« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月31日 (月)

6月になりました

早、6月になりました。鳩山総理の普天間基地移転問題の解決期限であります。

なぜこうなってしまったのか?今更のように悔やまれてなりません。

また、沖縄の県民のみなさんの心中を察すればするほど、申し訳ないという気持ちで一杯です。

最初は、本心で「最低でも県外!!」と言い切ったのでしょうか??

その次は、「私には腹案がある!!」と言い切った、その腹案が今回の案だったのでしょうか?!

「沖縄県民の理解を得た上ですすめる!!」というのは、今度こそは実行するのでしょうか?

すべての彼の言葉が方便だとしたら、彼は人間失格と言われても仕方がないほどの存在だと思います。

また、アメリカに対しても、大きな信頼を失墜しました。今回の結論ぐらいで、その信頼が取り戻せるようなことはないでしょう。

近い将来、北朝鮮と韓国が戦争を始めて、それでも、「私は国連主義です」などと言っている場面でないような状態が、来ない可能性はないのであります。

国民の大多数が、いやだと思っているとしても、彼は政権運営を続けるのでしょうか?

禊をするつもりで、選挙を実施する意思を、持っていただきたいものです。

| | コメント (0)

2010年5月30日 (日)

大山祇神社

大山祇神社yの総門が完成し、それを記念しての献茶式が行われました。

写真は、その前日の懇親会でのスナップ、

来年、米寿をお迎えになる、大宗匠の元気さと、

笑顔のすばらしさに、

感動しました。そして、とにかくお元気です。

Img_1084

Img_1087

| | コメント (0)

2010年5月27日 (木)

守り、伝える

今日は、久しぶりに大島へ、

NPO法人わくわくアイランド大島の総会でした。黒島の船着場に着くと、フェリーを降りてくる方から、「今日はごめんよ、こっちで用事があるんで、、、。」と言う人に何人か会いました。

総会の会場(みんなで作った小屋)に行くと、参加者は例年より少なめ、

でも、皆さん、活気がありました。総会の後、みんなで記念写真を撮って

、そういやあ、去年も「来年は生きとるかどうか、わからんきん、記念写真とっとこ!!」といって、みんなで写真を撮ったことを思い出しました。

昼食の時に、欠席者のみなさんの近況なども話題なって、話が弾みます。そんな話題のなかで、ある人が、

「今日、来れたのは、今朝、電話をしてくれたおかげやわいね!!」「あんまり早よから、案内してくれても、忘れるけんねえ」と、、、、。

すると、もう一人の人が、「そうよ、そうよ、わしらあ当日の案内が、一番ええんよ。まちがいなく出席できるわなあ」と言いました。

その時、そおかあ!!私にとっては、できるだけ早めの案内がいいわけ、つまり価値があるわけだけど、みなさんにとっては、できるだけ間際の案内が価値の高いものとなっているわけです。

そんなふうに、高齢者の方と、若い世代との価値観の違いはどのようなところにあるのか?調査をしてみてもおもしろいかな、などと考えていました。

そんな、高齢者の方の町、大島、

夏の盆踊りが、すたれてしまって、せっかくの大島だけで歌われる、盆踊りの時の歌声も、

それを歌うことが出来る人が二人だけ、今年は、その一人の体調の関係もあって、歌えるのは一人が精一杯ではなかろうかということでした。

しかも、踊りも、「念仏おどり」として、大島独特のもだそうです。

丁度、10周年を迎える、「NPO法人わくわくアイランド大島」ですから、みんなで参加できる楽しいイベントをやろう!!と誰かが言うと、みんな、いっぺんに盛り上がって、

「念仏おどり」とその、歌を守ってゆくために、頑張ろう!!ということになったのです。

今年の夏は、老人パワーで、大島が熱い。

Img_1071

Img_1080

| | コメント (0)

2010年5月26日 (水)

日韓トンネル

先日(日曜日)、世界の平和と日本の明日を拓く愛媛大会に参加させていただきました。

梶栗会長の講演で、「日韓トンネル」の話をうかがいました。

「コンクリートから人へ」などという、わけの分からないことを言う、首相がいる今日この頃、

「日韓トンネル」とはまた、どういう論拠なのか、興味深く聞きました。

そこには、気宇壮大な構想が、あったのです。まさに、平和をつくる高速道路を、日本から韓国を通じて、中国まで、弾丸ハイウエイとして造ろう!!というもので、しかも将来的には、地球を一周できるようなパワーがあります。

