« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月30日 (金)

高校生社長、副社長

28日、白いもブランド認定式が執り行われました。

今回は、三社の作品を「にいはま大島七福芋ブランド」として認定したわけですが、

Img_1429

その中に、高校生起業がはいっていたのです。

Img_1424

新居浜商業高校のみなさん、

Img_1432

商業高校の起業家、石川社長と宇都宮副社長

しかも、みなさん、地元の観光プランで日本一を競い合う「観光甲子園」が開催されていることはご存知ですか?

全国の高校の中から、予選を通過した高校が10高だけ、神戸での本選出場ができるのです。

文部科学省と観光庁後援のこの大会、

なんと、新居浜商業高校が予選を通過しているのです。つまり、現時点で全国ベスト10に入っているのです。

それも、この高校生起業家グループがエントリーしているのです。

こりゃ是非、全国一位を獲得してもらいたいですね!!

観光甲子園本選大会は8月29日です。みんなで、大いに応援しましょう!!

フレ~~~!フレ~~~!新居浜!!

| | コメント (0)

2010年7月29日 (木)

奉仕作業

毎年恒例の建設協会による、奉仕作業が実施されました。

アイロードの一環として、本年度最初の作業です。

Img_1407

毎年、県と市からも参加してくれます。

Img_1411

しかし、余談ですが、25日に市民一斉清掃が実施された翌日、26日に早朝の辻立ちを市役所交差点で行いましたが、

いつもの、辻立ち前のゴミ拾いでは、なんとまあ沢山の吸殻!!一斉清掃の翌日なのに、、、。

でもって、今度は、27日に建設協会の清掃活動があった翌日、28日今日、同じように市役所交差点へ、早朝辻立ちにいってみると、

やはり、清掃活動の翌日なのに、まあなんと沢山の吸殻、

こんなことで、いいのでしょうか???

| | コメント (0)

2010年7月28日 (水)

新鮮味

政権交代がなされて、もうすぐ一年になろうとしています。

新たに発足した、鳩山内閣は新鮮味がありました。(まあ当然のことではありますが)

しかし、この数ヶ月の政権運営や、施策への取り組みによって、国民の信頼は失墜し、菅政権が発足しました。

選挙には敗れたものの、まだ国民の、菅政権に対する期待は残っていると思っていますが、、、、。

なんか、菅総理の言葉の端々に力がなく、

まだ、政権運営らしきものを、いささかも行ってないにもかかわらず、

内閣全体がよどんで見えて、しかたありません。

民主党は政権奪取後わずか一年で、末期的状況に陥っているのではないでしょうか?

責任をとれない政治家などは必要ないわけで、

また、進んで責任をとろうとするところに、人はひきつけてゆかれるのではないでしょうか?!

自分達の言動に責任をもてない内閣とそのトップリーダーに、

新鮮味を感じるわけがないですよね!!

菅直人総理には、是非とも、これまでの民主党の政権与党としての運営を総括していただき、そこから、新たなマニフェストを掲げてもらいたいと思います。

自分達のふがいなさを、国民の責任に摩り替えてしまうようなことだけは、しないでもらいたいものです。

| | コメント (0)

2010年7月27日 (火)

ぎりぎりの選択

人生には、どのぐらいの回数、選択をしなければならない場面が訪れるのでしょうか?

当然、やるのか?やめるのか?の選択もあれば、

多くの選択肢のなかで一つに選ぶ選択もあるのでしょう。

よく、レールに乗った人生といわれる人も居ます。しかし、それでも選択の回数は結構あるのでしょうね、

私は、選択する側と、選択される側を、あたかもピンポン玉のように速いペースで行き来しています。

選択した瞬間に選択される立場に居るのです。

仕事も、この仕事をしたいと選択した瞬間、その仕事をさせてもらえるかどうか、選択される立場に居ます。

政治活動もまさにそうで、自分がやると決断した瞬間から、選択される立場に居るのです。

ボランテア活動もそうです。この人を助けてあげたいと行動を起こした瞬間、自分が実は助けられていることに気づくのです。

最近の私の生活の中では、その選択も、これからの人生を左右する選択が怒涛のように押し寄せてきているように感じています。

そのぎりぎりの選択を誤らないように懸命に状況を観察して、今後の予測をできるだけ確実なものにしてゆかねばなりません。

そのぎりぎりの選択=責任ある選択を間違いなく進めてゆくために、これまでの私の人生での積み重ねがあったのだとしたら、、、。

私を選択してくれたみなさんの期待に応える事が、これからの私の人生の使命だとしたら、、、。

「ありがとう」と言ってくれた、おばあさんの一言。その一言に勇気付けられた私が今出来ることは?

