« 新たな産業を創成する | トップページ | 頑張る若手 »

2010年5月23日 (日)

全国若手政治家サミット

第一回全国若手政治家サミットに参加してまいりました。

開会すると早速、弁論大会となりました。

今回は、若手市長と若手市議の合同での初会合、私は?というと一応、物産協会会長ということで、オブザーバーです、年齢は50歳未満の人ということですから、年齢的にもオーバーエイジとなります。

とのかく、若さというものは、うらやましいですねえ!!

12名の弁論大会の弁士もあっというまに終わってしまいました。愛媛県からは、八幡浜市長の大城一郎氏、四国中央市の井原市長が弁士としてチャレンジ

新居浜市の佐々木市長は若手市長会の会長経験者として招かれていたようです。

井原市長のテーマ「愛をもってたくましい自治体を創ろう」の弁舌はグッドでした。

説得力もあり、分かりやすく、聞き手に響くものがありました。

私がこれはいいぞと思ったのは、まず井原市長の、それと、野の部さんという稲沢市議会議員のかたでした。

彼のテーマは「農の再生がふるさとを豊かにする。ニッポン食農革命!」で、非常に説得力がある、内容でした。

審査員の方の発表で、井原市長がみごと優勝!!

思わず、「やったあーー!」と大き目の声でいってしまいました。すごいですよねえ

その後、グループ、デイスカッションなどもやり、一日が充実した時間でした。

若い、ということは、かけがえの無いこと

日本はやっぱり、地域の若い志の高い、政治家のみなさんで変えてゆくのでしょうね。

こういう若い人を、支援したい!!

Img_1063

Img_1065

|

« 新たな産業を創成する | トップページ | 頑張る若手 »

コメント

憲政史上最低のルーピーズ(民主党鳩山政権)の無能ぶりが現在、発揮されています。しかし当事者にしてみればたまったものではありませんし、私事ですが私は以前、畜産業に従事したこともあり、本件の政府の無能ぶりに対して激しい憤りを感じ得ません。マスコミも一体となって民主政権(実際にはアカの集まり)の失政を誤魔化そうとしています。
 現在、宮崎県で発生している「口蹄疫」の防疫は国の支援が無い状態で宮崎県の官民が一体となり不眠不休で「全国に口蹄疫を広めないため」必死の活動をしています。また、全国から獣医が有志で集まり無償の活動を行っているとも聞きます。この防衛ラインが崩れれば口蹄疫は日本全土に広まり海外でも評価の高い日本の畜産業は壊滅してしまいます。十年前に発生した口蹄疫は自民党政権の下で迅速に対応され殺処分は700頭で済みましたが、現在では30万頭の殺処分決定と、国政の機能停止と言わざるを得ません。個人的に最低か最悪でも九州の畜産業は壊滅的な打撃を受けるのではないかと思います。そして「和牛ブランド」も存続の危機に瀕しています。既に宮崎ブランドの種牛は六頭しか残存していない絶望的状況で内一頭は感染の疑いが出てきました。これは他人事では済まされません。口蹄疫が全国に拡大した場合、「肉類の価格高騰」「国内移動・海外渡航の制限」等が我々に跳ね返って来ます。すなわち「食品高騰による家計への圧迫」や「国内外への移動制限…帰省や旅行にも行けない」状態が考えられます。 口蹄疫も伝染病である以上、封じ込めしか手段がありません。しかし、宮崎県の官民が一体となって不眠不休で活動するにも現在、
宮崎県の現場では防疫活動従事者が使用するタオルが絶対的な不足だそうです。口蹄疫がウィルス性の伝染病であり拡散を防ぐために防疫活動従事者が身体を洗う際に身体をふいたり、この暑い中、防護服着てるから大量の汗が出るのをふく、消毒液を拭くにもタオルはウイルス付着の疑いがある為、一度使用したら焼却処分しなければならず、現場では、タオルが絶対的に不足しているとのことです。皆さんの家庭にもデットストックのタオルや余分なタオルがあれば、宮崎の現場に一枚でも二枚でもイイので送って頂けないでしょうか??。 我々日本人は歴史的にも政府が機能しなくても、相互扶助の精神を発揮し難局を乗り越えて来た歴史と伝統があります。私は「愛国心」とまでは到達していませんが 「パブリックマインド(公共心)」は持ち合わせているつもりですが今のルーピーズ(民主党鳩山政権)は全くアテになりませんが我々で何とかしなければいけません。どうか、使い古しのタオル一枚でも送って不眠不休で防疫活動に従事している宮崎県方々にイチ国民として出来る物的・精神的支援が出来ればと思います。現地送付後、タオルは一回限りの使い捨てになるので使い古しのタオルでも構いません。皆様に是非ともお願いしたいのは、ご家庭で余っているタオルがあれば宮崎県の現場に防疫用タオル在中と書いて、支援を願いたく思います。現状、実際にTELして担当者にヒアリング出来た限りではタオルを送る場合は、
送付先住所
<川南町役場>
〒889-1301 
宮崎県児湯郡川南町大字川南13680番地1 川南町役場
口蹄疫対策室 資材課
<都農町役場>
〒889-1201
宮崎県児湯郡都農町大字川北4874番地2 都農町役場
産業振興課

投稿: 熱血 | 2010年5月23日 (日) 16時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新たな産業を創成する | トップページ | 頑張る若手 »