« 最後の登壇 | トップページ | 社会を明るくする運動大会 »

2009年7月 5日 (日)

最後の登壇2

最近、同様に最後の登壇の機会を得たのは、山本参議院議員と菅良二今治市長です。

二人の、話した内容を、もう一度、読み返しても

自分の言葉は浮かんできませんでした。

結局、その場で思いのままに話す、ということにしました。まあ、私らしい結論です。

質問の前、傍聴に来ていただいたみなさんのところへ、挨拶に、、、。

それまでは、どうってことは無かったのですが、地元のみなさんの顔をみると、

思わず、目頭が熱くなって、、、、。

通路に飛び出て、涙を拭きました。やっぱ地元の人の顔は、、、、、。

議場では、みなさんの顔はあまり見えないので、大丈夫でした。

最後に、地域から日本を変えるを力いっぱい訴えて終了しました。

何か、一区切りがついて、ホットしてる私ですが、

現実は、相変わらずのスケジュールに追われて、走ってます。

|

« 最後の登壇 | トップページ | 社会を明るくする運動大会 »

コメント

自民党よ
今後は知名度頼りの安易なタレント候補の擁立をせず
政治経験のある地方議員を国政に送り込むべきだ
著名人個人の人気に頼るのも悪くないが軽い印象がつきまとう
生活に四苦八苦している庶民には理解を得られないぞ
徹県議、県民や市民のため10年間働いて頂きありがとうございました
大逆風ですが何とか踏ん張って国政で活躍を
ps・・・自民党の悪口は聞くけど候補の人柄を悪く言う人はいない

投稿: | 2009年7月 6日 (月) 12時00分

上の方に同感です。最初に東国原知事の発言を聞いたときには、元芸能人らしい冗談かと思いました。本気だと言うのですから驚きましたが、ここには大きく2つの誤解・問題点があると私は感じています。まず1つには、おそらく安倍元首相、福田前首相、麻生首相といった面々と自分を比較して、彼らよりも自分の方ができると思っているという点です。残念なことに比較対象として考えるには、最近の日本の首相ではレベルが低すぎると言わざるを得ません。彼らと比較してみたところで、東国原知事が首相の職責に耐えうるかというのは全くの別問題です。
 首相になるということは、国を預かるということです。今、東国原知事は、日本の外交・通貨の発行といった分野において、具体的な構想を持ちえているでしょうか?何か具体的な主張があるでしょうか?そもそも、そういった分野について基礎的なトレーニングを積んでいるかということ自体、私には疑問です。マスコミの人気に押される気持ちも分かりますが、もう少し冷静になって自分のスキルについて見つめ直してもらいたいところです。またもう1つには、東国原知事が県の経済を復興・活性化させるという意味では、殆ど成果を残せていないということです。今、一部の知事や市長がもてはやされ、国民からの人気も高いようですが、こうした現象はマスコミに問題があると私は思います。このような乱世にこそ白石県議の様な地道な活動を続けてこられた方が必要だと思います。白石県議の様なお方と同時代に生かさて頂いていることに感謝させて頂きます。地元から日本を変えて行く気概に賛同させて頂きます。

投稿: 熱血 | 2009年7月 7日 (火) 23時50分

ある面、お笑い出身の知事で、話をするのは上手いかもしれないし、宮崎を売り込むのには、成功しているかもしれないが。こんなのに、外交防衛の判断までやらせると話は別です。
 今の自民党にも、勝手に北朝鮮に行って、何をやっているのか?と思うほどの福岡出身の方とか、北朝鮮を拉致被害者を帰せと言った、東北地方出身の議員さんとか。 JPの社長人事で騒ぎ、野党の踏襲の兄貴を援護射撃し、それほど残す必要があるのか疑問な郵便局を残せといったり、2重あごの元総務大臣、こいつも相当政治を私物化している。こいつは以前に、アルカイダの友人がどうしたとか問題発言していたのに、総務大臣にして、こいつらを束ねれないのか? 小泉さんがやった、自民党ぶっ潰しても選挙に勝ったが。
 経験豊かな政治家も、たいぞうとか、武部のボーリング部の後輩のスーパーの社長とか、防衛予算担当の主計官でPAC3の配備数をぶった切ったのが、彼女の手柄だと議員に当選していた時に雑誌のインタビュー記事で書いていましたが。
 6カ国協議なんて、適当にあしらって、通常の弾頭の弾道ミサイルを数百機単位で移動式発射台を配備して、ノドンミサイルを撃ってきたら、発射基地を3発ぐらい反撃するくらいでないと、アメリカとの同盟なんて当てにならないし、政府見解を見直せば、できるように思います。
 北朝鮮の核実験やミサイルに対する対応は野党の党首の考え方も不透明、外国人に対する参政権もはっきり方針を言っていない。
 これが、小選挙区にして目指していた、2大政党政治なのか? 隣の韓国の大統領選を勝ち抜いた
李明博さんと比べて、とほほほほです。

投稿: MrBooo | 2009年7月13日 (月) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156702/30409725

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の登壇2:

« 最後の登壇 | トップページ | 社会を明るくする運動大会 »