« 原点を忘れず | トップページ | 都議選に感ずる »

2009年7月10日 (金)

風は吹くのでしょうか?

東国原知事の中央政界への参入、

橋下知事の首長連合の結成への動きなど、

新たな、政界への動きが激しくなってきました。

橋下知事も支持政党を決めると明言していますし、今後の彼の言動が注目されています。

その中で、先日、愛媛に来られました。地域主権型道州制についての講演と、その後のパネルデスカッション、

公演には間に合わずに、会場に到着してから、知り合いの感想を伺いましたが、かなりよかったという評価でした。

私が聞かせていただいたパネルデスカッションは、すこし橋下知事の突っ走りぎみのような感じがうけました。

それと同時に、地域の中でも、投資効果のある地域に集中投資して、そうでない地域(中山間地域)は、その、儲かる地域に食わせてもらう方がいいんだ。という彼の意見には

すこし、違和感を感じました。

地域主権といながら、地域の中での都市部への集中を助長することとなる意見には同調しかねる部分があります。

しかし、現時点で、地域としての意見を力強く発言してもらえる彼の行動から、新たな風が吹くかどうか、見守って行きたいと思います。

ただ、支持政党を絞った時点から、吹きそうな風も弱まってしまうのではないか心配です。

東国原知事の動向も、出馬宣言をはっきりした時から、彼の意見自体が、さらに軽くなってしまわないか危惧するところです。

つまり、地域からの風は、あくまで地域から、

地域の理論は、どの中央政治にも迎合することなく、押し進めてゆくことによって、新たな風が起こるのではないかと思うのです。

私を包む風は、さらに地域に密着した風です。

それでも風を吹かすことができるでしょうか?わたしの風を、、、、、。

|

« 原点を忘れず | トップページ | 都議選に感ずる »

コメント

民主小沢は新人候補達にドブ板選挙を伝授している
彼らは組織力に劣るのと知名度の低い新人候補者だというのを自覚していて
無党派層に顔と名前を売り込むのにチカラを入れている
政策を語るだけが目的でなくコマメな辻立ちと握手で名前と顔と親近感を売り込むのが目的だ
民主候補の演説内容を通行人で覚えてる人は少ないが一生懸命頑張ってるイメージは残る
誠実で熱心な候補者というイメージを造り上げている
投票率が上がるであろう総選挙では無党派層からも票を得なければならない
集会や座談会に来てくれるような優しい有権者以外からもだ
総選挙まで僅かだが無党派対策等やり残しのないように

投稿: | 2009年7月10日 (金) 17時43分

東国原知事が自民党に要求された全国知事会の地方分権案をマニフェストに入れること、ご自身を総裁候補として闘う覚悟はあるのか?という発言に私は、ある種の矛盾を感じました。将来的に道州制という地方分権を想定するのであれば、地方の長として臨むことが重要だと私は思います。地方分権を叫びながら、自らは中央に出て行って総裁になろうというのは時代に逆行していると言えるではないのしょうか?。道州制に移行するためには、地方自治体で出来ることを最大限に活かしつつ、その実現に必要な法律改正などについては、中央に派遣した議員に任せるべきだと思います。こうした地方連合を作り上げることで、根気強く国政に影響を与えていく事が橋下知事らの提唱されているものだと思います。橋下知事や中田市長などの新しい動きも、道州制という統治機構を前提に徹底的に実行していくならば、非常に面白いと思います。また、マスコミ報道等の支持調査から観ると、知事や市長という立場は「将来首相や大臣になるためのショートカット」ではないと国民は思っているのではないかと感じました。そういう意識が少しでもあるなら、すぐに改めて頂きたいと思います。知事や市長には地方分権の担い手としての大きな役割があると思うのです。現場主義を原点され至誠を貫かれている白石徹県議こそ我々の地域の意見を国家に導いて下さる方だと存じ上げます。

投稿: 熱血 | 2009年7月10日 (金) 20時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156702/30485037

この記事へのトラックバック一覧です: 風は吹くのでしょうか?:

« 原点を忘れず | トップページ | 都議選に感ずる »