そのドーロには、自足260キロ以上のスピードで走る、車が走ってます。

| | コメント (0)

2010年5月25日 (火)

日本経済のゆくえ

久しぶりに、ベンチャーキャピタルを経営している先輩にお会いしました。

今の政治に対する失望の大きさに、

早く何とかしなければ!!と意を強くしたところであります。

その会社も、もう国内での投資は考えてないそうで、基本的には海外の投資、特に中国での投資に力を傾けるとのことでした。

日本の大手企業は、ほとんど、海外に非難するだろうとの予測によるものでした。

「もう最近は、経済団体側からのさまざまな施策に対するコメントも出さなくなったろ!?」「財界も今の政治に対して期待もしていない表れだよね!!」

なるほど、そういやあ、財界筋からは、ここのところだんまりだよねえ。

総じて、自分達の政党の施策を正当化することばかりを考えた議論がなされ、国の行く末をどう支えてゆくのかの議論は見えてきません。

鳩山総理にいたっては、将棋で言えば、一手指すごとに、その前の一手の弁解をしているだけ!!

せめて二手先、できれば三手先を考えて進めてもらいたいものです。

もう、民主党だの、自民党だの、野党、与党などの対立軸で、どおのこうの、ではなく、

しかも、連立政権を保つために、一人の意見だけで、郵政制度を変えてみたり、また、同様に連立を保つために一つの政党に配慮した発表に変えてみたり、、、、。

そんなことをしている、政府が結局議決していることに、どの施策に対しても、国民の80%が反対しているという実情を、真摯にうけとめ、早急に解散総選挙を実施し、

国民の真を問うべきっではないでしょうか?!

| | コメント (0)

2010年5月23日 (日)

頑張る若手

先日書き込んだ「若手政治家サミット」の現場で、一生懸命頑張ってた二人、

新居浜の市会議員の大石議員と永易議員、

同時開催の全国物産展でも、会場設営から、客の呼び込みまで、

さらには、グループデイスカッションでは、リーダーとして、グループの討議内容をまとめて発表していました。

彼らの姿を見ながら、私の知らないところで、どんどん成長してるんだなあ!!と感じました。

Img_1067

上の写真は大石議員の発表、下は永易議員

Img_1068

その後、二次会で彼らと待ち合わせたのが、新居浜出身者が経営してる「風雲児」

居酒屋だとばっかり思っていってみると、ラーメン屋さんでした。しかも東京で一番のラーメン屋さんだそうで、夜8:30ごろなのに、とてつもない列ができてました。

新居浜出身者、頑張ってますね!!

| | コメント (0)

全国若手政治家サミット

第一回全国若手政治家サミットに参加してまいりました。

開会すると早速、弁論大会となりました。

今回は、若手市長と若手市議の合同での初会合、私は?というと一応、物産協会会長ということで、オブザーバーです、年齢は50歳未満の人ということですから、年齢的にもオーバーエイジとなります。

とのかく、若さというものは、うらやましいですねえ!!

12名の弁論大会の弁士もあっというまに終わってしまいました。愛媛県からは、八幡浜市長の大城一郎氏、四国中央市の井原市長が弁士としてチャレンジ

新居浜市の佐々木市長は若手市長会の会長経験者として招かれていたようです。

井原市長のテーマ「愛をもってたくましい自治体を創ろう」の弁舌はグッドでした。

説得力もあり、分かりやすく、聞き手に響くものがありました。

私がこれはいいぞと思ったのは、まず井原市長の、それと、野の部さんという稲沢市議会議員のかたでした。

彼のテーマは「農の再生がふるさとを豊かにする。ニッポン食農革命!」で、非常に説得力がある、内容でした。

審査員の方の発表で、井原市長がみごと優勝!!

思わず、「やったあーー!」と大き目の声でいってしまいました。すごいですよねえ

その後、グループ、デイスカッションなどもやり、一日が充実した時間でした。

若い、ということは、かけがえの無いこと

日本はやっぱり、地域の若い志の高い、政治家のみなさんで変えてゆくのでしょうね。

こういう若い人を、支援したい!!

