« 説明責任 | トップページ | 人生の門出を祝う »

2009年2月 4日 (水)

新春の集い

今年は、2区の村上先生の新春の集いにも、1区の塩崎先生の新春の集いにも出席をさせていただき、しかも両方の会場で挨拶をさせていただく機会を頂戴しました。

まさか、自分のところ(3区)では、そのような会を催すつもりも無かったし、そんな準備もしてなかったのですが、

県議のみなさんから、是非ともやったらどおか!!という声もいただき、

急遽の開催となりました。

広島から岸田先生が応援に駆けつけてくれました。極めて清潔感のある、女性に人気があるんだろうなあという感じの方です。

話も非常に理路整然として、分かりやすく、説得力にとんだ話の内容でした。

さすが、大臣経験者!!

驚いたのは、大臣の現職の時にも、ずっと辻立ちをしていたそうで、

SP同行の、辻立ちもけっこう話題になったんですよと、にこやかに笑いながら話すところが、すっごくカッコイー!!って感じ。

私の、挨拶はいまいち!!

友人の評価でいくと、近年の私の挨拶では最低だったと、酷評を受けました。

情けない!!

自分では結構いけてると思ってたのですが、内容がわかりにくかったそうで、、、、。尚且つ、自分の訴えたいところが強調されてないということでした。

まあ、次、ガンバロ!!

出席は、当初予定の450人をはるかに超えて、550人ほどの方が西条や、四国中央市からも、そして新居浜から、出席をいただきました。感謝。

ただ、急遽の開催と、主催はどこかという自覚が薄かったせいもあって、声をかけれてない方がけっこうおいでるので、しばらくは、お断りをする毎日かしらと、、、、。

Img_02652 Img_02792 

|

« 説明責任 | トップページ | 人生の門出を祝う »

コメント

辻立ちは他の先生方のを見かけたことがあります。毎日、場所を定期的に変えて朝7時ごろから出勤する人に向かって話しかけらていました。聞いている人は殆どいません。話の内容も変わらないですが、でも、その人の姿はみんな見ています。知っているところで有名なのが高市早苗さんでしたね。一人でだれも周りに取り巻きはいませんでした。すぐそばまで近寄って見ましたが一生懸命でした。そのときはこの方落選して次の選挙に向けての日々の努力をされていました。高市さんだけでなく他の先生方も無名の新人の方でも辻立ちをされていた方は次の選挙に当選していましたし、当選した後もたまにまだ辻立ちをされていました。それ程人に見てもらうということが大事と思いました。

投稿: 一無職より | 2009年2月 4日 (水) 12時42分

岸田?
あれより徹さんのほうが貫禄も雰囲気もあるわ
それよりミンス党の新人は目立つ場所で辻立ちしとるで
あれは目立つし効果あるわ
無党派層の取込みも負けんようにせないかんな

投稿: | 2009年2月 4日 (水) 15時12分

安部元総理の一番弟子で郵政民営化に反対し最後まで信念を貫き落選した木内前代議士は落選後毎日朝立ち辻立つをやってます。片山さつきとの勝負になる様です。巷の話しでは、木内の勝ち。一度実体を研究しては、如何でしょうか

投稿: | 2009年2月 5日 (木) 13時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156702/27753146

この記事へのトラックバック一覧です: 新春の集い:

« 説明責任 | トップページ | 人生の門出を祝う »