怒涛のように押し寄せてくる選択の場に、押しつぶされない、

信念を持つことなのですかねえ?!今はその答えしか思いつかない私です。

| | コメント (0)

2010年7月25日 (日)

福祉の集い

多くのみなさんが、笑顔で集える、

そんな会を続けてこられた協議会のみなさんや、多くのボランテアのみなさんの努力に、心から敬意を表するところであります。

Img_1398

新居浜障害者、福祉の集いに参加

その後、やはり障害者の自立支援施設で蕎麦うち会に参加、

Img_1401

はばたき園での蕎麦会

Img_1403

机に飾ってあった、花一輪、

Img_1404

心を癒してくれる花でした。「この花は何ていう花なの?」と尋ねると、

「庭に咲いていたんで、名前は分かりません。」とのこと、

それでも、花一輪を添えていただける心使いに、思わず笑顔がこぼれます。

一生懸命に生きている人たちの笑顔にも、

ポツんと咲いている一輪の花にも、

心を奪われてしまいますよね。

| | コメント (0)

市民一斉清掃

今日は、新居浜市の市民一斉清掃、

朝7:00から、ゴミ拾いをはじめましたが、まあ~~なんと、タバコの吸殻の多いこと、、、。

驚きました。辻立ちのときにも、始める前に、ごみ拾いをしますが、これほど多くはないです。

場所によっては、塊であるところも見かけます。

実は、前日の夜、東京から帰ってそのまま、釣りに出かけました。丁度、新居浜の大島と荷内の間あたりの海でしたが、

ここにも、驚くほどのゴミが浮かんでいました。すべて、陸地部から流れてきたゴミだそうです。

連れて行ってくれた友人は、「雨が降った後などはしかたないんよ!!」と言っていましたが、

ほんとうに、こんなことでいいのでしょうか??

市民のモラルというものを向上させてゆくには、どのような運動を展開してゆけばいいのか?

まちを愛する心、まちに誇りをもつ、

まちづくりの原点にもどって、

これからの新居浜を考えた、活動を続けてゆかねばないりません。

| | コメント (0)

2010年7月24日 (土)

空港にて

久しぶりに、空港からの書き込みです。

名古屋~横浜~東京~横浜と

二日間の出張を終えて、空港に着き、いつものように、息子のせんべ売り場で買い物、

今日は、息子は休みの日だったのですが、売り場の皆さんとも顔見知りになって、気軽に行けるようになってます。

先日、テレビ出演してたSさん(売り子として空港NO1の方)が売り場に居たので、

「この前、テレビ見ましたよ、すごいですねえ!!」と声をかけ、、、。

本人は、なんの番組に出てたかも知らないほど無頓着な人でして、

ただ、その売り場の皆さんの笑顔は、

出発前の私の癒しスポットみたいなもんですね。

チエックインしてから、ここへ来て、パソコンに打ち込んでいます。

今回の出張は、一人で、乗り物に乗る時間が結構あったので、いろいろ考える時間をもらえたような出張でした。

政治的には、夏の休止中のような状態ですが、

ビジネスには、休みはありません。

8月には、さまざまな計画の進捗が目に見えてくるような、

そんな、一ヶ月にするための、7月最後の週にしたいものです。

| | コメント (0)

2010年7月21日 (水)

アウトレットモール

まあ~~とにかく大勢の人!!アウトレットモールへ行こうということになって、別子山から一路、神戸三田へ、

インターからの混みようは只者ではなかったです。愛媛から2時間半ほどでつくと思ったのに、インターからの1キロほどに1時間半かかりました。

Img_1393

なんとか到着して中へはいると、雰囲気は最高、

また、ブランド品も80%オフとかもあって、格安!

