« 二次補正予算 | トップページ | 説明責任 »

2009年1月30日 (金)

経済対策75兆円

今回の経済対策全体を、少し紐解いてみよう!

昨年の一次補正(10月16日成立)で、生活者支援として、高齢者の医療費負担軽減などで2500億円、これについて、実際に高齢者のみなさんの医療費が一人当たりどのようになっているかは、まだ確認できていません。

中小企業への支援として、緊急保障枠6兆円、政府系金融の緊急貸し出し枠3兆円、10月31日開始以降、12月22日までで、125500件ほど、3兆円近くの実績です。

愛媛県での実績はまだ、確認できていません。

二次補正でさらに保証、貸出枠を30兆円に拡大し、金融機関への資本注入枠も10兆円追加しますので、今後もかなりの中小企業が資金面でたすかるはずです。

できれば、これにあわせて、借り入れ返済関して、一定期間据え置きができる制度も欲しいですね。

金利に関しては、今回、さらに低金利になっています。さらには、税制に関しても、中小企業の年所得800万円以下に対する税率を22%から18%に引き下げるように、

さらには、前年黒字だったけど、今年、赤字になった場合に、前年度に納税した法人税が還付される、「繰り戻し還付」も実施されます。

それ以外にも、事業継承税制や省エネ税制なども軽減されると聞いています。

これらは、来年度に成果が現れてくると思いますが、先ほど言いました、返済据え置き期間を設けるのは、これから、年度末にむけての資金繰りでもずいぶん助かると思いますが、、、、。

今の立場で、出来る限りのことはしておきたいと思っています。

中小企業支援に関しては、若干、21年度当初予算の範囲にもはいる(税制改革はそうです)部分も話しましたが、

雇用創出のための交付金なども、中小企業の支援には大いに期待できると思います。

ちょっと一息、続きは明日、

明日は、生活者支援の二次補正分と21年度当初分などと、地域活性化支援の、一次補正、二次補正、21年度当初予算分などについて話してから、私の持論なども書き込みたいと思います。

|

« 二次補正予算 | トップページ | 説明責任 »

コメント

景気の後退は3月決算に向けて益々加速するでしょう。政府=官僚の考えている以上の加速です。日本一国の不況ではありません。
官僚の書いた原稿を読んでいる総理には期待できません。
貴方の持論に期待します。 

投稿: 一無職より | 2009年1月30日 (金) 08時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156702/27592956

この記事へのトラックバック一覧です: 経済対策75兆円:

« 二次補正予算 | トップページ | 説明責任 »