« 気配りを教わる | トップページ | 博士号取得 »

2009年12月 5日 (土)

政権構想会議公開意見交換会

政権構想会議公開意見交換会に出席してきました。冒頭、谷垣自民党総裁、そして政権構想会議座長の伊吹文明氏より挨拶がありました。

その後、議事に入る前に、舛添要一幹事より討議メモに関しての説明があり、その討議メモにそって議論をお願いしたい旨がありました。

討議メモに関しては、事前に議論されたもののような感じは受けない、どちらかと言えば、舛添氏所感の理念としての自民党のあり方のような内容で、部外に出せるようなものでは、ありませんでした。

「これに関して議論したんだよ」と言うと、「何やってんの?!」と言われそうなものです。

「それではご意見を!!」と司会の河野太郎幹事より案内があると、一斉に挙手があり、

活発な意見の発言が続きました。

その意見をどのように集約するかというよりは、いわばガス抜きのような感じに思えました。

私には、この意見交換会で、何を成果として得ようとしているのか?の説明もなく、スタートされたまま、意見をどんどん出してもらうというスタイルの会議は始めて、

最終的に、政権構想会議のとりまとめに、地域の党員のみなさんの理解を得ることができるかどうか、若干の不安が残りました。

今こそ、自民党の本気が問われているのではないでしょうか?

では、政党の本気とは何なのでしょうか?自民党の覚悟とはどのようなものなのでしょうか?

それは、民主党に対してぶつけるものでもなければ、

民主党と比較対象して優位性を保とうとするものでもないわけで、、、。

国民にしっかりぶつけるものなのでしょう!?

言葉や、文章によって、自民党はこのように変革してゆくのですと示したでけでは、

本気や、覚悟は伝わらないと思います。

つまり、今の自民党に残された、

国民から信頼を勝ち得る手法は、行動で示すことしかないと思うのです。

政党が、運動論をもって、実践してゆくことが、これからの政党の姿なのかもしれません

これまで、社会のさまざまな利益や主張を代表したり、さまざまな主張を統合して一つの体系的な政策にまとめることをなおざりにしてきた政党、

権力の自己目的化が顕著になってきた政党、

ビジョンを指し示す力が低下してしまった政党がまず起こさなければならない行動は、

政策形成段階で、地域に出向き、地域と交流し、地域と協働で政策を作り上げるという、

運動体のような動きを伴ったものでなければならないと考えます。

さらに、政治家は個々に、より深く地域の実情に足を踏み入れてゆく覚悟が必要です。

大衆迎合型政治に埋没してしまっている民主党が、国民から信頼を失墜するまで、それほどの期間は必要ないと思います。

それまでに、政治に対する国民の信頼を取り戻すことのできる政党に、

自民党がなれているばいいなあと思うのですが、、、、、。

|

« 気配りを教わる | トップページ | 博士号取得 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 気配りを教わる | トップページ | 博士号取得 »