こんな施設、是非、四国にも欲しいですよねえ

Img_1394

気分も上々、ついつい、甘いものに走ってしまいます

Img_1395

| | コメント (0)

2010年7月20日 (火)

キレンゲショウマ

立派に咲いていました。

Img_1384

筏津山荘にて、キレンゲショウマ

Img_1387

朝からそうめん流し

Img_1388

実は、私も

Img_1389

なんと、藤田市議夫妻も、おいしそうに、、、。

| | コメント (0)

2010年7月19日 (月)

とんかかさん踊り

7月17日、天正の戦で討ち死にした武将の弔いをするために、とんかかさん踊りの奉納がとりおこなわれました。

「とんかかさん踊り」は、私達、金栄校区がみんさんで支えている、文化であります。

Img_1375

会長のあいさつで始まりました

Img_1376

踊り連のみなさん

Img_1382

武者象も

| | コメント (0)

2010年7月18日 (日)

日韓の架け橋

もう11年ほどになりますか、私と韓国の交流は、、、。

初めは、中学生のサッカー交流から、

初年度は、韓国パジョ市で選抜チームによる試合を、翌年は新居浜で、同様の試合をしました。

その後、IT企業の参加を得て、愛媛ITフェアーへの韓国企業の参加や、

日韓共催のワールドカップでは、新居浜の太鼓台をワールドカップ前夜祭の会場に出場させました。

日本文化輸入禁止令があった、当時の状況下では、このイベントの成功は至難の技だったと思います。しかし、多くの皆さんの協力で、実現しました。

ハン川の河川敷会場での太鼓台の威勢のいいかき上げはいまだに情景がうかんできます。

そのおかげもあって、日本人では私一人、韓国サッカー協会の打ち上げパーテイーに招待されました。その席で、多くの参加者のまえで、ソンモンジュ韓国サッカー協会会長から、直接感謝の記念の盾をいただいたのでした。

イミョンパク大統領の就任式典も招待をうけ、出席したのが、つい先日のような感じです。

そのときは、寒かったのと、大ドジをしてしまいましたっけ!!

今回は、愛媛大学医学部と韓国がん治療ベンチャーとの連携と、さらには、日本のがん治療ベンチャーと韓国との連携を実現することができました。

私のライフワークである、日韓の架け橋としての役割を、また一つ、実現することができました。

Img_1370

私(右端)が立会人での、日韓協働声明のサインの交換

| | コメント (0)

2010年7月15日 (木)

選挙を振り返って

参議院選挙が終了して五日目、自分なりに総括してみたいと思います。

参議院選挙では、新居浜市で9年ぶりに勝てました。6年前の小泉総理の時の選挙も、実は新居浜では負けているのです。下が今回の結果、

山本順三 25655票

岡平知子 23458票

まあ、ぎりぎり勝てたという感じですね。

ところが、比例でいくと、投票率55,44%で

民主党 18264票

自民党 13650票

ですから、かなり負けているわけです。当然、公明党の得票、9233票があるので、その大部分は、選挙区で山本候補にいただけているのでしょう。

ただ、3年前の自民党が大敗を喫した参議院選挙の時はどうかというと、

投票率57,86%で

自民党 15423票

民主党 22334票

つまり、投票率を勘案しても1000票ちかくは目減りしていると考えなければならないです。

有効投票に対する占有率も H19年は26,69%に対して H22年は24,74%ですから、

民主党の目減りで勝利はしたものの、自民党としての党勢の拡大はできてないと判断することが正解だといえます。

つまり、無党派層のみなさんが、民主党に対してバツをつけたとしても、その受け皿には、自民党がなれていないわけです。

そこで、全体の総括ですが、

まず、政党の評価でマイナス評価点をされたものは、それを払拭するには、なかなかの努力が必要であるということ、

また、国民のみなさんが政党選択から、候補者選択になっているのでは、ないかということですかね

つきなみな評価になりましたが、

新居浜って結構、全国のトレンドを表しているようなところがありますんで、今後、もう少し検討を深めて行きたいと思います。

| | コメント (0)

