« 日韓トンネル | トップページ | 大山祇神社 »

2010年5月27日 (木)

守り、伝える

今日は、久しぶりに大島へ、

NPO法人わくわくアイランド大島の総会でした。黒島の船着場に着くと、フェリーを降りてくる方から、「今日はごめんよ、こっちで用事があるんで、、、。」と言う人に何人か会いました。

総会の会場(みんなで作った小屋)に行くと、参加者は例年より少なめ、

でも、皆さん、活気がありました。総会の後、みんなで記念写真を撮って

、そういやあ、去年も「来年は生きとるかどうか、わからんきん、記念写真とっとこ!!」といって、みんなで写真を撮ったことを思い出しました。

昼食の時に、欠席者のみなさんの近況なども話題なって、話が弾みます。そんな話題のなかで、ある人が、

「今日、来れたのは、今朝、電話をしてくれたおかげやわいね!!」「あんまり早よから、案内してくれても、忘れるけんねえ」と、、、、。

すると、もう一人の人が、「そうよ、そうよ、わしらあ当日の案内が、一番ええんよ。まちがいなく出席できるわなあ」と言いました。

その時、そおかあ!!私にとっては、できるだけ早めの案内がいいわけ、つまり価値があるわけだけど、みなさんにとっては、できるだけ間際の案内が価値の高いものとなっているわけです。

そんなふうに、高齢者の方と、若い世代との価値観の違いはどのようなところにあるのか?調査をしてみてもおもしろいかな、などと考えていました。

そんな、高齢者の方の町、大島、

夏の盆踊りが、すたれてしまって、せっかくの大島だけで歌われる、盆踊りの時の歌声も、

それを歌うことが出来る人が二人だけ、今年は、その一人の体調の関係もあって、歌えるのは一人が精一杯ではなかろうかということでした。

しかも、踊りも、「念仏おどり」として、大島独特のもだそうです。

丁度、10周年を迎える、「NPO法人わくわくアイランド大島」ですから、みんなで参加できる楽しいイベントをやろう!!と誰かが言うと、みんな、いっぺんに盛り上がって、

「念仏おどり」とその、歌を守ってゆくために、頑張ろう!!ということになったのです。

今年の夏は、老人パワーで、大島が熱い。

Img_1071

Img_1080

|

« 日韓トンネル | トップページ | 大山祇神社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日韓トンネル | トップページ | 大山祇神社 »