« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月30日 (木)

民主党マニフェスト

今週は今日が初めての書き込みとなりました。毎日、疲れて寝てしまうので、、、、。

早朝から、夜遅くまで、一日に4回ぐらい着替えながら頑張ってます。

しっかし、暑いですねえ~~~!それと、身体を気遣って、けっこう水を飲むものですから、なおさら汗がすごいです。

汗を拭かずに、次の服を着ることも慣れてきました。でも、汗はきっちり拭いてから着替えた方が気持ちいいですよね!!

ところで、、、、!!ところで、民主党からマニフェストが出ました。我が自民党からは31日に発表と聞いています。

とりあえず、民主党のマニフェストを検証することといたしました。

ん??とにかく財源を提示できたら、けっこう、よさそうに聞こえますが、

国民の意欲を沸き立てるようなものでは無いですね!

つまり、「結果の平等」が前面に出すぎていると思います。

このあたりは、自民党からのマニフェストが発表されてからじっくり述べるとして、

あまりにも財源を度外視しすぎなのは、「人気取り政党」と言われそうな感があります。

しかも、もうすでに、十分人気は民主党に傾いているのに、それに、追い討ちをかけるべくマニフェストを発表したのでしょうが、

これは、マイナスですよねえ!!

話は変わって、1996年、民主党が結党した年、

私は、8000人規模の、サマーコンファランスin横浜を総責任者として開催しておりました。

その時に、私が発表した提言書「使命のゆくえ=新人間社会の創造」は、結構、好評でして、

その時に、パネラーで来ていた、菅直人、当時厚生大臣から、60冊の注文をいただいて、喜んでいたら、

その年の秋に、民主党結党のニュースを聞き、また、その時に発表した民主党の提言書が、あまりにも内容が似ていたので、みんなで、「うそだろ~~~!!」などと言ってたころを思い出しました。

民主党って、政策を創るのは不得意なのでしょうか?!

今回の、民主党のマニフェストを読んで、この党でゆこうと思う人は、少なくなるのではないでしょうか?!

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2009年7月26日 (日)

雨が気になる

今日は市民一斉清掃でした。

7時前ごろに雨脚がきつくなりましたが、7時頃には小雨、一斉清掃は実施することとなりました。

私は毎年、団体として参加してましたので、別の場所で活動しましたが、今年は、地元で

みなさんと一緒に、、、、っとせっかく頑張るカッコで来たのに、この雨です。

ゴミを拾いながら、ずう~~~っと歩いていると、なんとタバコの吸殻の多いこと!!

まだまだ、ポイ捨てがこんなにあるのかと、、、、。

ポイ捨て禁止条例のようなものを考える必要もあるのかしらねえ

それにしても雨の降り方がいままでと違って、ザーーっときつく降るかと思うと、小雨になったり、また、厳しい降りになったり、、、。

とにかく、雨の降り方も以前とは違うような気がします。

今週は、先般、建設協会で調査をしてくれた「危険箇所」について、再確認して、今のうちに対応出来るところと、大きい雨の時には早めに避難喚起するなり、その時に対応するべきところを見ておこうと思ってます。

Imgp7110

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月22日 (水)

けっこう真面目な

セックスマシンガンズに遭遇しました。

四国中央市の豊岡海岸でのイベントに出演するべく来てたのです。

知り合いの人から声をかけてもらって、仮設の楽屋でワンショット、

私の左隣の彼が、新居浜出身の「あんちゃん」

すっごく真面目そうな青年です。他のメンバーも、

ステージは、さすがプロ!!圧巻、圧巻、、、、、!!です。

新居浜出身のボーカルの人がいるバンドというだけで、すごく身近に感じてしまう。よ~~~し、このバンド応援しよ!!ということになる。

後で聞いたことなんですが、「あんちゃん」も新居浜でのイベントなら、足代だけでも、行って、新居浜の人たちをすこしでも元気づけたいと言ってたそうです。

いい青年でしょ!!ふるさとを愛する気持ちを持ってる、故郷に住む人々を大切にしたいという心を持ってる。

郷土に対するこだわりというものは、そういうものなですよね!

