« 6月になりました | トップページ | 鳩山総理辞任 »

2010年6月 2日 (水)

政党として

ここのところの、国会はどうなっているんでしょう??

亀井さんが、これでやらせろと言えば、郵政法案が変更され、どうも政府の総意とはいえないまま、それが決定されてしまう。

修正案などは受け付ける余地も、議論の余地もない、

この前の、公務員法改正も、結局、強制採決、そのくせ、天下り禁止法案などは、まだ出ても来ない。

ようやく参議院であがりだした、鳩山総理退陣の声も、結局は小沢幹事長にお伺いをたてなければ、結論さえもでない。

自民党の時の麻生総理退陣をすすめようとした人たちがいた時期と、今回はすこし状況が違うと思えます。

麻生内閣は、少なくとも、当時、世界同時不況から脱してゆかなければならない、使命がありました。

大型の景気浮揚策も実施してゆきました。それに対して解散の時期を逸してしまう懸念を持つメンバーが、もしくは、麻生総理では戦えないと判断したメンバーが、それを外に向けて発したのでした。

今回は、根本的に違うのが、このまま鳩山内閣に日本の舵取りを任せていたのでは危険だと見る人が多い中であるということ、

麻生総理のときと同様に、このままでは、参議院選挙を戦えないとして、退陣を求める声が上がり始まりました。

しかし、今回は、小沢幹事長にお伺いをたてにゆかなければならないわけです。見ていてなんとも情けないと思えてしかたありません。

自民党のときと同じように、退陣を求める人たちは、自分達の選挙を中心に考えて行動をを起こしたところでは同類でしょう!!

しかし、両総理が居座るといわれたとしても、その行っている施策の内容はまったく違いませんか??

かたや、国をなんとか守ろうとした総理、かたや自分で人心を乱し、諸外国から信用を失い、それを取り戻すことに懸命で、

自分で招いた、日本の危機的な状況を、自分でまとめることが、責任を取ることですと言いながら、職を辞さない。

すみやかに、退陣して、国民の信を問うべきではないでしょうか?また、今の自民党では、同様に、国民の審判をもう一度受けるに十分な改革ができているとは言えないかもしれませんが、、、。

|

« 6月になりました | トップページ | 鳩山総理辞任 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 6月になりました | トップページ | 鳩山総理辞任 »