2010年7月14日 (水)

誠道館新居浜支部大会

子供達が一生懸命頑張ってました。

日曜日、誠道館親睦新居浜大会が開催されました。子供達のその姿が、ほんとにけなげに見えてなりませんでした。

午後の試合も終了して、表彰式、

私が大会会長として、賞状の授与をさせていただいたのですが、、、、。

いやあ~~!みんなの名前の漢字の難しいこと、、、、。

「向日葵さん」  「蓮大くん」   「斗夢くん」、   「飛日希さん」  「哉斗くん」

みなさん、どれほど読めました??

最近は、むつかしい読みの名前が多いのですかねえ?!

P7110470

挨拶の後は、みんなで記念撮影です。

P7110471

| | コメント (0)

2010年7月12日 (月)

どう受け止めるのか?

参議院選挙が終わりました。

テレビでは「ねじれ国会」になったと言っていますが、本来、このような「ねじれ国会」こそ、いい議論ができるのではないでしょうか!!

民主党もこれまでのような、強行採決はできなくなります。

以前の、自民党が政権与党であった時には、民主党は、出てくる法案にどれもこれも反対していました。

そして、今度は、与党として数の力で強行に、物事を進めようとしてきたわけですが、

それが、できなくなった。

ようやく、民主党も議論のテーブルにしっかりとのって、本来の議論を戦わすことができるのです。

わたしは、今回の参議院選挙によって、民主党にとっては、国会運営は難しくはなりましたが、いい議論ができるようになると期待してます。

また、菅総理も今回の結果をどう受け止めるのか、国民に説明するべきだと思います。

| | コメント (0)

2010年7月 9日 (金)

丸山弁護士(参議院議員)

すこし、前になっちゃいましたが、7月4日に、丸山弁護士が選挙応援に、新居浜まで駆けつけてくれました。

その日は、朝6時まえから、市民マラソンがあって、しかもそのマラソンに参加してから、こちらに来ていただいたそうでした。(本人がそうおっしゃってましたから!)

まあ~~、タフですね!!

マラソン走ってから、飛行機で移動して、20分の講演とは言え、、、。

しかも、ここ一か所だけではなかったと思います。

話のなかで、印象的だったのは、

自民党系の応援演説の方は、ほとんど候補者本人のことは言わずに、今の選挙戦での政党の状況や、これまでの相手政党の批判が多いのですが、(これは当然のことではありますが)

丸山先生は、一生懸命、本人の人柄や、これまでの本人の活動を語ってくれたことです。

非常にわかりやすく、みなさんに伝わったのではないかと思います。

私も、応援の壇上に立った時、何をみなさんに伝えたいか!

できるだけ簡潔にみなさんに、伝える手法を、じっくりかんがえなければならないな!!と思いました。

Img_1348

(下)集会のあと、ラーメンを食べに行ったメンバーでした。

Img_1353

| | コメント (0)

2010年7月 8日 (木)

選挙戦終盤をむかえて

選挙戦も、あっという間に終盤戦に入ってきました。

何故か、昨年あれほど論戦を戦わせていた、マニフェストに関する議論は、火が消えたように言われなくなりました。

マスコミのせいなのでしょうか?

そうでもないようです。じゃあ民主党の戦略なのでしょうか?

それは、有りうることですね、、。今回は政権与党として、昨年のようにヒット政策を打ち出せない立場の民主党です。

しかも、マニフェストの内容も、その当時から、大きな対立軸はなかったのではないでしょうか?!

自民党が、高速道路、週末1000円といえば、民主党は無料化と言う、

「子育て手当て」では、その金額的な差異の大きさは、あたかも生活第一を標榜することを誇張するためのようにも感じましたが、民主党にとっては大ヒットでした。

決して対立軸でもない内容を、あたかも、対立軸のように演出することに、優れていたといえます。

戦略的には、「政権交代」という流行語を生み出し、マニフェストによって、自民党との路線の違いを、国民に強くイメージできたわけです。

その、民主党を勝利に導いたマニフェストによって、今回は手痛い評価を受けざるをえない状況だと思います。

いくら、看板役者を代えたとしても(自民党もよくつかってた策略ですが)今回勝利するようなことがあってはいけなのではないでしょうか?!