よお~~~し、新居浜でセックスマシンガンズと私のバンドとのジョイントライブを企画しょっと!

Img07203 Img07204

| | コメント (9) | トラックバック (0)

解散

「解散!!」ようやくこの言葉の響きを得ました。

これまで10ヶ月間の活動が発射台の建設とするなら、今、まさに、

ロケットの発射の瞬間と言えるのでしょう。

また、解散は人に素直さも与えてくれるように感じます。

覚悟を決めての出馬ではありましたが、その覚悟をもう一度仕切りなおししたようなもんですね、、、。

しかし、これまでとは違うのは、8月30日という期限がついてることです。

これまでの10ヶ月は私の生涯において、かけがいの無い10ヶ月であったと思えます。

しかし、これからの40日は、

これまでの10ヶ月よりも何倍も凝縮された日々となることでしょう、

自分の人生を賭けた、40日を、

自分の生き様として今後、誰からも何も言われることもなく、

多くのご支援を賜っておる人々の、心に、そむくことも無い、

そして、逆風を、さわやかに、それでいて雄雄しくかき広げ、

前進してゆく、、、、。

たてがみを風に揺らしながら、そこに佇む、白獅子でありたい!!ものですねえ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年7月20日 (月)

いい試合でした

解散前日、20日、第一試合は新居浜西(私の母校)と今治西との夏の甲子園大会の予選試合でした。

午前中は活動をサボって応援に出かけてきました。

西高OBとして、

また、今回は今治西に若干の対抗意識もあって、

初回、1点をとったと聞いて(実はチケットを買ってる最中でした)、おお~~~~!!やってくれるぞ~~~!!と、思いつつ入場、

すでに、1回の裏、同点でした。

その後、点を入れられても、いいプレーが続きました。

負けはしたものの、点差ほどは感じない、拮抗したいい試合だったと思います。

私も高校のとき、応援団長を務めましたので、そんなことも思い出しながら、力の入った声援を送らせていただきました。

後輩の諸君、8月30日には、今度は私が今日のお返しをしますんで、応援してくださいね!!

Img07206

Img07207

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月13日 (月)

9ヶ月前の自分からのメッセージ

9ヶ月前の自分からメッセージが届きました。

と言っても、丁度、9ヶ月前の10月13日のブログを見てみただけなんです。

今日、選挙日程が発表されたこともあって、そういやあ、立候補表明したころはどんなだったかなあ?などと思いながら、、、、。

いやあ~~~!走りまわってたんじゃないかな?!と思いきや、

その日は、障害児のみなさんを支援する団体の、4周年記念イベントに出かけていました。

記念イベントといっても、公園でみんなで楽しく過ごすといった感じの、20人ほどの集まりです。

でも私には、同窓会に出席させていただいているような感覚です。

その団体とは、設立当初からの付き合いですし、みなさんが苦労されたころに、一緒に頑張ったときもありました。

この日のブログを見て、案外ゆったりとした気持ちでいる自分を感じました。

選挙まで一ヶ月も無いといわれていた頃です。

改めて、思いました!!

急ぎたい、負けたくない、、、、。そんな思いはあっても、常に地道な活動に徹して、一人づつ!

私の政治指針はまちがっていないことを確信しつつ、おごらず、たかぶらず、

頑張ってまいります。

下の写真は立候補から2ヶ月後ころの私です。

Imgp6658

| | コメント (9) | トラックバック (0)

都議選に感ずる

都議選が自民党惨敗で終わりました。

国政への変化を求めたという意見もあれば、国政とは別という意見もあります。また、その候補者本人と近いところで、つまり、候補者本人の政策や人柄などで投票した人もいれば、候補者とはまったく関係なく投票した人もいるようです。

つまり、日ごろ自分たちの生活に近いところに存在感のある選挙は人物本意、市議会とか県議会とか、

東京都議会では、自分と身近なという地域と、全然関係なく思われている地域とがあって、その混在したものととらえる必要があるのでしょう

次の衆議院選挙の状況を表しているといえます。

つまり、自分の地域はどちら型なのか?ということです。

「地域からの風型」と「中央からの風型」がその地域でどの程度、渦巻いているか?

