« 座談会 | トップページ | 石破大臣来る »

2009年5月19日 (火)

民意は何処に

鳩山代表の方が麻生総理より、総理になってもらいたい人で、支持率が上回ってるそうですが、

たぶん総理になってもらいたい人は、いまだに一番は小泉元総理なんでしょうね?!

期待度というのは、意外性と結びついて、その人の偶像を作り上げてしまうような気がします。

もしくは、改革という言葉に、はまってしまいやすい状況にあるのではないでしょうか?

できるだけ、対極的な軸を設定して、その賛否を問う、

そこには、改革派と反改革派とに分けやすいリトマス紙があって、

反改革派は自動的に国民にNOを突きつけられる。

それを受け入れた国民の民意は?どこにあるのでしょうか?

多様性を認め合う国民性はどこにいったのでしょうか?

マスコミの誘導であると言い切ってしまっていいのでしょうか?

多くの情報を得、その中から自分の判断によって結論を見出すということをなおざりにして、ただ単に、イエスorノーで結論を出そうとすること自体が、国民性をゆがめていると言えるのではないでしょうか?!

大勝した与党は、民主主義の議論の本質を忘れてしまい、まけた側の野党も、その本質議論をせずに、とにかく反対というぶつけ方になってしまっては、、、、。

なにかが、何かのねじが、

誤って抜けてしまったまま、飛行している飛行艇のようです。

今回の総選挙は、真の民主主義を形成する、機会となることを望みます。

Img5161

Img5163

|

« 座談会 | トップページ | 石破大臣来る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156702/29693564

この記事へのトラックバック一覧です: 民意は何処に:

« 座談会 | トップページ | 石破大臣来る »