Img_1063

Img_1065

| | コメント (1)

2010年5月20日 (木)

新たな産業を創成する

政治主導の政策実施といいながら、それぞれの政党内部に、既得権域を守ろうとする勢力と、きわめてリベラルを目指す勢力が存在するため、

なかなか、思い切った施策の実施ができない状態ではないだろうか?!

自民党にも、民主党にも、同様の勢力構造があって、なにか規制を緩和しようとすると、必ず反作用が生まれる。

中央省庁もそうであります。

ただ、現状の政治状況、つまり民主党のまちがった政治主導では、志の高い行政マンでさえ、意欲を削がれてしまっています。

今、日本が危機的状況にあるなか、新たな産業の創成を急がなければならないのですから、

既得権域にしがみつくやからには、即効、退場いただき、新たな自己規制を設けながら、新たな産業を構築してゆかなばなりません。

私が取り組んでいる、CPC(細胞培養施設)による、再生医療の世界もまさしく、

医療の領域として成長してゆくのか、医療産業としての成長が望めるかの瀬戸際にあります。

現在は治療として、薬事法の規制は無いものの、CPC自体のガイドラインや、技術者の資格等についての規格がまったくないため、

こういう時こそ政治的判断で、後押しを願いたいところですが、

逆に、民主党の影響で、今の省庁は、新たな取り組みには消極的なうえに、事なかれ主義にもとずく、問題を起こしたくない主義になっていると言わざるをえません。

年金問題、医療問題、など

特に、厚労省の内部の問題などは、せっかく政権交代して抜本的にとりくめる状況にあったにもかかわらず、なんら取り組んでいません。

結局、民主党は、政権交代が目的で、それ以降の、本格的改革の意識は、希薄であるとしか思えません。

世界の中の日本、経済が危機的状況にある日本、

政治家総がかりで取り組むべき課題は、さまざまな現状の問題に取り組みながら、そこに新たな産業を生み出す方向性をもつべきだと思うのです。

| | コメント (0)

2010年5月18日 (火)

世論迎合か友愛か?

普天間基地、移転問題も期日まであとわずかになってまいりました。

鳩山総理のこれまでの行動は、最悪の結果となりつつあります。これまで私もこの問題にふれながら、自分ならこうするとか、自分ならこのような発言をするなどと、考えてきました。

まずは、オバマ大統領に「私を信じろ!!」とまで言っておきながら、なんら行動を起こしていなかった。

それと、沖縄県民の対米基地反対の感情に、油を注ぐようなことをしておりながら、今日まで、なんら対策をこうじなかった。

何故、つい先日まで沖縄を訪問しようとしなかったのか?疑問でなりません。

田原総一朗氏のブログの中で、彼が官邸まで出向いて、その質問「何故、これまで沖縄を訪問しなかったのか?」という質問をしたと書かれています。

http://www.taharasoichiro.com/cms/   田原総一朗氏のブログアドレス

鳩山総理は、「周りの人が行く必要がないと言っていたので、、、、。」

この言葉だけでも、鳩山総理に信念のかけらもないことを証明するのではないでしょうか?!

どんなに愚弄されようとも、沖縄県民のことを考え、、、、。などと言っている鳩山総理の言葉が、すべて、世論迎合を思考にた言葉にしか思えなくなりました。

彼の、政治家としての信念はどのていどなのでしょうかね!!

普天間基地問題一つとっても、歴史上、最悪のトップリーダーを、私達は配しているのではないでしょうか?!

民主党の大臣クラスも、我が事ではないそぶり、

日本の政治が、沖縄県民のみならず、全世界から、信用を失ってしまうような状況にならないように、

政治に革命が必要な時が来たのではないかと思います。

| | コメント (1)

2010年5月17日 (月)

物産協会

物産協会の総会が開催されました。私が協会長になって早、2年がたちました。ようやく物産協会の実質的な中身が分かるようになった程度です。

私の使命は二つ、新居浜の物産を全国に売り込むこと、そして、もう一つは、その活動とあわせて全国に通用するブランドを創ることです。

そういう意味では、総会の数日前に開催した、ショップチヤンネルの篠原社長の講演は、いいチャンスをみんなに提供できたと思います。

また、その前に、開催した、キッチンエールの今井社長の講演会も、バイヤーを数人連れてきてくれ、協会の皆さんに、いいチャンスとなったと思います。

Img_1038

今年は、三つの目標をかかげました。その一、物産協会を法人化すること、

その二、協会主催のイベントを開催する。すでに、いくばかりかは実施していますが、本格的な物産イベントを開催します。

そして、その三、新居浜バイヤーズガイドのような、物産マップを作成します。

Img_1027

その三つの施策を実施して、新居浜のまちづくりに貢献してゆきたいと思います。

| | コメント (0)