市議会選挙でしたら完全に「地域からの風型」なのでしょうし、県議会でも90%は「地域の風型」といえるのではないでしょうか?

その選挙区に吹く風がどちらかは、その政治家の普段の活動がそのまま風を決める要素となっていると思います。

私にとって、地域からの風を吹かすことができるか?!中央の風に吹き飛ばされるか?の選挙であります。

そして、その地域からの風というものは、国の政治も変えてしまうものでなければならないのです。

「政権交代という中央からの風」と「地域から国を変えようとする風」の勝負の時はもうま近です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年7月10日 (金)

風は吹くのでしょうか?

東国原知事の中央政界への参入、

橋下知事の首長連合の結成への動きなど、

新たな、政界への動きが激しくなってきました。

橋下知事も支持政党を決めると明言していますし、今後の彼の言動が注目されています。

その中で、先日、愛媛に来られました。地域主権型道州制についての講演と、その後のパネルデスカッション、

公演には間に合わずに、会場に到着してから、知り合いの感想を伺いましたが、かなりよかったという評価でした。

私が聞かせていただいたパネルデスカッションは、すこし橋下知事の突っ走りぎみのような感じがうけました。

それと同時に、地域の中でも、投資効果のある地域に集中投資して、そうでない地域(中山間地域)は、その、儲かる地域に食わせてもらう方がいいんだ。という彼の意見には

すこし、違和感を感じました。

地域主権といながら、地域の中での都市部への集中を助長することとなる意見には同調しかねる部分があります。

しかし、現時点で、地域としての意見を力強く発言してもらえる彼の行動から、新たな風が吹くかどうか、見守って行きたいと思います。

ただ、支持政党を絞った時点から、吹きそうな風も弱まってしまうのではないか心配です。

東国原知事の動向も、出馬宣言をはっきりした時から、彼の意見自体が、さらに軽くなってしまわないか危惧するところです。

つまり、地域からの風は、あくまで地域から、

地域の理論は、どの中央政治にも迎合することなく、押し進めてゆくことによって、新たな風が起こるのではないかと思うのです。

私を包む風は、さらに地域に密着した風です。

それでも風を吹かすことができるでしょうか?わたしの風を、、、、、。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 7日 (火)

原点を忘れず

常に、原点を見つめながら歩んで行きたいと思います。

今回の静岡県知事選挙の結果は、はたして自民対民主で民主が勝ったと分析していいのかどおか、、、?

すでに二分している民主に負けたのですから、民主対自民の勝負で言えば論外ですが、

わたしは、今回の結果から、国民の判断は、少しづつ、

個人の評価へと、シフトしつつあるように思うのです。

しかも、今回の自民側(本人は無所属と主張してましたが、、、。)の候補者は、あまりにもお粗末でした。

コメントを聞いていても、しのび難きものがありました。

本人が勝利するためとは言え、自分の歩んできた道さえも否定してしまっていいものかどうか?ということです。

わたしにはそんなことはできません。

いさぎよさも必要でしょう!!

自民党に対して失望している多くの国民、

そうかといって、決して民主党に期待しているわけでもない多くの国民、

その中で、徐々に、本人主義的な選択の動きが来ているのではないでしょうか?!

政治が信頼を取り戻す、第一歩は、

政党がしっかりと政策を打ち出すということも大事ですが、

いよいよ、個人の資質さえも問われる時代になってきたと言えるのではないでしょうか?

私は、本来の選挙のありかたに回帰してきたように感ずるのです。

さまざまな、中央での有様は、すべて、私にとってプラスと思って、

頑張ります。

原点を忘れることなく!!

