« 16年豪雨災害での思い出 | トップページ | 経済対策75兆円 »

2009年1月28日 (水)

二次補正予算

ようやく、二次補正予算がとおりそうですね、しかし、それを実施するためには、予算のみならず、予算関連法案の成立も必要です。

今回の二次補正予算は、国民生活と100年に一度と言われている経済危機に直面したわが国の経済を守るための、大変重要な施策が盛り込まれています。

今回のさまざまな施策の実施にあたっての財源については、赤字国債には依存せず、財政投融資特別会計の金利変動準備金等、いわゆる埋蔵金の一部を活用することとなります。

そのために、予算のみならず、予算関連法案の成立も必要なのです。

愛媛県では緊急雇用対策について、この予算措置を待てないとして、明日(28日)臨時議会で、緊急雇用対策についてのみ議決する予定です。

そもそも、政府も、今回の景気対策について、もっと国民に系統立てて説明する責任があると思います。

つまり、昨年の一次補正予算(10月16日成立)と、今回の二次補正予算と、21年度の当初予算で、経済対策として、どのように取り組んでゆくのかを説明すること、

また、経済対策の施策のジャンヌを、おおまかに、(1)生活者への支援 (2)中小企業への支援 (3)地域活性化への支援と分けた中で、一次、二次、本予算と、どのような手順で実施してゆくのか、

を説明しなければならないと思います。

国民は、一次、二次、本予算、それぞれ別でしか見ていないと思います。実際には一次、二次、本予算の三つの予算の中で、先ほど分けたジャンヌでの施策を、あわせて、総額75兆円の景気対策と言っているわけですから、それらを系統立てて説明する必要はあるでしょう。

その内容については、明日にでも話します。

明日の県議会で可決される、緊急雇用対策もけっこう盛りだくさんですよ!!

|

« 16年豪雨災害での思い出 | トップページ | 経済対策75兆円 »

コメント

今日みたいなブログは良い
立候補を表明してから政府に遠慮してた感があったから
3区内でも不況の影響が出てるのを実感するからね

投稿: | 2009年1月28日 (水) 00時44分

確かにご自分の意見をどんどん述べるべきです。
麻生総理はスピードと言っているが遅い。
定額給付金の配布ついては反対です
もっと雇用対策に重点を置くべき後手に回れば
企業はどんどんリストラをしますよ。また倒産も多くなるでしょう。
加戸知事と県議会のみなさんは政府より早く手をつけて行動なさっている。
やはり、地方分権を進めて地域にあった予算の使い方にすべきですよね。
中央の役人の天下りする金を地方再生に回せたらどんなに有効かと思います。中央役人も退職したらハローワークに通うべきだとおもいます。
ハローワークは通ってみると第2の社会保険庁のような感じがしますが。

投稿: 一無職より | 2009年1月28日 (水) 10時12分

愛媛県内でも有名な企業が民事再生になってるもんな
昨日も↓みたいな報道があったし
製造業:派遣・請負労働者「40万人失業の恐れ」--業界予想

投稿: | 2009年1月28日 (水) 11時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156702/27525668

この記事へのトラックバック一覧です: 二次補正予算:

« 16年豪雨災害での思い出 | トップページ | 経済対策75兆円 »