2010年5月15日 (土)

時代の流れ

最近、感じることがあります。政権交代を実現した民主党の役割は何なのだろうか?ということであります。

政権交代は日本の政治の歴史上、大きな意義があったと思います。前回の政権交代とは全く違う意義を持っていると感じます。

しかしながら、せっかく政権交代をなしえたにもかかわらず、それをなしえた民主党の役割は、もうすでに終わりつつあるように思えてなりません。

自民党政権は倒されるべきでありました。いかに優れた組織であろうとも50年以上続けて、その組織を維持することは、

日本の将来のためには、マイナス要素が大きく、

組織を一掃して、自己改革に励む時期が必要でありました。そういう意味では、政権交代を余儀なくされて、今の自民党は、民主党に感謝しなければならないのでは、ないでしょうか?!

ここで、民主党の誤りは、政権交代が目的になってしまっていたところであります。

政権交代は、新たな政治を創造するための一手段であって、

その新たな政治とは、地域の側から風を起こしてゆく政治でなければならないのでは、ないでしょうか?!

しかし、民主党の選んだ政治の流れは、まさしく中央集権であります。

地域からの陳情の一元化、

中央官僚の人事権限の内閣府への一元化、

数字の上で、勝ちすぎた民主党は、狂気の組織作りを始めました。そのうえ、マニフェストで掲げた政策は、あたかも国民生活第一を標榜する政党を演出し続けて、

その実、選挙に強い、選挙向けの、国民に耳ざわりのいいことばかりを発表しつつも、

私達の生活に、大きな負荷をしいるものばかりであります。

政権交代を実現した段階で、民主党は、自分の政党内の既得権域を獲得しようとする者とは、決別をするべきであったのでは、なかったのではないでしょうか?!

現状の政治を進めようとする以上、民主党の政権交代による役割は、もうすでに終わっているとしか、言わざるを得ないと思います。

今、竹の子のように、ニョキニョキできている新党は、

そうではない政党もありますが、

基本的には、地域主権、

地域からの「風」を起こそうとしています。

ですから、私は、今年の参議院選挙よりは、来年の統一地方選挙に、新たな政治の流れの源流が生まれる予感があります。

その大きな流れの中心に、自民党が存在できるかどうか、

それは、今回の参議院選挙の勝敗よりも、参議院選挙の戦い方にあるように思えてしかたありません。

| | コメント (1)

2010年5月14日 (金)

イーチョン市長選

韓国出張の帰りに、知り合いの選挙事務所を尋ねてみました。

ソン氏は数年前、国会議員として、行政視察に新居浜を訪れました。陽気で、体格もよく、どう見ても弁護士をやってるようには、私には見えませんでした。

英語も堪能で、当時は、ウリ党が強い時期でしたので、勢いもありました。

その彼が、衆議院議員を辞任して、イーチョン市長選に出馬しているというので、事務所を訪問してみました。

Img_1036

韓国の選挙では候補者の看板は、かなりでっかいですよねえ!!

Img_1037

ビルいっぱいに張られているシートに彼の笑顔の広報が、、、。

事務所の中は日本の選挙の事務所と同じで、活気がありました。

アポはあえて取らずに訪問したので、当然のことですが、候補者とは会うことはできませんでしたが、

「頑張ってください」と伝えてくださいと、伝言をお願いしたくて訪問した旨を言うと、

スタッフの方や秘書のみなさんに、ひどく感謝していただき、

私としては、韓国の事務所の雰囲気だけを感じることができればとの、軽い気持ちでしたので、かえって恐縮してしまいました。

そういやあ、前には、パクチョンの衆議院選挙の時に、必勝の為書きを持ってきたなあとか思い出しながらその場を失礼しました。

パクチョンとソン氏は友人で、彼を私に紹介してくれたのも、パクチョンだったなあ、、、、。

| | コメント (0)

2010年5月12日 (水)

