« とおる会の発足 | トップページ | 突然の訪問 »

2008年11月13日 (木)

負けるわけには

今日は,何箇所かの会場で挨拶と、相変わらずあいさつ回り、

ただ、午後に予定が少し空いたので、幼稚園へ最近の状況についての話を(まあ、御用聞きみたいなものですが、、、、、。)聞きに言ってまいりました。

そのついでに、後輩の事務所へと、、、、、。

その彼も外の用事から、丁度帰ってきたところだったので、くつろいだ時間を少しすごさせていただきました。

ぐっと成長してるというか、男らしくなってる後輩と話しながら、内心、すごく嬉しく思える時間でした。

そのうち、その後輩のお父さんがやってきて、

「白石さんガンバレよ!!」と励まされながら、しばらく話していて、お母さんの話をしてると、

うわさをすれば、なんとか、、、、。じゃないですが、

そのとおり、今度は、お母さんがやってきて、

「まあ、忙しいのに、よお、やって来てくれましたねえ!!」と、またまた励まされ、

しばらく、その後輩のご家族のみなさんと、話をさせていただいてました。

ほんの少しの間でしたが、とにかく、「家族の愛」というものを強く感じる、「家族の絆」というもので、私さえも、包み込まれたような感じがしました。

帰り際、皆さんと握手、

その時に、お母さんが私の手を握りながら、

「私が、こんな身体でなかったら、そちらに行って一生懸命、走りまわってあげれるのに、、、、、。ごめんなさいねえ。」

先日の「親愛なる翁」と同じ言葉、

今、一生懸命、ガンと戦っているそのお母さんの、涙ぐんでの言葉に、

「お気持ちだけで十分ですんで、それより、お母さん、よお~に養生されてくださいよ」と涙声で言うのが精一杯でした。

ハンカチで涙を拭きながら、その事務所を失礼し、

その建物を背にして、走りだ出した車の中で、

私は、私自身に、誓いました。「負けるわけには、いかん。」と、、、、、、。

Photo

|

« とおる会の発足 | トップページ | 突然の訪問 »

コメント

涙涙で、それも良いと思いますが
徹さんが涙もろいのは、もうわかったので、そろそろ涙ネタはやめといた方が良いと思います。
ある意味、裏目に出そうな気がします。┐( ̄ヘ ̄)┌

投稿: 徹支援者 | 2008年11月14日 (金) 11時51分

写真は宅建協会での演説ですか?
今回の一連の金融危機により影響を受けている業界の一つだね
購入の様子見ムードが広がって消費マインドも冷え込んでる
景気刺激策として不動産短期譲渡税を減税すればいいのに
39%から所得税分を5%~10%減税するとかさ

投稿: | 2008年11月14日 (金) 12時54分

今までの政治家と違い「庶民の意見にも耳を傾けてくれる政治家」の
白石とおる先生に匿名で失礼でありますが提案があります
例えばブログ上で「地域を良くする」「国を良くする」「景気対策」「外交」諸々
をテーマに皆さんの意見やアイデアのコメントを募ったらどうでしょう?
もちろんネット上だけでなく各種集りなどで口頭やアンケートで意見を出して貰うとか
また現状の国に対する不満や不安の意見を募るのも一つの方法では?
勝手な意見で失礼しました

投稿: | 2008年11月14日 (金) 13時31分

世の中不景気になってきましたが、選挙なんか呑気にやってる場合なんでしょうか?。正直そこらへんの空気を読めないのはどうなのかなっ?て気もしなくもありません。忙しいと思いますので分刻みでのスケジュールで何箇所かの会場で挨拶をしていると思いますが、そんな忙しい中で有権者の意見なんかまともに聞く事が出来るのでしょうか?。正直その辺にも疑問を感じます。あと今回はまだありませんが、何人もの知り合いに名前を書いてくれ見たいなお願いを選挙の度に何度も何度も何回も何回も書かされるのも正直迷惑です、「他でも同じの書いた」といっても「構わないから書いてくれ」とのお決まりの答え、いったい何が彼らをそこまで追い込むのでしょうか?。庶民の言葉に本気で耳を傾ける気持ちがあるのであれば、これは本当に迷惑です、やめてください。同じような考えをもっている人は沢山いると思います。あと涙ネタはもう良いです。泣けるだけ羨ましいです。僕ら正直泣いてる暇なんてありません。
それでは頑張ってください。

