリアフリーツアーセンター

明日から、三重県鳥羽市および伊勢市へ、

全国各地からバリアフリーツアーセンターを立ち上げている人たちが集まる。

障害を持った人の観光や旅行の相談や実際の予約の代行など、

その地域ごとに、既存の宿泊施設の状況や、介助できるかどおかなど、利用者にとって必要な情報を調査することなども含めて運営して行きます。

とりあえず、明日は、白石くん(車いす)と近ちゃん(身体障害)と、あと、山ちゃん、助っ人に秋月くんの5人での旅行です。

どんな旅行になるのやら、楽しみです。

| | コメント (0)

2010年9月 6日 (月)

今週は、

今月、最高に忙しい週がやってきました。

今日は、お茶会、とボランテア連絡協議会の20周年式典、その後、打ち合わせを事務所でおこなってから、一路、韓国へ

ボランテア協議会の式典では、久しぶりに、懐かしい人たちと会えてよかったですね、

私も、ここんところ、ボランテアとしての活動が、とどこおっているので、頑張らなくちゃな!!と思いながら、式典を眺めていました。

そこにいる、多くの人達のおかげで、心を強く持つことができたひとも多いことでしょう!!

私の、活動の原点である、ボランテアを、

原点に戻って、社会を変えてゆく原動力になるようなものに、

しっかりと、支えてゆきたいと思いました。

さあて、明日は、韓国での打ち合わせを一日中やらなければなりません。

日本の「がん治療」の発展のために、

私でできることを、精一杯、頑張ります。

2010090513340000

藤田五郎会長の重みのある挨拶でした。

| | コメント (0)

2010年9月 2日 (木)

民主党代表選挙

いよいよ、民主党代表選挙が始まりました。国民のみなさんは、どう見ておられるのか?非常に興味深いところです。

わずか三ヶ月しか政権を担当していない菅総理、しかも政権運営上なんの施策の立ち上げもしないまま、

あえて言えば、それまで強行採決して可決させた法案を、ことごとく廃案にして参議院選挙にむかった政権として、歴史に残るのではないかと思われます。

結局、政権交代を実現した民主党は、

目指すべき国家ビジョンも掲げず、

絵に描いた餅のようなマニフェストで国民を翻弄し

ここにきて、民主党内部抗争が表面化したような代表選挙を進めているのです。

私は、なによりも、政治家菅直人という人に幻滅をいたしました。だからといって小沢氏のほうがいいと言うわけでもないのです。

ただ、菅総理に対する期待感というものは無きに等しい状態です。

鳩山総理も、菅総理も、同様に国の目指す方向というものを語れないのではないでしょうか?!

それを語れない政治家には、何の魅力も感じません。二者択一でゆけば、小沢氏のほうが、期待感がもてます。(若干ではありますが、、、、。)

この14日間、二人には、おおいに国民に向けて、語ってもらいたい。

喫緊の課題である景気対策をどうするのか?

普天間問題にどのような決着をつけるのか?

これからの日本国の国家ビジョンは?

さらには、中央と地域の関係はどうなってゆくのか?

もっと、もっと、聞きたいことが沢山あります。

| | コメント (1)

2010年9月 1日 (水)

一年がたちました

8月30日、昨年の私の戦いは大敗に終わりました。もう一年になります。

無謀な戦いとも言われましたが、

なんとかなるという気持ちもありました。

最近、あの10ヶ月間におよぶ選挙への活動は、なんだったのだろうか??と思うこともあります。

大儀を、自分なりには掲げていたものの、

その実、選挙に勝つことのみを、目標に邁進していた自分が、、、、。

敗れたことの悔しさよりも、

「勝つ」という目標を失ったことの方が、私にはダメージが大きかったように感じます。

その以前、自分が掲げていた「ふるさとづくり」の理念と

故郷を活性化しようとする、自分の目標のようなものを、捨て去り、

ただただ、勝つことのみを考えて行動して行きました。

そこに、敗北の原因もあり、

その時、自分がどのような行動を取るべきだったのか、今なら、分かるのです。

政治家としての原点を修正して、

新たな目標に向かって頑張ってゆかねばと、、、。

今度は、勝つことのみを目指した活動ではないことだけは、みなさんに宣言しておきたいと思います。

| | コメント (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »