« 小泉進次郎氏 | トップページ | 丸山弁護士(参議院議員) »

2010年7月 8日 (木)

選挙戦終盤をむかえて

選挙戦も、あっという間に終盤戦に入ってきました。

何故か、昨年あれほど論戦を戦わせていた、マニフェストに関する議論は、火が消えたように言われなくなりました。

マスコミのせいなのでしょうか?

そうでもないようです。じゃあ民主党の戦略なのでしょうか?

それは、有りうることですね、、。今回は政権与党として、昨年のようにヒット政策を打ち出せない立場の民主党です。

しかも、マニフェストの内容も、その当時から、大きな対立軸はなかったのではないでしょうか?!

自民党が、高速道路、週末1000円といえば、民主党は無料化と言う、

「子育て手当て」では、その金額的な差異の大きさは、あたかも生活第一を標榜することを誇張するためのようにも感じましたが、民主党にとっては大ヒットでした。

決して対立軸でもない内容を、あたかも、対立軸のように演出することに、優れていたといえます。

戦略的には、「政権交代」という流行語を生み出し、マニフェストによって、自民党との路線の違いを、国民に強くイメージできたわけです。

その、民主党を勝利に導いたマニフェストによって、今回は手痛い評価を受けざるをえない状況だと思います。

いくら、看板役者を代えたとしても(自民党もよくつかってた策略ですが)今回勝利するようなことがあってはいけなのではないでしょうか?!

今回の参議院選挙が、去年の民主党マニフェストに対する評価とするなら、

民主党は大幅な政策転換を行い、そのうえで、もう一度、解散総選挙を実施し

さらには、真の二大政党を構成するべく、

政局再編を行わなければならないと思います。

これからの、日本をさせてゆくのは、現在の自民党でも、現在の民主党でもないような気がするのです。

|

« 小泉進次郎氏 | トップページ | 丸山弁護士(参議院議員) »

コメント

民主党の「ばらまき政策」本当に良いのでしょうか?
安易に、お金を配り有権者の心をつかむ方法は感心できません。
今、地方でも、昔は当たり前であった事を税金で行おうとしています。
地域の共助は一人ひとりの多少のやせ我慢によって成り立っています。少ししんどいけど、出来る事はみんなでやろうじゃないかと思って行動するから地域力は耐えられます。
誰かがやってくれると一度思ってしまうと二度としんどい事には関わりません。
もうそろそろ卒業しましょう。

投稿: エスエス | 2010年7月 8日 (木) 07時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小泉進次郎氏 | トップページ | 丸山弁護士(参議院議員) »