« 親愛なる翁の涙 | トップページ | 負けるわけには »

2008年11月12日 (水)

とおる会の発足

新居浜で「とおる会」が発足しました。いわゆる勝手連的な集まりと言いましょうか、

組織とか、団体とかにとらわれない、集まりです。

また、西条や、四国中央からも、発足会へのオブザーバー的参加もあり、今後、この会をそのエリアでも作るべく準備をいただいているようです。

解散総選挙が、いつになるか検討のつかない状況ですが、

私が立候補表明した10月の初旬の状況からすると、もう投票日が11月9日とか、もしくは16日というマスコミの触れ込みでしたので、

すこしは、落ち着いて地盤固めができるようになりました。私は選挙に向けての活動を進めるというよりも、地元のみなさんの「声」をいただくシステムを構築してゆきたいと思ってます。

ですから、さまざまな団体関係の方からの意見もそうですが、今日の会のような、全然組織に属さないような方の意見もいただける機会を得るということは、非常にありがたいことです。

さまざまな年齢層、さまざまな職種、さまざまな考え方のみなさんの、できるだけ多くの意見をいただきながら、進めて行くのが私の政治の基本です。

当然、そのいただいた意見どおりにならない事もありましょうし、みなさんの意見のコンセンサスもとれない場合もありましょうが、

どのような形であれ、いただいた意見を無駄にすることのないような政治をすすめることが私の最も大事にするところであります。

みなさんの政治に対しての関心が大きく増幅されることで、大きなうねりとなって、新しい政治を創り出すような気がします。

日本の政治も大変革期に来ていることは、まちがいないと思うのです。

|

« 親愛なる翁の涙 | トップページ | 負けるわけには »

コメント

昨夜参加しました。
すごい熱気とやる気が伝わってきて、ワクワクしました!
神戸の震災の時もそうでしたが、本当に人が集まり即行動できる。さすが!!仁徳者と感心しました。
これからも応援します。

投稿: 応援隊 | 2008年11月12日 (水) 14時01分

動きが早いですね。
色々告知してくださいね。

投稿: | 2008年11月12日 (水) 15時26分

国会議員を目差す人のブログとはとても思えないようなブログですね。
定額給付金、田母神発言、国籍法改悪など時事問題についての白石さんの考えが全く伝わりません。
どこを支援したら良いのですか?
私達の生活に直結する問題は取り上げてほしいです。

投稿: | 2008年11月13日 (木) 06時24分

>地元のみなさんの「声」をいただくシステムを構築してゆきたい

他の議員さんも見習えばいい
基本的に政治家は多くの有権者の声を聞いて参考にするべきと私は思う
そういうのは衆愚政治とは言わないと思う

投稿: | 2008年11月13日 (木) 09時41分

国籍法今月中に可決の様子ですね。

3番目の匿名さん
無理です。今や自民党は保守政党ではありません。

投稿: 保守 | 2008年11月13日 (木) 12時44分

定額給付金、田母神発言、国籍法なども必要ですが、その見解と同時に『ほんのちょっと垣間みる』だけですが、白石さんの人間性を見れる事の方が、私はちょっとうれしいです。
国会議員は時事問題を語れればいいのかなぁ?
選挙の時だけ、時事問題と住民の関心のあることをエキセントリックに主張する人が多すぎると私は思います。
でも、確かに時には時事問題を白石さんの言葉で、考え方を、書いて頂くとそれもとても大事だと思いますね。
いずれにしても、単に名前を連呼して、露出している者が選ばれるというような選挙はもう・・ちょっといらないなー。

投稿: うさぎ | 2008年11月13日 (木) 19時58分

うさぎさん
そうですよね。。国会議員を目指す人はそのことだけをブログに書かなければいけない!って変ですよね。
人間性が見れるブログ!!いいんじゃない!!
とおるさんらしくて。
これからもがんばって下さい。

投稿: 応援隊 | 2008年11月13日 (木) 20時24分

う~む
やはり国政の候補になればブログや日常での発言にも気をつけてますな
ただ白石徹氏の良さまでオブラートに包んじゃ勿体ない気が
とおるがとおる白石とおる
直球勝負・真直ぐな心・きっと皆わかってくれるよ

投稿: | 2008年11月13日 (木) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156702/25248473

この記事へのトラックバック一覧です: とおる会の発足:

« 親愛なる翁の涙 | トップページ | 負けるわけには »