« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月27日 (金)

地方議員として

今日から、2月議会の本会議です。代表質問がありました。

代表質問の一人目は、我が会派の篠原実議員、冒頭、一つは、代表質問の2月議会は当初予算やもろもろ、年度当初の重要な案件が多い議会なので、実質、会派の代表者的な人に質問をしてもらいたい旨の話がありました。

もう一点は、国政ではさまざまな政局含みの議論がなされているが、私たち県議会では、国の政党にとらわれない議論をしましょうという旨の話だったと思います。

午後の民主党の代表質問では、その、篠原議員の話とは逆に、皮肉をこめた漢詩を総理に胸に刻み込めと言わんばかりの話、

質問の内容も、民主党のおかげで遅れている二次補正予算がらみの、生活臨時交付金について、どのように使うのかという質問、

自分の位置づけを、民主党という政党として説明し、あくまで、中央の民主党の進め方に従うようなものにしたうえでの質問内容でしたので、

いわば、相手の金を使えなくするように、財布を取り上げといて、この金を何に使うの?と言ってるような感じ、

地方議員としての気概が感じられませんでした。

内容は、あたかも国に関連したことをただしているように聞こえますが、

結局、国の民主党と同じように、対極になにかの存在が無いと、自分たちのことを正当化できなくなってしまっている。

つまり、批判の的がないと、系統だった自分たちの政治理念を正当化できなくなってしまってる。

基本政策を築きあげることを、なおざりになってしまっている今の中央の民主党と同じになっているのではないでしょうか?!

地域は、地域としてのポリシーをもった政党集団であってもらいたい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月25日 (水)

対決ではなく団結

もう沈むかもしれない船の舵をどちらが握るのかで対決模様になっている、、、。

しかも、必死で舵を握っているはずの人たちも、口にするのは自分たちがどうなるのか?ということばかりで、、。

私たちの乗っている船のゆくえを考え、どのような形の船に作り直すのかを語ってくれることはない。

そうかと言っても、「自分たちに舵をまかせろ!」と言っている人たちも、そう言っているだけで、何も前向きなアクションを起こすそぶりもない。

舵を握ってからでないと、船のゆくえを語らない主義なのだろうか、、、、。?!

対決ムードをあおるだけのマスコミの報道ははたして、真実と言えるのかどうか??

アメリカの選挙の流れと、その後のさまざまな政治家の所作が、あまりにも清々しく感じられる。

民主主義の成熟度が違うのか、国民性による違いなのか、

選挙に負けた側も勝った方に協力する、勝った側は負けた側を尊重する、

クリントン氏の選挙に負けた時の挨拶の瞬間、心地よい風が吹いたように感じたのは、私だけだったろうか?!

民主党、共和党、両党一致で、オバマ大統領の経済対策を可決したとき、

アメリカ国民の心は、期待と希望にいっぱいになることができたのではないでしょうか?!

今、日本の政治に必要なのは、

対決ではなく団結ではないでしょうか?!

自民党、民主党の、どちらの政党が正しいか?ではなく、

何が正しいのかを、

真剣に議論できる政治家、

地域にしっかり軸足をおいた政治家が、地域から日本を変えてゆく、

そんな個人としての、力強いリーダーシップを持った政治家が求められているのではないでしょうか?!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年2月22日 (日)

父の同期

父の同期の方に,お会いできたのです。

ほんの偶然でした。

お袋の手元に残っていた一枚の同窓会の写真を、叔母が届けてくれたのがきっかけでした。

20人ほどのその写真は、平成13年に伊予三島のグランフォーレで行われたものでした。

幸いにも、その写真には一人づつの名前が別紙に書かれていました。

先日、新居浜の泉川校区で行われた、「とうどおくり」の時に偶然となりに立っておられた方もそこに出席されてました。

「わしは、君のお父さんの同級生になるんだよ!」と言ってくれたその人に、後日必ず会いに行こうと思ってはいたのですが、、、。

写真の中の、さらに、お一人の方の名前と住所がわかりました。川之江の方でした。

どうかな、と思いながら電話をしてみると、、、、。

「おお、、!白石君の息子か!」

即座に、ずいぶん懐かしそうに、親しみをこめた声が返ってきました。

数日後に、お邪魔するような趣旨で電話を終えると、もう、その日が楽しみでなりません。

当日、

その方が、他の同期生二人に声をかけていただいていて、親しく話をさせていただきました。

私の持っていった同期会の写真をみんなで眺めながら、一人二人数えておられました。

「もう、この時から、9人減ってるなあ!!」

「この頃から、もう毎年、やっとんのよ、、、!」「みな死んでしまうからなあ、、、、。」

みんなの元気を確認するかのように、同期会を毎年開催しておられるそうでありました。

旧制三島中学、

校歌を表紙に書き込んだ同期のみなさんの冊子を頂戴して帰ってまいりました。

Imgp6864

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月18日 (水)

信頼を取り戻すために

まくすうぇるさん、ありがとう御座いました。他のコメントをいただいたみなさんありがとう御座います。

私は決して、麻生総理を信じられないのではなく、あの状況で、「奇人、変人、、、、うんぬん」のコメントはどうかな?と思い、あの場面での、あのコメントは信じられないと思ったのです。

しかし、その言葉以外の、郵政民営化に関しては同感でありますし、総理でしたら言ってもいいんじゃないかと思いました。

もう、あとがありません。信頼を勝ち取るためには、行動で示すしかないんじゃないでしょうか?!

現在の麻生内閣に批判的なマスコミも、そして野党議員も、すこし他人事のように見てる中央官庁の公務員も、さらに、地方議員も、そして、国民全員で、

どのように、現状を打破してゆくのか、協力し合ってゆく、

現状を赤裸々に国民の眼前にさらし、それぞれの立場で何ができるか、意見をできるだけ出し合う、

他人任せではない、自律した国民一人ひとりの意見を、貴重にとらえてゆく時代ではないでしょうか?!