Img_0176

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

七夕まつり

毎年、お邪魔しています、中須賀自治会の七夕まつり、

お年寄りのみなさんと楽しい、一時、

手づくりの料理が、これまた絶品で、

尚且つ、演芸もすばらしい、毎年来てる I さんの歌声、

また、みんなで歌う懐かしい歌、

たんざくに「みんなが元気でいますように」と書いて、(他にもけっこう生々しいお願いもしておきました)笹にくくりつける、

今回はみなさんがどんな願い事をしてるかは見れませんでした。

自分はというと、ここへ来て、みなさんと居れるだけで、

自分も活気づくようにな気になります。

おまけに、またやってしまいました。ミニライブ、

曲目は、もちろん「心の歌」

後で聞いた話ですが、あるおばさんが「とおるちゃんの座談会で、今日のが、今までで、いちばんよかった。」と言っていたそうです。

私は、ゲストシンガーのつもりで、歌ったのですが、、、、、、。

何とも、複雑な気持ちですね!!Img_0149

| | コメント (0) | トラックバック (0)

社会を明るくする運動大会

社会を明るくする運動大会に出席をしてまいりました。

大会では、式典の後で、子供達の作文の朗読と、標語の発表があります。

作文は、小学生低学年、小学生高学年、中学生、高校生と順に自分で朗読してくれます。

最初に発表した、垣生小学校二年生の子の作文の朗読が印象的でした。

会場内を、ほのぼのとさせるものがありました。

「にいはまの町をあかるくしよう」   垣生小学校二年

にいはまの町をあかるくするために、わたしができることをかんがえてみました。

一つめは、エコかつどうです。わたしは木よう日にアルミカンを、、、、、、(中略)、、、

二つめは、なかよしことばです。、、、(中略)、、、、、、

はんたいに、チクチクことばはいったらいけません。、、、(中略)、、、、

ことばは大せつです。なかよしことばをつかえば、人もうれしくなるし、じぶんもたのしい気もちになります。

わたしができることはちょっとだけど、みんながじぶんでできることをやってみたら、にいはまはあかるい町になるとおもいます。

という作文の朗読でした。

はっきりした口調で朗読するテンポもいいし、

内容がすばらしい、、、、。

大人も納得させてしまう内容でした。

私も、「チクチクことば」は言わないように心がけてまいります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

最後の登壇2

最近、同様に最後の登壇の機会を得たのは、山本参議院議員と菅良二今治市長です。

二人の、話した内容を、もう一度、読み返しても

自分の言葉は浮かんできませんでした。

結局、その場で思いのままに話す、ということにしました。まあ、私らしい結論です。

質問の前、傍聴に来ていただいたみなさんのところへ、挨拶に、、、。

それまでは、どうってことは無かったのですが、地元のみなさんの顔をみると、

思わず、目頭が熱くなって、、、、。

通路に飛び出て、涙を拭きました。やっぱ地元の人の顔は、、、、、。

議場では、みなさんの顔はあまり見えないので、大丈夫でした。

最後に、地域から日本を変えるを力いっぱい訴えて終了しました。

何か、一区切りがついて、ホットしてる私ですが、

現実は、相変わらずのスケジュールに追われて、走ってます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年7月 4日 (土)

最後の登壇

2009年7月2日が私の県議会議員としての、生涯、最後の登壇となりました。

1999年4月に初当選して以来10年が経ちました。

昨年九月議会での一般質問が最後の登壇になったと思っていただけに、今回の登壇の機会をいただけたことは、有り難く思っております。

なにせ、12月のは同僚議員とは送別会をしてもらい、餞別までいただいておりました。

政局のながれとはいえ、これほどまでに選挙が延びるとは、誰も予測できなかったのではないかと思います。

当然、麻生総理自身にとっても、予定どおりではなかったはずです。

とにかく、本六月議会の本会議、最終日の最後の順番、私の一般質問の運びとあいなったわけでございます。

以下明日、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »