« お披露目その2 | トップページ | 生木地蔵 »

2009年10月10日 (土)

予算の削減

2兆5169億円、現時点での補正予算削減額であります。

目標の3兆円にとどかない!!と、現在も削減策をすすめているのでしょう。

予算の削減は実にいいことではありますが、

その削減額のみが一人歩きしてるように思えてなりません。いくら削減するかを議論するのではなく、

何故、削減するのかを、知りたいところです。今後の予算の見直しに参考になる指針を示すべきで、

無駄を削除すると言って、事業を中止してしまうことは、これまでの事業を否定することですから、

今まで、その事業を進めていた関係者にとっては、断腸の思いで口を閉ざしていることと思います。

現在のような、経済状況だから休止する事業と、事業を根本的に廃止する事業とは、分けておいていただきたいものです。

あたかも、予算そのものを、無駄の塊のような表現で言い切って、それを削除することで、世の中の「しくみ」は変わらないのではないでしょうか?!

その、削減について、どのような基準で削減し、どのような視点から、事業存続にいたったのかを知りたいですね。

スクールニューデイールの施策自身を中止するということは、政権交代を知らしめるためであって、この場合は、無駄と言い切ってのものでもありません。

つまり、現在削減する予算の中でも、無駄を排除するという意図のものと、政権交代の見せしめ的なものとがある、と理解しておいたほうがいいでしょう。

後者の場合は、せめて、それに替わる政策を用意しておいてもらいたいものです。、

その代替案を用意しておかなければ、国民に不安をいだかせてします。

いっそのこと、事業中止によるメリット、デメリットも、広く公表してもらいたいです。

今、社会の大きなうねりの、真っ只中に私たちは佇んでいるのでしょう

その、うねりの向こう側にある、新たな社会を築き上げてゆくために、

新しい「しくみ」が必要となります。

さまざまな、「しくみ」をみんなで、粘り強く奨めて行かねばなりません。

|

« お披露目その2 | トップページ | 生木地蔵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お披露目その2 | トップページ | 生木地蔵 »