« 水神祭 | トップページ | 春の例大祭 »

2009年4月10日 (金)

姿を現した補正予算

21年度の1次補正予算案が明日発表のようです。

今までの経済対策は、個人の生活支援、中小企業支援、さらに、地域再生支援の三つの大きな柱に基ずき、系統立てて実施しようとしたもので、

私は、実効性のあるものと評価しています。

ただし、どのような実行性のある予算ぐみをしたとしても、地域での施策とどのようにマチイングするかというところが、地域任せになってしまうことは、当然で、

その部分に、私たち地方議員の腕前の見せ所もあったと思います。

特に、個人の生活支援をどのように地域経済の活性化に繋げてゆくかが、鍵であったと思いますし、その部分は、市議会議員や県会議員、国会議員、それぞれの立場の議員が、おおいに議論できるところではないでしょうか?!

今度は、各ジャンヌでの共通事項、

たとえば、中小企業が個人を支援する部分に施策を実施するとか、中小企業を地域が支援する部分に施策の実施、地域を個人が支援するところに、、、、。などなど、

地域内でそれぞれの、地域構成要素同士が、新たな取り組みや、新たな関係形成をめざそうとするものに予算を打ち込んでゆくようなものであってほしいと思います。

しかし、実際には、国サイドの枠組みに対する予算取りのようで、

実質的な、地域の側の創造性をかもしだすようなものになっているかどおおか期待してます。

|

« 水神祭 | トップページ | 春の例大祭 »

コメント

某掲示板に、1972年の田中角栄著「日本改造論」からまったく進化していないのが四国保守の実態。北のミサイルより、目の前の道路と乱痴気騒ぎのほうに興味がある。
で、わが選挙区の候補者のとおるさんにかぎってとブログを見たら・・・
北のミサイル発射の蛮行に一切ふれていない・・
背広の襟のブルーリボンは票集めの飾りか
所詮こんなものなのですね

投稿: 四国の人 | 2009年4月10日 (金) 20時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156702/29046137

この記事へのトラックバック一覧です: 姿を現した補正予算:

« 水神祭 | トップページ | 春の例大祭 »