« ワールドカップ | トップページ | 党首討論 »

2010年7月 1日 (木)

読書の勧め

私の友人で、私に読書を強要する人がいます。

しかも、次はこの本!!で次は、これ!!とか、、、、。

これまで、結構読んできました。

一番、直近では、勧められた、「デフレの正体」藻谷浩介著、「日本は世界5位の農業大国」湯川芳裕著、の二冊さえも、まだ読めていないのに、、、。

でも、「デフレの正体」はおもしろいですよ!!是非読んでみてください。

いや~~!話は戻りますが、また今日、3冊、「早く読め!!」との言葉を添えていただきました。

「現代の貧困」岩田正美著、「若者を食い物にし続ける社会」立木信著、最後に「3年で辞めた若者はどこへ行ったのか」城繁幸著の三冊です。

「今回は本を貸してあげる。しかも、走り読みできるように、重要なところにはラインマーカ入れてるから」と言って、渡してくれました。

帰り際に再び、「次の本も、用意できてるから、それ、早く読まないかんよ!!」

と、ハッパをかけられながら、退室しました。

とにかく、読まなければ!!

PS、いい友人を持ってるでしょ!!

|

« ワールドカップ | トップページ | 党首討論 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ワールドカップ | トップページ | 党首討論 »