あたらしい「国づくり」の始まりであり、

いままでとは、全く違う、枠組みができないと、今の日本の状況を改善できないような気がするのです。

その、「解」は、、、、。地域の側にあるのではないかと思います。

国づくりに命を懸けることができ、自分のふるさとに軸足をしっかり置いた活動のなかから、あらたな社会の活力の基軸のようなものを見出すことのできる、

政治家を時代が求めているように思うのですが、、、、。

自分を正当化しすぎでしょうか???

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年2月14日 (土)

政党は、、、。

どおして、あのような発言が出てくるのかいささか疑問です。総理として、確たるビジョンを掲げ、国の方向を指し示してもらいたい。

政権政党である自民党が民主党化しているように、私の眼には映りました。

自民党に対抗するために組織された民主党は、政策集団としてその理念を共有することなく、これまで10年の歳月が過ぎました。

つまり、「数の原理」を最優先した、「寄せ集め集団」といえます。しかし、その政党が、これまでの少数政党の合従連衡のなかで、生き延びてきたのは、まさに打倒自民党という意識のみの連携といえます。

若手の政策オタクの人たちは、一生懸命、政策を打ち上げていることは、一定程度、評価はできますが、

基本的な国家の方向性についての意識の共有は、先送りされていませんでしょうか?!

つまり、先ほども述べました、結党当時に必要な、「理念」、「政治哲学」などの共有がなおざりにされているままです。

ですから、党首が変わると、がらりと政策転換されてしまう、

確か、岡田代表のころは民主党は、消費税引き上げだったと思います。小沢代表になって消費税据え置き、転換しました。

基本的な政策形成がなされてないため、政策面での継続性に疑問を抱かれるのですよね!

今の自民党も、しっかりした基本政策が国民には見えてません。

しかも、自民党のよさである、その「曖昧さ」が日本の成長にプラスに働いた、これまでの時代と今は時代が変化しました。

責任政党として、政権政党として、さらに厳格な基本政策をうちだし、

数の理論に走る民主党化せず、民主主義の王道を歩んでもらいたいものです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年2月 8日 (日)

人生の門出を祝う

いい感じの施設になりました。

人生の門出を祝うには最高!!自分ももう一度、結婚式をあげたいなあと思ってしまうような、、、、。

リアン、トウールという、永遠の絆を意味するそうで、ネーミングもいいですね

Imgp6853

Imgp6854

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 4日 (水)

新春の集い

今年は、2区の村上先生の新春の集いにも、1区の塩崎先生の新春の集いにも出席をさせていただき、しかも両方の会場で挨拶をさせていただく機会を頂戴しました。

まさか、自分のところ(3区)では、そのような会を催すつもりも無かったし、そんな準備もしてなかったのですが、

県議のみなさんから、是非ともやったらどおか!!という声もいただき、

急遽の開催となりました。

広島から岸田先生が応援に駆けつけてくれました。極めて清潔感のある、女性に人気があるんだろうなあという感じの方です。

話も非常に理路整然として、分かりやすく、説得力にとんだ話の内容でした。

さすが、大臣経験者!!

驚いたのは、大臣の現職の時にも、ずっと辻立ちをしていたそうで、

SP同行の、辻立ちもけっこう話題になったんですよと、にこやかに笑いながら話すところが、すっごくカッコイー!!って感じ。

私の、挨拶はいまいち!!

友人の評価でいくと、近年の私の挨拶では最低だったと、酷評を受けました。

情けない!!

自分では結構いけてると思ってたのですが、内容がわかりにくかったそうで、、、、。尚且つ、自分の訴えたいところが強調されてないということでした。

まあ、次、ガンバロ!!

出席は、当初予定の450人をはるかに超えて、550人ほどの方が西条や、四国中央市からも、そして新居浜から、出席をいただきました。感謝。

ただ、急遽の開催と、主催はどこかという自覚が薄かったせいもあって、声をかけれてない方がけっこうおいでるので、しばらくは、お断りをする毎日かしらと、、、、。

Img_02652 Img_02792 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

説明責任

経済対策として75兆円もの予算を投入して、現在の状況を打破しようとしているのに、議論されるのは定額給付金の2兆円の是々非々のみ、

アメリカ大統領のオバマ氏でさえ、73兆円を投入することしか言ってないのに、何故、麻生総理のみ非難されるのかわからなかった。

しかし、最近はどうも、実施する施策に関して、説明責任を十分に果たせてないのではないかと思うようになりました。

現在の不況対策としての生活支援策、中小企業支援策、さらには地域活性化支援策などを、どのように実施するか?また、その施策の実施によってどのような効果が、どこまで、期待できるのか?

また、不況対策とは別に、疲弊しつづけている、農業、農村の問題について、どのような対策をこうじるのか?

さらに、社会問題になろうとしている、高齢者福祉に関する問題の中で、介護の、人材不足なども対策が急務ですよね!

つまり緊急の経済対策と、現在の産業構造で社会問題化しそうな事柄に対しての対策も含めて経済対策としているため、もうすこし、国民に対して理解しやすく説明しなければならないと思います。

しかも、その施策のプライオリテイも明確にして欲しいですよね。

また、緩やかに成果が現れてくる施策と、

緊急に投入するべき、スポットで実施するべき施策、

さらには、中長期的な観点から、今、実施しておかなければならない施策、

など、その内容によって、実施するベストの時期があろうかと思います。そのあたりの説明も、国会議員が国民に対して自分の責任において説明をするべきではないでしょうか?!

その予算を消化する地域の側でも、そのあたりは十分理解をしておきたいところではないでしょうか?!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »