« とおどおくり | トップページ | 母の背中 »

2009年1月15日 (木)

是か非か

ここんところ、渡辺議員が離党したことについてのコメントを要求されます。

私は、考え方とかについては同感でありますが、

まがりなりにも、総裁選挙で決定された麻生総理ですから、自民党議員として支えてゆくことが基本ではないでしょうか?!

それでも、意見の相違があるのであれば、離党もやむおえないかもしれませんが、

離党するからといって、あれほど自分が所属していたところを悪く言うのは、どうかと思いますよね。

私たちが見ている報道の裏側に、どのような真実があるかどうかは分かりませんが、、。

特に最近の報道は、少し偏りすぎの感もあります。テレビなどの報道で私たち国民が真実の情報を得ているのか疑問に思うことさえあります。

とにかく、今回の離党劇、

選挙を前にしての彼の行動の、是非は、選挙の結果によって結果を得ることができるのではなく、

彼の政治家としての行く末を見守りながら結論をえることとなりそうです。

|

« とおどおくり | トップページ | 母の背中 »

コメント

ま、どっちにしろ私は
白石徹と投票用紙に書くだけですわ。
そして、できるだけ知人、友人に声を
かけますわ。
自民党には思うところもあるけれどね。
雪も降るくらい寒いけど、風邪引かん
ように頑張ってや。

投稿: | 2009年1月15日 (木) 00時24分

渡辺氏は親父のミッチーを超えたよ
理想に燃える政治家としてはね
ただし自民党の一員としては恩を仇で返す利敵行為をしたよ
残念ながら現在の流れだと有権者は渡辺を支持するだろうけどね
そういえば引退を決めてから世話になった県連や有権者を「遅れている」と吐かした
「理想に萌える職業政治家」もいたな
ああいう奴はもうイラン
小さい政府が理想の新自由主義もイランし改革ゴッコもイラン
内需拡大なくして本当の景気回復なし
景気回復対策は今まで辛い目にあってきた地方からヨロシク

投稿: | 2009年1月15日 (木) 14時33分

渡辺氏のとった行動が良いか悪いかは別としても、
自分の考えをはっきりと言えて、
党議拘束に縛られない政治家は良いなと思います。
日本は民主主義です、松浪健太議員のように
党の考えにそわない行動をしただけで、
処罰されたのでは民主主義は死んだのも同然です。
いくら選挙で選ばれた議員でも、
有権者の意見を聞かずに党の考えに縛られて行動しているようでは、
何のために選挙で選ばれたのか解らないと思います。

生意気な事を書き込んでしまいまして申し訳ありません。

投稿: | 2009年1月15日 (木) 18時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156702/27141530

この記事へのトラックバック一覧です: 是か非か:

« とおどおくり | トップページ | 母の背中 »