今回の参議院選挙が、去年の民主党マニフェストに対する評価とするなら、

民主党は大幅な政策転換を行い、そのうえで、もう一度、解散総選挙を実施し

さらには、真の二大政党を構成するべく、

政局再編を行わなければならないと思います。

これからの、日本をさせてゆくのは、現在の自民党でも、現在の民主党でもないような気がするのです。

| | コメント (1)

2010年7月 7日 (水)

小泉進次郎氏

一昨日、小泉進次郎議員が応援に駆けつけてくれました。

会場では、炎天下のもと、2000人とも言えるほどの人数の参加者です。しかも女性が圧倒的に多い!!

小泉氏が車から降りると、そこへ人が押し寄せて、、、。

まあ、予想以上の大人気であります。

演説はというと、これがまた、なかなかの迫力と、ユーモアと、

さらに、すばらしい説得力ある演説でした。

彼の演説を、後ろで聞かせていただきながら、

観衆の耳に残る演説をしっかりやっていることに、感服しました。そこへ参加したみなさんは、

進次郎氏の、「強い野党になるんです!!」といった言葉とその姿は、しっかりと、脳裏に焼き付けていただいたのではないかと思います。

また、それが政治家の一番必要な要素ではないかと思えました。

もう一度、聞いてみたいと思わせる演説でした。

私も、帰り際に、数人のご夫人に握手を求められましたが、

「とおるさん、今日はこっちの手で握手して、、!!」と、右手は包み隠すようにして、左手で握手を求められたのです。

当然、右手では、進次郎さんと握手してるからなのですが、、、、。

やはり、彼の人気は半端じゃないと思いつつ、その場を失礼しました。

Img_1363

Img_1362

| | コメント (0)

2010年7月 5日 (月)

党首討論

今朝、党首討論をやっていましたね!

菅総理には、失望です。

自分達が進めようとしている施策に関しては、もう少し、理論的にみなさんを納得させ、

みなさんのコンセンサスをとるという努力をしてもらいたいですね。

質問をしてきた人に対して、質問で返すという戦略をとっていたのでしょうが、

見ている私には、自分の理論武装の不備を、なんとか攻撃的な手法でごまかしているようにしか見えませんでした。

しかも、あの言葉、「増税によって景気回復を図る、、、、。」また「それによって、新しい雇用も創出することができる、、、。」

これは、最悪ではないでしょうか??

間違った経済センスを自分は正しいと考えているところが、危ない!!

そもそも、「強い経済、強い社会保障、強い財政」などと、言葉を並べているところが、どうも、おかしい。

一国のリーダーとしての資質や、これからの国の舵取りのいくばかりかさえも見ないまま、

選挙に突入したことを、悔やまないでいいようにしたいものですね。

| | コメント (0)

2010年7月 1日 (木)

読書の勧め

私の友人で、私に読書を強要する人がいます。

しかも、次はこの本!!で次は、これ!!とか、、、、。

これまで、結構読んできました。

一番、直近では、勧められた、「デフレの正体」藻谷浩介著、「日本は世界5位の農業大国」湯川芳裕著、の二冊さえも、まだ読めていないのに、、、。

でも、「デフレの正体」はおもしろいですよ!!是非読んでみてください。

いや~~!話は戻りますが、また今日、3冊、「早く読め!!」との言葉を添えていただきました。

「現代の貧困」岩田正美著、「若者を食い物にし続ける社会」立木信著、最後に「3年で辞めた若者はどこへ行ったのか」城繁幸著の三冊です。

「今回は本を貸してあげる。しかも、走り読みできるように、重要なところにはラインマーカ入れてるから」と言って、渡してくれました。

帰り際に再び、「次の本も、用意できてるから、それ、早く読まないかんよ!!」

と、ハッパをかけられながら、退室しました。

とにかく、読まなければ!!

PS、いい友人を持ってるでしょ!!

| | コメント (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »