« 構想日本シンクネット | トップページ | 新居浜倶楽部 »

2010年2月 4日 (木)

少年式

少年式で講演をさせていただきました。前日が東京で「関東新居浜倶楽部」の会があったため、その夜、夜行に飛び乗り、朝、到着してから直接中学校のほうへ、

会場は、少し寒かったのですが、きりりと引き締まった、2年生諸君の前では、その寒さも吹き飛ぶような感じがいたしました。

「少年式」というのを開催しているのは、愛媛県だけです。他県では、「立志式」として何県か開催しているだけです。

昔で言う、14歳の元服を祝う、また、少年に自覚を促す意味でも、少年式といのはいいと思うんですが、、、。

「ボランテアを育む」というテーマで、講演をさせていただきました。

最初に、今日の話を通じて皆さんに理解していただきたい、「弱さの強さ」について切り出しました。

これは、私自身の生涯のテーマでもあります。

灰谷健次郎の「がんばれマリちゃん」

フィリピンの子供達の笑顔

阪神大震災の避難所の人々

平成16年の新居浜の豪雨災害での高校生ボランテア

それらの、私の体験にもとづく話をしながら、「弱さの強さ」というものを感じる人になってもらいたいと心をこめて話したつもりです。

あっという間に持ち時間が来てしまって、終了。

できれば、生徒のみなさんと、もう少し対話をしてみたかったのが本音のところです。

講演終了後、生徒の職場体験の発表会がありましたので出席をさせてもらいました

どの子の発表も、職場体験で自分の今後の進路を模索しているかのように真剣に取り組んでいる姿を感じることができ、逆に、ずいぶん刺激を受けました。

しかも、職場体験にもとずき、今後自分がどうしなければならないかとか、何に気をつけてゆかなければならないか、などしっかり自分なりの意見をまとめているところが感心できました。

私の会社の発表もこのようにしたいものだなと思いつつ、会場を失礼させていただきました。

Img_0482

Img_0481

|

« 構想日本シンクネット | トップページ | 新居浜倶楽部 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 構想日本シンクネット | トップページ | 新居浜倶楽部 »