« ねじれ現象その1 | トップページ | 久々のアイリバー »

2009年6月 7日 (日)

ねじれ現象2

地域と中央のねじれが目だってくるでしょう!?

地域においては、保守議員が圧倒的に多数を占めているのに、

中央では、民主系が圧倒してゆく、

それも、一つのねじれと言えるのではないでしょうか?

そして、地域と中央のねじれによって、さらなる、中央政治に対する不信感が増幅されることでしょう、

そのことが、いっそうの地方分権を加速させることとなるかもしれません。

地域の自立をフォローするための中央政治と外交防衛に重点を置く中央政治に特化してゆくのではないでしょうか?!

今、国の役割を、もう一度明確にして、その上で、どのような分権への移行を進めて行くのか国民に明示しなければならない、

つまり、これからの国のかたちというものを、明確に掲げて、選挙に突入するべきではないでしょうか?

論点が、親族議員の立候補うんぬんとか、消費税をいくらにするのか、とか、

当然、議論すべき項目ではありますが、

国家ビジョンを掲げて、

そのビジョンへ向けた取り組みと、戦略を、打ち出してゆかなければならないと思うのです。

|

« ねじれ現象その1 | トップページ | 久々のアイリバー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156702/29998641

この記事へのトラックバック一覧です: ねじれ現象2:

« ねじれ現象その1 | トップページ | 久々のアイリバー »