« マニフェスト | トップページ | マニフェストその2 »

2008年12月22日 (月)

マニフェストその1

ご意見ありがとう御座いました。南海地震は必須課題だとして、書き込んでいませんでした。さっそく加筆させていただきます。

また、環境関連として代替エネルギーの活用推進も加筆することといたしました。ありがとうございました。

ここら辺で、徐々に内容にふれて行きたいと思います。

「私の原点~使命のゆくえ~」については、以前、エピソード1として、このブログに書き込みましたので割愛っさせていただきます。

国としての責務

(1) 政治主導で難局を乗り切る

私たちの国、日本は、欧米先進国に追いつき追い越すことを目標として明治維新以来およそ100年で、それを達成しました。近代社会の進展とともに、資本主義は発展し社会資本も見違えるほど整備され、人は豊かになりました。しかしながら、その豊かさも格差がが発生し、その差が大きくなるにつれて、豊かさが実感できない国となってしまいました。私たちは真の豊かさを享受していなかったのではないでしょうか。逆に、不平等感が社会をつつんでしまい、さまざまな制度に対する不安感も制度の未整備や、その決定もぶれるため多くの国民に先行き不安を抱かせています。そこに、今回の世界的な不況の連鎖、私は、今回の経済危機で、強いドルの時代が終わりを告げ、通貨が弱くなれば、国力も落ちると言われているとおり、米国型資本主義も終焉を迎えつつあるような気がするのです。しかも、我が国は、防衛も経済も深く米国に依存し、尚且つ巨額の米国債を保有しているのですから、米国の衰退からは逃れられないことでしょう。そのような厳しい状況だからこそ国民から信頼される政治を再構築し、政治主導で我が国の難局を乗り越えて行かなければならないと思うのです。当然、政治改革を強く進めなければいけません。

次の経済対策はまた明日。マニフェストの細目については、少し私の意見を述べてから書き込みさせていただきます。

Imgp6654

|

« マニフェスト | トップページ | マニフェストその2 »

コメント

環境関連として代替エネルギーの活用推進は以下の項目に
関連しそう

(1)減税の実施
(3)徹底した中小企業支援策の策定

(1)ローカルチャレンジスーパー特区
(3)地域の共助を引き出す

エコというか、代替エネルギーとかリサイクルなんかは
世界的な流れになっていくんでしょうか


不景気→個人消費が落ちる=企業収益が落ちる=設備投資減
素人なので分かりませんが、何か起爆剤がないと効果的な
内需拡大対策はできないと思います

投稿: | 2008年12月22日 (月) 10時58分

代替エネルギーの活用推進
公共事業に関しては国の借金の関係もあり悪者になりがちですが
次時代にもつながり国民の暮らしに還元されるものならば投資は必要なのでは
同時進行で無駄を省くことを進めれば理解を得られるかも
最近ではゲリラ豪雨など都市部に局地的な災害が起こってますが、これも環境に起因するのもあるんでしょ?

白石県議も関わった数年前の三区内においての集中豪雨の被害復興
あの経験も活かせればいいですよね
新居浜市内が水浸しになった時に思ったのは小さい河川の橋に木屑などゴミがつまっただけで、こんなになるのかと思いました

以上、勝手な意見でした~

投稿: | 2008年12月22日 (月) 11時12分

白石徹氏の良い所は利害関係のない庶民の意見にも耳を傾けるところ
TVに映ってた時に言ってたテクニカル的に選挙戦をしないと言うクリーンなところ

だけど言わせて
やっぱり辻立ちは必要だと思うからマニフェストができたら
座談会や集会以外でも有権者に語りかけてみて

投稿: | 2008年12月22日 (月) 12時37分

こういう記事を見ると、危機的状況ですな

http://www.zakzak.co.jp/top/200812/t2008122240_all.html

投稿: | 2008年12月23日 (火) 00時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156702/26388089

この記事へのトラックバック一覧です: マニフェストその1:

« マニフェスト | トップページ | マニフェストその2 »