投稿: 届け庶民の声。 | 2008年11月14日 (金) 21時40分

今回のブログから感じたこと。

「家族の愛」「家族の絆」という言葉から
白石県議ご自身の家族へのメッセージ性を感じました。
感謝や労わりの心って何時までも大切にしたいですよね。

話は変わりますが本日の読売新聞社説を見てください。
ネットは全国民の7割も利用してるみたいですけど選挙制度は追いついてないみたいです。
いつか選挙中に候補者がブログを更新できたり有権者も電子投票ができる時代がくるのでしょうか。

このブログは単に選挙対策だけじゃなく普段の県議の人柄や考えを出せる場所だと公認確定の前からの読者は思ってるので気軽に更新してください。
それこそ初めて訪れる場所の風景写真や特産物をアップするだけでもいいですから。

投稿: | 2008年11月15日 (土) 15時57分

エントリーされてる内容と全然関係ないですが亡国法案の国籍法改悪、二重国籍法をどうするおつもりですか?今国民が不安に思って多くの人達が国会議員や政府関係機関、メディアにメールやファクスしているのをご存じですか?時間がありませんよ!17日までかリミットですよ!

投稿: | 2008年11月15日 (土) 16時33分

わかりやすいお話を聞かせて頂きました、政治の原点は市民一人一人のささやかな幸福です、衣 食 住の3原則が重要です。
今までの政策は、市民(消費者)の目線ではなく生産者(役所の都合)ですべての行政が行われ、その弾みが今日の食料問題、老人介護の問題、後期高齢者の保険の問題。医者不足は、小泉改革の医学部のインターン制度の改悪が今大きな問題として表面化しています、
常に市民生活を原点に考えその物差しで行政、政治を進める事がこれからの大切な政治家の務めと思います。
解散が先送りされ来年の春との報道も有り、解散までに機会をつくり、各界、各層、男女、高齢者、青少年に問題の提案、意見、実情、経過、対応、対策を同じ目線で論議する事が真の政治ではないでしょうか、小さな悩みでもその人とっては人生の大きな曲がりかどかもしれません。
とおるさんの今までのボランテア活動、県議会議員としての10年の活動、人生を送ってきた人生経験生かし市民と話しう事が重要です大いに機会を作り多くのかたに心配、悩み、希望を聞き将来の国政に生かして下さい。
健康に特に留意され頑張って下さい。
新居浜から出るただ一人の候補者です。皆で応援しましょう。、

投稿: みち | 2008年11月16日 (日) 01時42分

どうやら選挙は先送りみたいですが、だからこそ気を抜かず、間延びせず、頑張って下さいね。
トーンダウンしないか、有権者はよーく見てますよ。
がんばれ!

投稿: | 2008年11月16日 (日) 05時32分

残念です。
数名の人が「国籍法改正案」について書き込みしていたようですが、とうとう最後までこの法案の危険性についてアナウンスして下さいませんでしたね。このザル法が明日可決してしまったら、どんな事が起こるのか身の毛もよだつ思いです。
国会議員の職務は国益と国民の安全を守ることが第一なのではないのですか。今日はあまりの悔しさで眠れそうにありません。

投稿: 保守 | 2008年11月17日 (月) 23時20分

前回「とおる会の発足」より
>どのような形であれ、いただいた意見を無駄にすることのないような政治をすすめることが私の最も大事にするところであります。

言うのは簡単、実行してね。

投稿: | 2008年11月18日 (火) 06時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156702/25299916

この記事へのトラックバック一覧です: 負けるわけには:

« とおる会の発足 | トップページ | 突然の訪問 »