三浦旗杯剣道大会

私も教わったことのある、三浦先生、

Img_1030

Img_1031

| | コメント (0)

運動会

こいのぼりが元気に空を舞ってました。地域の皆さんが、楽しみにしていた運動会、

皆さんの、笑い声や、笑顔で一杯です。光明寺自治会の住民運動会は、その時にあわせて郷里に帰って来る人や、

その人を、地域で待ってる人、

皆さんの、運動会、

この運動会ならではの競技があります。

Img_1011

わらを綯(な)う競技です。

Img_1013

実は、わらを綯うという言葉を、私はここで知ったのです。

| | コメント (0)

2010年5月10日 (月)

この格好は?

この格好は、これから何をしようとしているのでしょうか?

けっこう、大型の水鉄砲を片手に、

しかも、長靴で、

F1030249_1

実は、墓掃除であります。

文字のところに、「あく」のようにたまっているやつを、歯ブラシで磨いた後、この水鉄砲で洗い落とすのです。

この前の日に、990円で買ってきました。

果たして成果は?というと、

この水鉄砲をもったまま、墓から落っこちて、まあ!!大変でした。そんな、落っこちる前の私、、、。

連休の中の一日(5月3日)でした。

| | コメント (0)

2010年5月 9日 (日)

一生に一度の

5月1日、「美しが丘にいはま」分譲地の敷地内で植樹祭を行いました。

私達が計画した「美しが丘にいはま」を選んでいただき、そこへ移り住む決断をしていただいたみなさん、

つまり、一生に一度の大決断をしていただいたみなさんにとって、記念になるようなことを、なにかしたい!!

そう考えながら、じゃあ、私達、分譲地を提供する側にとっては、どうなんだろうか?

何人かいるお客さんの一人としか、その人を考えるのではなく、

お一人、お一人との出逢いと、この感謝の気持ちをみなさんに伝えながら、

みなさんと、喜びを共有したい、

そんなことで、植樹祭を企画することとなりました。

当日は、みんなの笑顔がいっぱい!!

「来年、桜が咲くのがたのしみですねえ!」と言ってくれる人、

「ここを、購入して、ほんとよかったよ!!」と言ってくれる人、

まだ、家も立ってない人も一同に、参加いただいてるものですから、入居前からの、隣近所付き合いができたりして、

今回の、植樹祭の企画をしてよかったと、心から思える一日でありました。

Img_0987

Img_0993

| | コメント (0)

2010年5月 7日 (金)

久々の街宣

5月2日、久々の本格的、街宣を行いました。参議院選の候補者、山本順三氏の同行です。

西条市地域から、新居浜、土居、三島、川之江と、一箇所30分程度で、8:00から17:00頃まで、みっちりやりましたよ~~ん

各街宣場所では、それぞれの支部の方に応援もしてもらい、

場所ごとに、しゃべる内容を少しずつは変えようと思うのだけれど、

それまでしゃべった内容を覚えてないような状況なものですから、まあ、勢いだけのスピーチって感じです。

Img_1000

| | コメント (0)

2010年5月 2日 (日)

明日は一日

明日は、一日中、街頭演説です。西条から新居浜、四国中央まで縦断的に実施します。

明日は、思いっきり言うたろ!!

| | コメント (0)

2010年5月 1日 (土)

元気で頑張って

今日の街頭演説を終えて、8:00頃に事務所に帰ると、街頭演説の最中に手を振ってくれた方が、来られました。

「今のままじゃ、いかんのじゃけん、頑張らんかいよお!!」「元気で頑張るんよ!!」と

車を降りて、私を見つけるなり、そう言ってくれました。

うれしくて、握手をさせていただきながら、涙がでそうで、、、、。

「また、よってください!!頑張りますから、、。」と言うのが精一杯でした。

その人は、旧東予市の方で、朝の配達の途中、立ち寄ってくれたのです。仕事の途中なのでと言いながら、早々に帰っていかれる車を、ずうっと見送っておりました。

自分自身に、もっと、もっと、ガンバらなあ!!と、、、。

5月2日は東予地域を縦断的に、街頭活動を続けて行きます。

街頭演説は、ただ一方的に、通行している人に演説している行為だと思ってましたが、

街頭演説でも、出逢いは十分あるのだと、思えるようになった、今日でした。

| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »